Topics トピックス

所属アーティストのニュースを中心に、研音からオフィシャル情報をお届けします。

2017.08.04(金)

『山本涼介 ファンイベント 2017』

7月22日(土)に『山本涼介ファンイベント2017』
が開催された。

 

オープニング映像後、会場後方の扉から登場し
突然のことに驚くファンの方々の周りを練り歩きながら
檀上に上がった山本は
「こんにちは!今日は来てくださりありがとうございます。
皆さんの良い思い出になるように一緒に楽しんでいきましょう!」と笑顔で挨拶。
出演作である『仮面ライダーゴースト』の劇場版の舞台挨拶等で
いつもお世話になっていたという司会の寺迫麿さんと共に
イベントがスタート。

 

 

まず最初は一問一答形式で山本の
本性を掘り下げようというコーナー。
“朝起きたら必ずすること”“小さい頃の夢”
“休みの日の過ごし方”等
全9問の質問に対してそれぞれ
“髪の毛を水にぬらす”“サッカー選手”
“ショッピングもしくは寝る”
などテンポよく回答し
映画『ニート・ニート・ニート』の共演者との
エピソードでは
「撮影場所の北海道で撮影終わりに温泉に行きました!
僕はロードムービー自体が初めてで
自然に囲まれる中、旅をしながらその一コマ一コマを
撮るという感覚ですごく楽しみながら
撮影をしています。」とコメント。

 

 

続けて会場で事前に募集した質問コーナーへ。
「好きな色は?」「今年始めたいことはありますか?」
という質問に
「赤が好きです!」「一人旅をしたいです。
まずは国内旅行に行きたいと思っていて
沖縄や温泉が好きなので九州の温泉街なども行きたいです。」
と話し、小学5年生の男の子からの
「今年はどんな夏を過ごしたいですか?」という質問には
「これから舞台『大きな虹のあとで~不動四兄弟~』の稽古
が始まるので仕事を楽しむ夏にしたいです。」と答え
自身の小学5年生の夏休みはずっとサッカーをしていたという
山本は「宿題は早く終わらしたほうがよいよ!
後で泣くことになるので(笑)」とアドバイスを送った。

 

 

ききくらべ挑戦のコーナーでは
4種類のりんごジュースを試飲し
一番高いりんごジュースを選ぶというお題のもと
会場のリアクションをヒントに見事正解し
目隠しをしながら味のみで4種類のカレーの中から
お母さんが作ったカレーを当てるお題では、
チーフマネージャーがお母さんのカレーの
レシピを聞いて作ったカレーも用意され、難易度が
増す中「これは違う、この味は怪しい。」と迷いながらも
「これが一番美味しい」と、レトルトカレーを選択。
不正解となり「間違えてしまったので
何も弁解できません。」と苦笑いし
会場は笑いに包まれた。

 

 

 


山本に行って欲しいことを募集した
事前アンケートをもとに
今回の密着映像は初めて訪れたという鎌倉で
人力車の俥夫体験や鶴岡八幡宮で初もうで、
小町通りでお土産を購入、
陶芸でファンの方へプレゼントを作るなど
1日を通して様々な事を体験。
完成した(陶芸の)コーヒーカップについて
「本当はプレゼント用に作ろうと思ったのですが
作っている途中に情がわいてしまって、
ファンの皆さんの為には涼介のRと書いた星型の
箸置きを作りました!」と話し
抽選会で、小町通りのお土産と北海道のお土産、
箸置きがそれぞれプレゼントされた。

 

全員での記念写真撮影後
最後に「今日は本当にありがとうございました。
皆さんのおかげで去年に引き続き2回目の
ファンイベントを行うことが出来ました。
今後は舞台『大きな虹のあとで~不動四兄弟~』や
『MEN ON STYLE 2017』、映画の公開が控えています。
また皆さんと会えるように頑張っていくので
応援よろしくお願いします。」
と感謝の言葉を述べ、参加者全員と
握手会を実施しイベントは幕を閉じた。

 

(第一部(13:30~)の様子をレポート。
回によって内容が異なります。)

 

 


2017.06.30(金)

『竜星涼 ファンイベント 2017』

6月18日(日)に『竜星涼 ファンイベント2017』が開催された。

 

 

オープニング映像後に登場した竜星は「皆さんこんにちは。
沢山の方々にお越し頂きありがとうございます!」と
笑顔で挨拶し、司会を務める馬場亜紀子さんとのトークからイベントがスタート。

 

「最近、刑事役を演じる竜星くんをよく観ます。」という馬場さんに
「NHK総合 連続テレビ小説『ひよっこ』、TBS系日曜劇場『小さな巨人』、
映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』と続けて刑事役を演じさせて頂く機会があり、
共演している先輩の方々が皆さん素敵でその環境にいる事ができてありがたいです。
(ドラマや映画によって)刑事役のそれぞれ違った面を
お見せすることができたのではないかと思います。」
と話し、次に会場で事前に募集した質問に答える『質問コーナー』へ。

 

 

「大学生活で友達を作るには?」という学生の方からの質問に
「共通の好きなものを話す、例えば
竜星涼が好きな人いませんか?というところから
会話を広げるのはいかがでしょうか?
友達を作りたいという思いを持ちながら
ずっと笑顔でいれば大丈夫だと思うので
頑張って大学生活を楽しんでほしいです。」とエールを送り
「一人っ子で良かったと思うところは?」という質問には
「小さい頃は兄弟が欲しいと思った時もありましたが
大人になって、親からの愛情を沢山受けていたな
と感じるようになりました。」と答えた。

 

続いて密着映像が流れ、
アンケートで多かった1日密着、キュンとする映像、
動物との触れ合いを見たいという意見に応えるべく、
牧場へ自らの運転で向かい牛の乳搾りや乗馬、
動物の形をした革のキーホルダーに刻印するなど盛り沢山な映像の中で、
照れながらもキュンとする仕草をする姿に
「(キュンとする仕草を)やりきれていない自分が悔しいです。」
と恥ずかしそうに振り返った。

 

お題に沿って行う『竜星涼と××体験』コーナーでは選ばれたファン2名の方々に
現在webで公開中のロート製薬(株)肌ラボ「極潤」の「恋する肌キュンmovie」での
シチュエーション同様、
「イヤホンで音楽を聴いていると、竜星がやって来て右耳のイヤホンを取り
お互い片方の耳にイヤホンをして音楽を聴く。」
「頭にささっている芋けんぴを竜星が取ってあげる」シーンを演じると
会場から大きな歓声が起きた。

 

 

竜チーム、星チーム、涼チームに分かれて行うチーム対抗ゲーム大会では
最後列から最前列まで風船を渡し到着が一番早いチームを競う『風船渡しゲーム』や
「誕生日が6月18日に近い人」を私こそはと思う人は声を出さずにアピールするという
ルールのもと竜星が会場を歩き回りながらチームから3名ずつ選んで答えていく
『一番は誰だゲーム』。

 

また、竜星の好物や身長、役名など難易度が
高い問題が次々に出題される『〇×ゲーム』が行われ、最後は星チームが見事優勝。
勝利チームには「握手会の時間がちょっとだけ長くなる特典」が贈られた。

 

ゲーム大会終了後は記念撮影が行われ、
「なかなかこのように交流する機会がないので、皆さんと楽しみたいと思い
色々な企画を用意させて頂きましたが、いつもこのファンイベントは
あっという間に時間が過ぎてしまいます。
皆さんの顔を見て、にこにこしている姿に毎回、開催してよかったなと思い、
僕自身このようなファンイベントをいつも楽しみにしているので
また機会があったらぜひ遊びにきて頂けたらと思います。」
とメッセージを送り、最後に参加者全員と握手会が実施されイベントは幕を閉じた。

 

(第一部(13:30~)の様子をレポート。回によって内容が異なります。)

 


2017.06.13(火)

ⓒKEN-ON
山崎育三郎 2nd COVER ALBUM『1936〜your songs II〜』発売イベント6月7日(水)に、山崎育三郎 2nd COVER ALBUM『1936〜your songs II〜』発売イベントがタワーレコード渋谷店で開催された。
 
CDジャケットで着用した本人の写真がプリントされているリバーシブルの衣装で登場した山崎は

後ろの方も見えていますか?生三郎です!
1月15日に行われたコンサート以来、皆さんの前で歌唱披露するのが久しぶりなので今日は沢山の方々にお集まり頂き嬉しいです。
この半年間はドラマの撮影から始まり、「アナザースカイ」の撮影で15年ぶりに留学していたアメリカのミズーリ州を訪ねたり、実写映画「美女と野獣」プレミアム吹替版で野獣の声を担当させて頂いたりと少しハードな数か月を過ごしました。


と活動を振り返った。

このイベントのより詳しい内容は「山崎育三郎オフィシャルファンクラブ」をご覧ください。

■山崎育三郎オフィシャルファンクラブ
https://iku-fc.com/




2017.06.12(月)

福士蒼汰 ファンイベント『Birthday Party 2017』

 5月28日(日)に福士蒼汰ファンイベント
『Birthday Party 2017』が開催された。


オープニングVTRが流れ、スモークの中から登場した福士が
「皆さんこんにちは、福士蒼汰です。
こんなに沢山の方に集まって頂いて本当に嬉しいです。
今日は色々と話せたらいいなと思いますのでよろしくお願いします!」
と話すと集まった2500人のファンの方々から熱い声援が送られた。

3回目の共演となる司会の古家正亨さんが迎えられ
終始リラックスムードの中、イベントはスタート。

 

 

 

最初のコーナーは、事前に募集した質問に時間のある限り答える
「ココだけの話」。
今の仕事以外の職業に就くならば何の仕事をしますか?という質問に
「この質問には2つお答えしたいと思います。
まずこの仕事をしていなかった場合は、
英語を学ぶことが好きなので、大学に行き、留学もして
海外の方とやり取りをする仕事に就きたいと思っていました。
そして今俳優という職業をやめた場合は
バックパッカーになって世界一周し
経験する中で思いついた何かを仕事にしたいです。」と答え、
50年後どんなおじいちゃんになっていると思いますか?という質問に
「かっこいいおじいちゃんでいたいですね。
姿勢を保つために鍛えて、常にスーツを身にまとい、
ハットをかぶっていると思います。」と回答すると、
古家さんより「イギリスに住まれたほうがよいのではないでしょうか(笑)」
と指摘され会場は笑いに包まれた。
 
昨年に続き、近況と抱負を掲げるコーナーでは
23歳を振り返り「印象に残っていることは
公開中の映画「ちょっと今から仕事やめてくる」の撮影で
バヌアツ共和国に行った事です。
天気に恵まれる中撮影ができ、スタッフの皆さんと毎晩食事をしながら
色々な話も出来たので思い出に残っています。」と話し
24歳を迎えるにあたっての抱負を「想いを伝えるという事です。
役柄が思っていることをどう表現し、伝えるかが勝負なのではと思います。」
と掲げた。
 
映画「ちょっと今から仕事やめてくる」のヤマモトという役柄について
「底抜けに明るいキャラクターですが
明るさだけでない部分もあり演じる上で難しくもありました。
もしご覧頂いた皆さんがヤマモトのように
暗闇の中にいて心が疲弊している人をひっぱってあげられる存在になりたいと
感じてくださったら嬉しいです。」と話した。

 

その後、福士にサプライズで同作品で青山隆役を務める工藤阿須加さんと
主題歌「心」を担当したコブクロの小渕さんと黒田さんからのメッセージ映像が流れると
「映画の撮影が始まる前に工藤君の家でたこ焼きパーティーをしたりして、
役柄だけでなく仲良くなれたのでまた一緒にしたいと思っています。
コブクロの小渕さんと黒田さんは先日先行プレミアム上映会でご一緒させて頂いて、
本当に面白くて優しい方々でした。」
と話し、満面の笑みを見せた。

 

 

 

 

続いて「1day diary ちょっと今から北海道行ってくる篇」と題し
映画のキャンペーンで訪れた北海道の仕事風景
がおさめられた密着映像の上映や
2500人の中から1人が福士と生電話できる
「突然!!生電話がつながるのは誰!? 」コーナーが催され、さらに
ファンの方々への日頃の感謝をこめて、福士提案による企画
「ちょっと今から仕事やめてくる 大ヒット記念 2500人の大フォトセッション!
ちょっと今から撮影してくる」が発表されると会場から大きな歓声が沸き
アリーナ席やバルコニー席など、どの席からも見えるように福士が
各方向に移動し、様々なポーズをしながら撮影に応じて
ファンの方々との交流を楽しんだ。

 

 

 

その後は、サイン入りポスターやと、バヌアツ共和国や
カレンダー撮影で台湾を訪れた際に自ら選んだお土産をプレゼントする大抽選会や、
歌のプレゼントが2曲披露された。
最後に「昨年は色々な作品に参加させて頂き、今後も
ドラマや映画などを通し、色々な姿を皆さんにご覧頂きたいです。
これからもっと自分を磨き、心からかっこいい男になりたいので
皆さん温かい目で見守って頂けたらと思います。
これからも応援よろしくお願い致します!」とコメントし、
参加者全員とハイタッチを行いイベントは大盛況のうちに幕を閉じた。
 
(第一部(13:30~)の様子をレポート。回によって内容が異なります。)

 

★研音公式WebMagazine「KEN MAGA」では、
第一部と第二部をまとめた詳細なレポートを後日公開予定です。
さらに、イベント内で上映された映像『1day diary ちょっと今から北海道行ってくる篇』
を、「研音Message」ムービーコーナーと、「KEN MAGA」イベントレポート記事内にて
期間限定にて後日公開します。
こちらも合わせてお楽しみください。

 

■研音公式モバイルサイト「研音Message」
http://www.ken-on.com
※携帯・スマートフォン専用サイト

 

■研音公式WebMagazine「KEN MAGA」
http://mag.ken-on.com
※スマートフォン専用サイト

 


Categories

Recent Entries

Archives

  • 研音公式オンラインショップ K-SHOP

Twitter

ページトップ
Created by Coosy inc.