News&Topics

【レポート】瀬戸利樹 映画『君は彼方』ジャパンプレミア

2020年11月11日(水)に行われた、
映画『君は彼方』ジャパンプレミアに
瀬戸利樹が出席した。

めまぐるしく変化をみせる街・池袋を舞台にした
オリジナル長編アニメ映画『君は彼方』で
主人公の幼馴染の新(あらた)を演じた瀬戸は
「みなさんこんばんは。
寒い中お集りいただきありがとうございます。
今日は短い時間ですがよろしくお願いします」と挨拶し、
キャストが集結してのイベント開催について感想を聞かれると
「去年『君は彼方』に参加させていただくことが決まり、
やっとみなさんにお披露目できることを本当にうれしく思っています。
めちゃくちゃ豪華なキャストのみなさんの中に、
僕も一緒に立っていることをすごく光栄に思っています」とコメントした。

さらに本作で声優に初挑戦したことについて感想を聞かれた瀬戸は
「初めてというのは、関わってくださる方が大事だと思うのですが、
瀬名(快伸)監督のおかげで楽しく演じさせていただき
またぜひやりたいと思いました」と答えた。

また、青春ファンタジーである本作にちなみ、
キャストのみなさんから若い世代にむけて語られた壁の乗り越え方のアドバイスをうけ、
瀬戸は「大谷(育江)さんがおっしゃったように
僕も昨日の自分に負けないように1ミリずつでも進んでいきたいなと思いました。
それを実践しながら前進していきます」とコメントした。

さらに、本作のテーマ“思いを伝えることの大切さ”にちなみ
今、思いを伝えたいことを聞かれた瀬戸は
「『君は彼方』の声の収録は
外出自粛期間があけてすぐに録ったのですが、
試写会でエンドロールを見た時に改めてたくさんの方が
関わっておられるんだなと思いました。
今回この作品に関わっている方々、
みなさんに“ありがとうございます”という気持ちを伝えたいです」と答えた。

最後に「このご時世だから、この時期だからこそ
観てほしいアニメーション映画になっています。
大切な人や大事な人と、またこれからそういう人ができる人、
そういう方が観た時に何かを感じ取っていただけると思います。
すごく、すごくいい映画ですのでぜひ観てほしいです。
よろしくお願いします」とメッセージを送った。