News&Topics

【レポート】瀬戸利樹 映画『シグナル100』初日舞台挨拶

1月24日(金)に行われた、映画『シグナル100』の初日舞台挨拶
に瀬戸利樹が出席した。

 

 

 

 

 

 

担任教師に自殺睡眠をかけられた36人の生徒たちが、
生き残りをかけた狂気と絶望のデスゲームに挑むさまを描く本作で、
クールな性格の持ち主でクラスメイトたちからは一歩距離を置く
和田隼役を演じた瀬戸は「皆さんこんばんは!
公開を迎えることができてすごく嬉しく思います。
この作品を観てどのように感じるかは人によって違うと思うので、
感想をぜひSNSなどで伝えてくださると嬉しいです」と元気に挨拶。

この日、日常の行動が死に繋がるストーリーにちなんで、
日常の行動に絡めた2020年の抱負をフリップで発表することになり、
“高低差をなくす”と目標を掲げた瀬戸は、
「初めて会う方にクールそうに見られがちなのですが、
その印象通りになりたいので、今年は頑張ります」とその理由を説明。

キャスト陣から「それはギャップをなくすと
書くのが正解では」と突っ込まれ、会場は笑いに包まれた。