News&Topics

【レポート】竹野内豊 映画『カツベン!』レッドカーペットセレモニー

10月31日(木)に行われた、映画『カツベン!』のレッドカーペットセレモニーに竹野内豊が出席した。


 
『Shall we ダンス?』や『それでもボクはやってない』など数々の名作を世に
送り出してきた周防正行監督の今回のテーマは“しゃべりのスペシャリスト”。
今からおよそ100年前、日本で
映画が「活動写真」と言われ音がまだなかった時代に独自のしゃべりで観客を映画に引き込む「活動弁士」
を夢見る青年、(成田凌さん演じる)染谷俊太郎の奮闘を描く物語となっている。
 
本作が第32回東京国際映画祭GALAスクリーニング作品に選出され、
映画祭会期中にレッドカーペットセレモニーが行われる中、
ニセ活動弁士を追う熱血刑事・木村忠義役を演じる竹野内は
「役者を続けてきて、いつか周防監督の作品に出演することが
できたらいいなという目標があったので、特別な作品の1つになりました」
と喜びのコメント。
 
その後、歓声が沸く会場でサインなどのファンサービスを
しながらレッドカーペットを笑顔で歩いた竹野内は
「東京国際映画祭でレッドカーペットを歩くことが
初めてだったのですが、一生忘れられない思い出となりました」
と振り返った。
 
映画『カツベン!』は12月13日(金)より全国にて公開。