News&Topics

山本涼介 映画『JK☆ROCK』完成披露舞台挨拶

2月25日(月)に行われた映画『JK☆ROCK』の完成披露舞台挨拶
に山本涼介が出席した。

本作は2人の『JOE』を中心に絶大な人気を誇っていた
自身の所属するロックバンド「JoKers」の突然の解散をきっかけに
音楽を捨ててくすぶっている主人公・丈が、
初心者女子高生バンドを指導することになり、
彼女たちの真っ直ぐな姿を通して音楽への情熱を取り戻していく、
音楽へのひたむきな想いを抱く若者たちの姿を爽やかに
描き上げた物語となっている。

「JoKers」で(福山翔大さん演じる)丈と人気を二分し、
解散と共にアメリカデビューを果たした
もう一人の『JOE』・香月丞を演じる山本は
役柄について「ロックスターという設定だったので、
“自分はスターだ”と思いながら自信を持って演じることを
意識しましたし、演奏シーンでは監督より、
雅-MIYAVI-さんを意識して欲しいと
おっしゃって頂いたのでMVや演奏シーンを観ながら
演じるように心がけました」と話し、
劇中では派手なメイクを施し「今までの役柄ではしたことがなかったので
新鮮でした。見た目からも役に入り込めたと思います」とコメント。

また本作が4月6日という新しい環境の始まりとなる時期に
公開されるということで、
キャスト、監督が“これから踏み出す一歩”について発表することに。

山本は“一人暮らし”と書いたフリップを掲げ
「今は実家で暮らしているのですが、
家に帰るとご飯が用意してあって
洗濯もしてくれるという環境なので、そろそろ自立しなくてはいけないと
考えています。今生きることに対して飢えが足りないので
自分を追い込みたいという思いがあり
撮影中も役柄に併せて、食事制限をしたりと飢餓感を持って
演じていました」と思いを語った。

 

映画『JK☆ROCK』は4月6日(土)より全国にて公開。