Topics トピックス

所属アーティストのニュースを中心に、研音からオフィシャル情報をお届けします。

2018.07.26(木)

福士蒼汰 杉咲花 映画『BLEACH』公開記念舞台挨拶

7月21日(土)に行われた、映画『BLEACH』の
公開記念舞台挨拶に福士蒼汰と杉咲花が出席した。

 


主演・黒崎一護役を務めた福士は
「約2年前に撮影をして、佐藤監督が沢山の編集を重ねて
やっと完成した作品を皆さんに観て頂くことができて
ほっとしています」と挨拶し、朽木ルキア役を演じた杉咲は
「約2年前の今頃、毎日のように殺陣の練習を
していたことを思い出して懐かしく感じました。
昨日公開されて無事に皆さんの元に届いたんだなと思うと、
とても嬉しく思います」とコメント。
 
作品の見所について福士は
「登場人物が魅力的なので1人1人の目線になって
観て頂くのも面白いのではないかと思います。
キャラクターがそれぞれ守るべきものの為に戦っているので
そういった心理描写を感じて頂きたいです」と話し、
杉咲は「CGが本当にすごいと感じました。
想像上のもので実際にはいないはずなのに
どこかリアリティのある、佐藤監督にしか出来ない素晴らしい
CGが見所だと思います」と語った。
 
またこの日の舞台挨拶をもって、キャストが一同に揃うことが最後となり、
共演者に“今だから言える○○”というお題が出され
フリップを披露する場面で杉咲は、
石田雨竜役の吉沢亮さんへ「“会話ができて嬉しかった”です。
同じシーンがほとんどなかったのですが
クランクアップの日に話しかけてくださって嬉しかったです」と話し、
一護の父親・黒崎一心役を演じる江口洋介さんへ“盛り上げ役”と答えた福士は
「今回撮影やプロモーションでご一緒させて頂いて
大先輩なのに現場を率先して盛り上げてくださり
ありがたく思いました」と感謝の思いを述べ、
最後にキャストを代表して福士が
「この作品はアクションはもちろんですが、
青春映画にもなりうる映画だと思っています。
また、日本を元気づける作品になっていますので
何度でもご覧頂き、明るく元気になって頂けたら嬉しいです」と
メッセージを送り舞台挨拶を締めくくった。

 


2018.07.19(木)

永瀬匡 舞台『野球』飛行機雲のホームラン 記者会見

7月17日(火)に行われた、舞台『野球』飛行機雲のホームランの
記者会見に永瀬匡が出席した。

 


本作は1944年、戦況が深刻化し中止となった甲子園への夢が捨てきれないまま、
予科練に入隊した少年たちの野球への憧れや、「いきたい」という希望を描いた物語で
一塁手・岡光司役を演じる永瀬は
「観に来て頂くお客様が野球観戦に来たような気持ちに
なる舞台ではないかと稽古を通して感じています。
野球を愛し、汗をかいて笑って全力で生きている姿を
目に焼き付けて頂きたいと思います」と挨拶。
 
野球経験がある永瀬は舞台の見どころについて、
「生傷がたえない稽古がとてもリアルに感じ、また
誰かが(舞台上で)バッターボックスに立っていると
『打ってくれ!』と舞台袖からも聞こえるぐらい
臨場感があるので、そういった部分も楽しみにして頂きたいです」と語った。


<東京公演>
公演日程:2018年7月27日(金)~8月5日(日)
会場:サンシャイン劇場
 
<大阪公演>
公演日程:2018年8月25日(土)~8月26日(日)
会場:梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ

 

公演詳細

https://www.homerun-contrail.com/


2018.07.19(木)

福士蒼汰 映画『BLEACH』公開直前イベント

7月16日(月・祝)に行われた、映画『BLEACH』の
公開直前イベントに福士蒼汰が出席した。

 

 

この日、浴衣姿で駆けつけた女子高生を前に登壇した
福士は「本日は浴衣で集まって頂きありがとうございます。
このような近い距離で、また少人数での試写会というのは
なかなかない機会なので特別な感じがします!」と話し、
高校生・黒崎一護を演じた感想については
「役柄と自分の共通点は少ないので演じていて難しい部分はありました。
一護はヒーロー的な魅力があると思います。
それに一護自身は気づいていないというか
無意識にヒーローになっているんです。
なので、絶対的な存在というよりは、これからどんどん進化していく
可能性を秘めています」とコメント。

 

 

続いて行われた質問コーナーでは
「今、高校生の自分に声をかけるならば」という質問に
「『そのままでいいぞ』と言いたいです。
人生を過ごす中でやり直したいことってあると思うのですが
自分自身はあえて思わないようにしていて。
というのは、例えば自分にAとBの選択肢があった時
Bを選んだとして、それが後に上手くいかなくなった時でも
選んだ自分を信じてあげると救われるし、
最後に成功したと思えるように努力をしたいと思っているからです。
どちらを選ぶのかが重要ではなく、選んだ後の過程を
大事にして頑張りたいという気持ちがあります」と回答した。


また、イベント終盤には福士から『BLEACH』うちわを
女子高生1人1人に手渡しするサプライズが行われ、
最後に「もう少しで公開なので夏休みに友達と一緒に
観に行って頂き、ぜひ青春を感じて欲しいです!」と
メッセージを送りイベントを締めくくった。
 
映画『BLEACH』は7月20日(金)より全国にて公開。

 


2018.07.13(金)

福士蒼汰 映画『BLEACH』 フェス

7月10日(火)に行われた、映画『BLEACH』フェス
に福士蒼汰が出席した。

 

 

公開10日前を記念しての一夜限りのスペシャルイベント
に集まった大勢の観客に囲まれる中、声援にこたえながら
作品のイメージカラーとなるオレンジカーペットを笑顔で歩いた福士は
「皆さんの熱が伝わってきました。
今日は特別な時間にしたいと思います!」と挨拶し
主人公・黒崎一護を演じることが決まった際の気持ちについて
「プレッシャーを感じましたが
原作が面白く、また一護がかっこいいので
早く演じてみたいという気持ちが強かったです」と率直な感想を述べた。


 

 

また本作で主題歌と挿入歌を手掛けた
[ALEXANDROS]の楽曲について
「すごくかっこよくて作品に合っていると感じました!」と話し、
作品の見どころについては
「エンターテインメント性の高い映画だと思うのですが
どこか青春を感じるような作品だなという印象があって、
実際に原作を知らない方も楽しめるのではないかと思います」とコメント。
 
さらに[ALEXANDROS]による主題歌「Mosquito Bite」の生演奏が
披露され盛りあがりを見せる中
福士は「かっこいい!こんな近くでステージを
見ることが初めてなので、特別な時間となりましたし
本当に素晴らしかったです」と興奮冷めやらぬ様子で語り
最後に「今日は[ALEXANDROS]さんの生演奏によって
熱いステージになりましたが
映画の公開に向けてもっと熱く盛り上げていきたいと思っています。
日本を元気にする映画になっていると思いますので
ぜひ劇場でご覧ください!」とメッセージを送りイベントを締めくくった。
 
映画『BLEACH』 は7月20日(金)より全国にて公開。

 


Categories

Recent Entries

Archives

  • 研音公式オンラインショップ K-SHOP

Twitter

ページトップ
Created by Coosy inc.