Topics トピックス

所属アーティストのニュースを中心に、研音からオフィシャル情報をお届けします。

2017.04.13(木)

入江甚儀×市川知宏『じんとも~春のファン祭り~』

41日(土)にファンイベント入江甚儀×市川知宏『じんとも~春のファン祭り~』
が開催された。

 

 

 

時事通信ホールでのイベント開催が約1年ぶりとなる
2人は「じんとものイベントは自分から積極的に参加が
可能ですので、肩の力を抜いて楽しんで頂けたらと思います。」と話し、
アットホームな雰囲気の中スタートした。

 

 

 

最初のコーナーは「じんとも借り人ゲーム」。
事前にツイッターで、入江と市川がグッとくるコーディネートをしてきて下さいと告
知。抽選箱からお題を引き、2人のグッとくる髪型や鞄を持ってる人、靴を履いている人
を会場を歩き回りながら探した。

 

次に会場の皆さんから寄せられた質問コーナーへ。
2人のおすすめの映画はという質問に
市川は「シザーハンズ」「SING」、入江はずっと「ピンポン」が好きで30回以上観て
いると話すと、市川は「この前、甚儀の家に行ったらピンポンを流し始めてものまねを披
露された。」というプライベートの話しも交え、仲の良さをうかがわせた。

 

 

 

市川が考えたコントや入江が撮影し編集したPVを流し歌うカラオケコーナー
など2人がこのイベントの為に用意した企画が次々と披露された。
入江は「こうやってイベントの中で自分達がやりたい事を
させて頂くことは幸せに感じます。(観てくださり)ありがとうございます。」
と話すと会場から暖かい拍手が起こった。

 

 

2人の撮影大会、会場全員での記念撮影など
盛り沢山のイベントの最後に入江は
「会場の皆さんと距離感がなく楽しめました。
去年より自分達が企画し、やる事も増えて開催までの期間も含めて
濃い時間を過ごすことが出来ました。また開催するときはぜひお越しください!」と
話し市川は「皆さんがいるからこそこのようなイベントが開催できますし、今後も開催す
る為には僕らももっと色々なことをチャレンジしなくてはと思っています。
また皆さんに楽しんで頂けるように頑張っていきます!」と語った。

 

(第二部(17:30~)の様子をレポート。回によって内容が異なります。)


2017.04.13(木)

『川口春奈ファンイベント2017 ~10th Anniversary~』開催

3月25日(土)に、『川口春奈ファンイベント2017 10th Anniversary~』が開催された。

 

MCを務めるお笑い芸人『全力じじぃ』の前すすむさんが川口を呼び込むと、客席後方から愛犬・アムを連れて登場し、オープニングトークがスタート。

愛犬について訊かれ、「2歳のアムです。しつけもちゃんとしていていい子なので連れてきちゃいました」と話し、MCの前さんとは、フジテレビ系連続ドラマ『Chef~三ツ星の給食~』で共演し、「最初から明るいオーラが出ていて壁がなかった」と仲良くなった当時を振り返った。

 

 

オープニングトークが終わると、お客様から寄せられた質問に答えていくコーナーへ。

最初に、“10年で1番印象に残っていること”を問われ、「1回目のファンイベント」を挙げると、「人見知りで人前で何かすることがなかったので、すごく緊張したことを覚えています」と明かし、“最近嬉しかったこと”については、映画『一週間フレンズ。』を観に行き、「いろんな年齢層の方が観に来て下さっていたこと」と笑顔を見せた。

また、川口と同じ誕生日の質問者から“210日生まれで良かったこと”を訊かれ、「早生まれなので同級生よりゆっくり誕生日を迎えられるところ」と答え、“今までに観た映画の中で1番好きな作品”については、「レオン」を選択し、「30回以上観てるかもしれない」と語った。

さらに、緊張しやすいという質問者に緊張のほぐし方のアドバイスを求められ、「緊張はあまりしない」と話す川口だが、「見えると緊張するから、コンタクトを外す」という斬新なアドバイスを送り、自身も「撮影時に緊張したり、一皮むけなきゃいけない時は裸眼です」とエピソードを披露した。

 

 

質問コーナーの後は、『川口春奈ファン王決定戦』のコーナーへ。

まず最初に、スクリーンに映し出された川口の写真を年代順に並べ替えるというウォーミングアップクイズを行い、優勝者に『川口の私物Tシャツ』がプレゼントされた。

ウォーミングアップ後は、川口が過去に出演した作品にまつわるクイズが○×で出題され、最終問題終了後も複数の方が勝ち残っていた為、川口とじゃんけんを行い、知識と運も兼ね備えた真の川口春奈ファン王が決定し、『王冠』と『川口が愛用していた私物ワンピース』が贈呈された。

 

川口春奈ファン王決定戦の後は、『川口春奈のANOTHER SKY』のコーナーへ。

このコーナーでは、本イベントの為だけに訪れた台湾での貴重なVTRがスクリーンで上映された。

初日は、『ファンの皆さんと自分の健康』、『愛』、『貯金』の3つの願い事をランタンに書いて飛ばし、足つぼマッサージに行くなど素の表情を見せ、2日目は、早朝にスタッフから寝起きドッキリを仕掛けられ「夢見たよ・・・台湾人になった夢・・・」と目をこすりながら起床。その後に行ったお寺では、三日月型の赤い木のへらを足元へ2つ落し、表と裏が3回出ると『赤い糸』がもらえるという占いに挑戦し、見事に赤い糸を獲得。おみくじで大吉を引くなどの強運パワーを見せた後は、街で買い物をする様子が紹介され、「12日で行ってきまして、ご飯も美味しくいただきました」と微笑んだ。

 

川口春奈のANOTHER SKYのコーナーの後は、『大抽選会』のコーナーへ。

大抽選会では、『台湾とオーストラリアのお土産』を7名、『サインと当選者の宛名を入れたバッグ』を3名の計10名に川口が直接手渡しでプレゼントした。

 

大抽選会の後は、ファンの皆さんから川口へ10周年を祝うメッセージボードとback numberさんからVTRメッセージがサプライズで贈られ、「うれしい・・・めちゃめちゃうれしいです。ビックリしました!メッセージは後でじっくり読ませていただきます」と満面の笑顔を見せた。

 

 

サプライズコーナーが終わり、会場の皆さんと記念撮影を行った後は『握手会』のコーナーへ。

握手会ではファンの皆さん一人一人に感謝状を手渡し、最後に「10年こうやって続けてこられたのも皆さんのお陰です。前さんにもご協力いただき、すごく楽しいイベントでした。また機会があればやりたいですし、来られる方にも楽しんでいただきたいです。今日は本当にありがとうございました」とメッセージを送った。

 

(第一部(12:30)の様子をレポート。回によって内容が異なります) 

 


2017.03.19(日)

『竜星涼×上杉柊平ファンイベント「竜平」』開催

昨年、FRESH! by AbemaTV「竜平~ROAD to MEN ON STYLE~」にレギュラー出演していた竜星涼と上杉柊平が、番組を飛び出し、2人きりで行う初のファンイベント『竜星涼×上杉柊平ファンイベント「竜平」』を3月11日(土)に開催した。

 

暗転した会場にBGMが流れ、客席後方扉から登場した竜星と上杉は、お客様と触れ合いながらステージに登壇し、オープニングトークをスタート。

開口一番、「ありがたいことに2人でイベントをやらせてもらえることになりました!」と嬉しそうな上杉に、竜星も「皆さんに楽しんでもらいたいと思います」と笑顔を見せた。

 

再び暗転した会場のスクリーンには、兄・タカシ(上杉)と弟・優一(竜星)が仲良くトランプで遊ぶプロローグ映像が映し出され、映画館で上映前に流れる『NO MORE 映画泥棒』のパロディー『NO MORE 竜平泥棒』の映像を挟み、ステージ上で粟島瑞丸脚本・演出の2人芝居『Good Brothers Story』が始まった。

 

 

 

 

タカシの運転する車が不慮の事故に遭い、命を落とした母と、残された家族に負い目を感じていた兄を弟の優一が救う感動の兄弟愛を描いた2人芝居は、イベントの1コーナーの枠を大きく超える2人の熱演で、客席は涙に包まれ、「まさかこんなにガッツリやるとは思わなかった(笑)」と振り返った竜星が、「テーマとしては、“緩い俺らがちゃんとやってみたらどうなるか”でしたが、皆さんどうでしたか?」と問いかけると、客席から割れんばかりの拍手が2人に送られた。

 

2人芝居の後は、お客様から寄せられた質問に答えていくことに。

最初に、“息子のファッションセンスがどうすれば良くなるか”と問われ、「好きな子ができたり、モテようと思ったら変わってくるんじゃないかな?」と竜星が答えると、上杉は「俺は好きな映画の影響を強く受けた」と明かし、「何か興味を持てるものが見つかるといいと思う」とアドバイスを送った。

次に、“ウインクするならどっちの目がやりやすいか”を訊かれ、竜星は「左」と回答し、上杉は「左かな?外国人みたいに音とかつけて(笑)」と言うや否や、ステージ上でウインクを音付きで披露。

好きなパンが知りたい”というリクエストには、上杉は「クロワッサン」、竜星は「月島で売ってる焼きたてのメロンパン」と回答した。

さらに、4月から中学生になるという質問者から“中学生活が楽しくなるアドバイス”を求められ、「僕は部活に入って友達が増えたので、部活に入ったりしてたくさんお友達を作って、お勉強も頑張ってください」とメッセージを送った上杉に対し竜星は「いいコメントだよ~!ちゃんとしてるよ~~!!」と感想を述べ、「俺は、“とにかく楽しめ!”かな(笑)」と、シンプルながらもストレートなアドバイスを送った。

 

 

 

 

質問コーナーの後は抽選会を行い、会場入り口に掲示していたポスターの縮小版2枚と、AbemaTVでふたりのどちらかが着用していたTシャツ1枚に、それぞれサインを入れて計3名に直接プレゼントし、グッズ紹介と記念撮影を行った後は、『上杉柊平、持ち込み企画!』のコーナーへ。

今月、24歳の誕生日を迎える竜星にはサプライズにしていたこのコーナー。

「会場の皆さんと1曲歌ってお祝いしたいと思います。歌詞が出るので皆さん、竜星も歌ってください」と上杉が曲振りをし、「俺も歌うの?!(笑)」ととまどいの表情を浮かべた竜星だったが、照れながらもしっかり歌い、「まさかの俺も歌うってなんだこれ?(笑)」と笑顔の竜星に、上杉は「竜星も歌って気持ちのいい曲にしました」と満足そうな笑みを浮かべた。

 

サプライズのコーナーが終わり、お客様と上杉に感謝を伝えた竜星は、最後に「笑顔を忘れず、これからも皆さんの前で笑って過ごせたらいいなと思います。今日は本当にありがとうございました」と挨拶し、お客様とここまで近い距離でファンイベントをするのが初めてと話す上杉は、「入ってきた時からお客さんが温かくて安心して、なんか幸せだなって感じました」と打ち明け、「竜星を祝えたことも嬉しいですし、皆さんが笑顔でいてくれることもすごく嬉しいので、僕も皆さんとまた笑顔でお会いできるように頑張って行きます。今日はありがとうございました」とメッセージを送った。

 

(東京公演・第一部(14:00~)の様子をレポート。回によって内容が異なります)


2017.03.12(日)

福原遥ファンイベント『福はるvol.3』開催

3月4日(土)に、福原遥ファンイベント『福はるvol.3』が開催された。

 

今回のイベントのコンセプトは、“福原の高校卒業の門出を祝い、お客様にも学校生活気分を味わっていただく”というもの。

学校らしくチャイム音が鳴り、福原の歌声の入ったSEが流れると、制服姿で福原が登場。

オープニングトークで高校生活について訊かれると、「学校よりもお仕事で青春していた」と話し、「吹奏楽部でクラリネットを吹いていた中学時代の方が青春していました。コンクールに向けて、毎日朝練して、土日もやっていたので」と微笑んだ。

 

 

オープニングトークが終わると、再びチャイム音が鳴り、『コミュニケーションの時間』へ。

MCからの提案で、福原が号令を掛け、お客様が“起立・礼・着席”をし、「こんな指示を出して従ってもらったの初めて(笑)」と新鮮な笑顔を見せた後は、お客様から寄せられた質問に答えていくことに。

最初に、子供の頃に好きだった遊びを問われ「泥だんご作り」を挙げると、「どれだけ固く作れるかやってました。白い砂を掛けていくと、泥だんごがどんどん光って、毎日砂をかけていくと固くなって落としても割れないんです」とコツを伝授。

次に、男の人が作るとかっこいいと思う料理を「イタリアン」と回答し、「お父さんがパスタを作るのが得意で、ピザとかも作ってくれたので」とその理由を述べ、卒業旅行で海外に行くとしたら「暖かい場所に行きたいので、ハワイとか」と願望を明かすも現実的には「友達とディズニーランドに行く約束をしているので、高校生のうちに制服を着てディズニーランドに行きたいです」と目を輝かせた。

 

チャイムの合図を受けて、次は『レクリエーションの時間』へ。

この時間は、福原の選んだプレゼント『ペンギンの形をした醤油さし』の抽選会が行われ、「醤油さしの裏にコメントを書いています」とメッセージを伝えた福原とお客様がじゃんけんを行い、勝者7名に直接プレゼントされた。

 

 

 

レクリエーションの時間の後は、会場の皆さんと記念撮影を行い、高校の卒業式に出られない福原へ向けた卒業セレモニーとして、高校生活を振り返るVTRのコーナーへ。

高校生活の一番の思い出に「調理実習でティラミスを作ったこと」を挙げ、3年間で成長したところを 「小さなことで落ち込んだり、悩まなくなって精神的に強くなった」と明かし、「あまり好きじゃなかった自分の声で声優のお仕事をいただいて、そこから自分の声も好きになっていった」と打ち明けたVTRの後は、会場の空気を一変させるライブのコーナーへ。

 

衣裳チェンジし再登場した福原は、最初に1曲歌い終わり、「皆さん、盛り上がる準備はできてますか?すごい!黄色いペンライトの数が1部の公演より増えてる!」とにっこり。「一緒に歌ったり踊ったりしながら、楽しんでもらえるとうれしいです!次は、仕事でかかわった曲をメドレーで」と紹介し、映画『チア☆ダン』の挿入歌、大原櫻子さんの『青い季節』を歌唱。ダンサー2名も加入し、福原もポンポンを使って映画さながらのダンスを魅せた。

次に歌われた『プリキュアのテーマ』では、客席から手拍子も起こり、自身が声優を務めるキュアカスタードのイメージカラーの黄色いボールを客席にプレゼント。続く、ロッテのガム『Fit’s』のCMソング、ももいろクローバーZさんの『走れ!』も、CM同様のダンスパフォーマンスを披露した。

 

 

次曲は、“ありのままの自分でがんばればいいんだよ”という応援ソング、「皆さんの心にちょっとでも届くとうれしいな。この曲で盛り上がっていきましょう!聴いてください『ありのまま』」と曲振りをし、ダンサーと一緒にダンスをしながら、明るくポップな曲を届けた。

 

「こんなに歌うイベントはなく、ずっと緊張していた」と明かした福原。

最後の曲は、「ファンの皆さんに感謝の気持ちを届けたい」と前回のイベントでも歌った『素敵な言葉たち』。

「知ってる方は一緒に歌ってください」と呼びかけると、歌詞の意味を噛みしめるように丁寧に、会場全体に届くようにしっとりと歌い上げた。

 

歌唱後、MCの「せーの!」の合図で、お客様から「卒業おめでとう!!!」の言葉と共に、紙製のフラワーシャワーのサプライズが行われ、福原は、「ありがとうございます!すごーい!」と驚きの表情を浮かべ、「こんなにたくさんの方に集まっていただいて、幸せ者だと思います。今日はお越しいただいてありがとうございました」と感謝の気持ちを伝えた。

 

今回のイベントについて、「高校卒業なので特別なイベントにしたいと思っていた」と話し、「たくさんの方が来てくださって1部では泣いちゃったんですが、皆さんと近くでお話できる機会はそんなにないので、ファンイベントができて本当によかったと思います」と満足そうな笑顔を見せ、高校卒業後は、「仕事1本」と進路を明言し、「女優や声優、歌などいろんなことに挑戦して、大きく大きく成長した姿を見ていただきたいと思っているので、皆さんこれからもよろしくお願いします」と飛躍を誓った。

 

 

(第二部(17:30~)の様子をレポート。回によって内容が異なります)


Categories

Recent Entries

Archives

  • 研音公式オンラインショップ K-SHOP

Twitter

ページトップ
Created by Coosy inc.