Topics トピックス

所属アーティストのニュースを中心に、研音からオフィシャル情報をお届けします。

2018.10.16(火)

福士蒼汰 映画『旅猫リポート』公開直前イベント

10月8日(月・祝)に行われた、映画『旅猫リポート』の公開直前イベントに
福士蒼汰が出席した。

 

 

まず最初に『公開直前 ニャるほど!特別講義』と題して行われた
猫学者・高野八重子さんを迎えての、猫の深層心理を学ぶトークイベントで
福士は「映画は、人との撮影よりも猫のナナとの撮影が多かったように感じます。
最近、プロモーションでもずっと一緒なので可愛くて仕方がないです」
と顔をほころばせ、喉元を触るとゴロゴロ鳴らすのは猫が喜んでいる仕草の一つで
そういった姿を見る人間も癒しの効果が得られるという高野先生の言葉に
「ナナも最初に比べて触ろうとする僕の手に寄り添ってきたり、
ゴロゴロと喉元を鳴らすようになって嬉しいですし、
それが自分にとって癒し効果になっていると思いました」とコメント。
 
会場に集まった観客からの『もし朝起きて猫になっていたら何をしたいか』
という質問に「外に出て屋根に上ったりしたいです。
ナナもジャンプしたり予想外な動きをするので、
その身体能力を味わってみたいです」と願望を述べた。

 


その後神田明神で行われた『公開直前 大ヒット祈願イベント』
では日本映画史上初、猫(ナナ)と一緒に御祈祷を受け、
福士は「厳かな雰囲気の中、心が清められたような気持ちです。
ナナは最初会場の雰囲気に驚いていたように感じましたが、
徐々にリラックスしていました」と語った。
 
また、同所は勝負の神様としても有名なことから
『勝負運が上がるように何かしていることは』という質問に
「日々の努力をしている人が運を掴めるのではないかと思うので、
準備することを続けています」と明かし、
最後に「人と人との繋がり、そして人と動物との繋がり
など色々な心を描いた作品だと思いますので
ぜひ皆さんにご覧頂きたいです」と笑顔でPRした。
 
映画『旅猫リポート』は10月26日(金)より全国にて公開。

 


2018.10.15(月)

桜田ひより 映画『ういらぶ。』完成披露試写会

10月9日(火)に行われた、映画『ういらぶ。』の
完成披露試写会に桜田ひよりが出席した。

 

 

本作はLINEマンガの少女部門にて月間1位を記録し、
累計180万部を突破した星森ゆきも氏による大人気コミック
「ういらぶ。-初々しい恋のおはなしー」を実写映画化したもので、
お互い大好きすぎて「好き」と言えないこじらせまくりの
凛(平野紫耀さん)と優羽(桜井日奈子さん)、
そんな2人を心配して見守る暦(玉城ティナさん)と
蛍太(磯村勇斗さん)の幼なじみチーム4人の前に、
ある日“好きなら好きとハッキリ言う”ライバル兄弟・和真と実花が
現れたことによって思わぬ方向へと動き出す青春ラブストーリー
となっている。
 
伊藤健太郎さん演じる和真の妹・実花役を演じる桜田は
「私自身は人見知りな部分があるのですが、
実花ちゃんはコミュニケーション能力が高く、
誰とでもすぐに仲良くなれる女の子だったので
こんなふうになれたらと思いながら演じていました」
と撮影を振り返った。
 
続いて、『ういらぶ。No.1はだ~れだ』と題し、
それぞれの質問に該当する人を
キャストの名前が書かれた札をあげて
答えるコーナーでは“キャストの中でクールな人”について
桜田は伊藤さんを選び、
「第一印象はクールな人なのかなと思ったので
伊藤さんにさせて頂きました」とコメントした。

映画『ういらぶ。』は11月9日(金)より全国にて公開。

 


2018.10.15(月)

杉咲花 映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』公開記念舞台挨拶

10月6日(土)に行われた、映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』の
公開記念舞台挨拶に杉咲花が出席した。

 


主人公・川奈つぐみ役を演じる杉咲は
「恥ずかしいような照れくさいような気持ちがありますが、
やっと皆様に観て頂くことが出来て嬉しいです」と喜びの表情を浮かべ、
本作の中で憧れるシーンについて「(岩田剛典さん演じる)鮎川先輩が
付き合った記念にネックレスを渡してくださるシーンが好きです。
2人にとってすごく幸せな時期なんだなと考えると
キュンとしてしまいます」と振り返った。
 
トークが進む中、続いて「本作を絵で表現してください」というお題に対して
事前に用紙したフリップを一斉に提示すると
杉咲以外のフリップに「花ちゃん」「お誕生日」
「おめでとう!!」と文字が書かれており、
突然のサプライズに驚きを隠せない杉咲に、
続けて樹とつぐみの2ショットの写真が描かれたバースデーケーキが登場。
さらには岩田さんより花束が贈られる一幕もあり、
「びっくりしました。本当にありがとうございます。
撮影中、思うような演技が出来ず迷惑をかけてしまうことがあって
そんな時でも岩田さんは何度も演技に付き合ってくださり
いつも優しい言葉をかけて頂きました。
岩田さんが鮎川先輩を演じられたから、私も最後までつぐみを演じることが
できたと思っています」と感謝の言葉を述べ、
最後に「映画が公開したことだけでも嬉しいのにもっと嬉しい1日になりました。
不器用ながらもまっすぐ相手を想うつぐみの姿が
皆さんにとって大事な人のことを想うきっかけになったら嬉しいです。
この映画を通してそんな優しい想いが繋がって
大きな輪になったらいいなと思います」と笑顔でメッセージを送り、
舞台挨拶を締めくくった。

 


2018.10.13(土)

唐沢寿明 テレビ東京開局55周年特別企画 ドラマBiz『ハラスメントゲーム』完成披露試写&記者会見

10月10日(水)に行われた、
テレビ東京開局55周年特別企画 ドラマBiz『ハラスメントゲーム』
の完成披露試写&記者会見に唐沢寿明が出席した。 

 


本作のテーマはずばり企業の「コンプライアンス」。
1話ではスーパー業界大手老舗会社「マルオーホールディングス」
で働く秋津がある事情から左遷され、家族と地方に移り住み
富山中央店店長として仕事に奮闘する姿から始まる。
ある日、志田未来が演じるヤンママ・小川麻衣が
「マルオースーパー」練馬店で子供のために購入したメロンパンに
一円玉が混入するという事態が発生したが
売り場主任は前日に不審な電話を受けたといい、
その内容から女性社員によるパワハラ絡みの犯行を疑う。
そんな中、突然本社への異動命令が下り、コンプライアンス室長となった秋津は
この問題を奇抜なアイデアと手法で解決していく。
 
この日、会見に登壇した主演・秋津渉役を務める唐沢は撮影現場の雰囲気について
「みんな仲が良くて自然体でやっています」と話し、演出の
西浦監督について「以前出演した『妹よ』というドラマで
ご一緒したことがあります。監督としては今回が初めてなのですが
演出にすごく助けられていて作品全体が西浦監督の繊細な
世界観で出来上がっているので素晴らしいと思っています」とコメント。
 
続いて行われたハラスメントをクイズ形式で紹介するコーナーでは
“カラハラ”という言葉に「“唐沢ハラスメント”でしょうか?」
と答え、会場が笑いに包まれる中
正解のカラオケを強要する“カラオケハラスメント”に対し、
「会社の付き合いなどでどうしても行かなければならない場合
もあると思いますが、これからの社会では
行かないという選択肢もあるのではないでしょうか」
と自身の考えを述べた。
 
テレビ東京開局55周年特別企画 ドラマBiz『ハラスメントゲーム』は
10月15日(月)22時よりスタート。(初回拡大SP)

 


Categories

Recent Entries

Archives

  • 研音公式オンラインショップ K-SHOP

Twitter

ページトップ
Created by Coosy inc.