Topics トピックス

所属アーティストのニュースを中心に、研音からオフィシャル情報をお届けします。

2018.12.07(金)

『伊藤あさひファーストファンイベント2018』

11月23日(金・祝)に『伊藤あさひファーストファンイベント2018』を開催した。

 

 

オープニング映像後、会場後方の扉から登場し
観客とハイタッチなどしながら会場を練り歩いた伊藤は
「本日はお越し頂きありがとうございます。よろしくお願いします!」と元気良く
挨拶し『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』の舞台挨拶等で
いつもお世話になっていると話す司会の寺迫麿さんを迎えイベントがスタート。

 

まずは近況報告として現在絶賛放送中の
『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』の
話題になり、自身が演じるルパンレッド/夜野魁利の写真が
スクリーンに映し出されると「これは最初に撮影した写真なので1年ぐらい前になります。
周りの方にはこの撮影を通して顔が大人になったとよく言われます」と話し、
夏に公開された劇場版『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film』
が好評だったという寺迫さんの話しを受けて
「人気を絶やさない様に最後まで駆け抜けたいと思います」と意気込みを語った。
また8月に発売された1st写真集『ASAHI』についてオフショットを交えながら振り返り、
「グアムで撮影したのですが、スタッフの皆さんが
撮影しやすいように色々と声をかけてくださり
思わず笑って、笑顔になった写真が沢山掲載されています」とコメント。
髪をオールバックにし、スーツに身を包んで
夕日に照らされながら海でたたずんでいる写真について
「雨季に行ったのですが、撮影中は全て晴れて
綺麗な夕日の中でオールバックにも初挑戦し、僕が提案させて頂いたスーツ姿
で写真を撮りました。撮影はどれもすごく楽しかったのを覚えています」と語った。

 

続いて行われた『あさひくんの喋れま10』のコーナーでは会場で募集した質問の中から
“仕事やプライベートで今後やってみたいこと”について
「ルパンブルー/宵町透真役を務める濱正悟君から1部で
山に一緒に行こうとメッセージを頂いたので、ぜひ山登りをしたいですね」と話し、
“子供の頃はどんな小学生、中学生でしたか”という質問には
「小学生の頃は野球をやっていて、勉強はそこまで好きだとは思わなかったのですが
達成感を感じることは好きでした。
昔は人前に立つことが緊張して苦手だったんです。
中学生になると勉強ばかりしていて、高校受験を頑張ったら
もう勉強はしばらくしなくていいのではという
モチベーションで勉強していました(笑)」とコメントし
会場の笑いを誘い、さらにサプライズでルパンイエロー/早見初美花役を務める
工藤遥さんからメッセージが届いたりと共演者の仲の良さがうかがえた。

 

 

また、「ここからは皆さんに参加して頂きます」という寺迫さんからの説明のもと
『伊藤あさひ マニア王決定戦』と題した、座席に置かれた○×の紙を使用し
スクリーンに出る問題を当てていく参加型のコーナーでは
“好きな色は青である”という問題に「ルパンレッド/夜野魁利のテーマカラーが
赤なので、×です。赤が好きです!」と答え、
“Instagramとツイッターのアイコンは同じものである”
という問題には「正解は×で、どちらも違う画像です。
まだフォローしていない方はぜひフォローしてくださいね!」とコメント。
見事、問題に数多く正解した優勝者に伊藤より
賞状が読み上げられ、日付入りの優勝トロフィーも併せて贈られた。

 

盛り沢山の内容がテンポよく進み、『伊藤あさひとありがチュー』のコーナーでは
3つの箱にそれぞれ、“どこで”“だれと”“何をする”
とシチュエーションが書かれた紙が入っており、
抽選で選ばれた方と即興で、ドライブ中や、キャンパスの中で
バイト仲間や教育実習の先生といった設定でお芝居を行った。
小さな男の子が選ばれた際には“カラオケボックス”で“同級生”と
“喧嘩をした後に仲直りする”という設定に
「可愛くて喧嘩なんてできません(笑)難しいです」と話しつつ
笑顔で掛け合いを楽しんだ。

 

 

盛り上がりを見せる中、「いつかファンの皆さんにグアムへ行った時の
お土産を渡せる機会があればいいなと思って用意していました」と
ファンイベントの開催が決まる前から、
準備していたというプレゼントも含まれたジャンケン大会が行われ、
「このイベントを開催することができて、
プレゼントすることができて嬉しいです」と感慨深げに話し、
続けて「皆さん一緒に集合写真を撮りましょう!」という掛け声のもと
会場全員で記念撮影を行った後フォトタイムも設けられ、
客席に向けてプロップスを持った伊藤が会場を見渡しながら
丁寧に撮影に応じた。

 

 

一旦ステージを離れ、グアムでの映像が流れる中
再び登場した伊藤は「実は今日のためにピアノを練習しました。
来てくださった皆さんに、明日からまた頑張ろうと思ってほしくて
撮影の合間をぬって今日まで練習したので
ぜひ温かく見守って頂けたら嬉しいです」と話し、
真剣かつ慎重にピアノを弾く姿に会場が温かい拍手で包まれる中、ほっとした様子で
「緊張しましたが無事に弾くことができてよかったです。
何か伝わるものがあれば嬉しいです」と述べ、
最後に「すごく楽しい1日でした。
皆さんから沢山のパワーを頂いたので明日からも頑張れます。
本当にありがとうございました。
また次回イベントが出来るようにこれからも頑張ります」
と笑顔で感謝の言葉を送った。
さらに終演後は、1人1人しっかりと目を合わせコミュニケーションをとりながら
握手会を行い、イベントは大盛況のうちに幕を閉じた。

 

(第三部(18:30〜)の様子をレポート。回によって内容が異なります。)

 

 


2018.11.12(月)

古川雄大 オフィシャルファンクラブイベント

 10月12日(金)に古川雄大がオフィシャルファンクラブイベントを開催した。

 

 

 
カウントダウン映像が流れ、颯爽と登場する古川に歓声が沸く中、
「皆さんこんばんは。本日はお集まり頂きましてありがとうございます。
ファンクラブイベントの夜公演になります。
昼公演はありがたいことにとても盛り上がったので、
夜公演も負けないぐらい皆さんが楽しんで頂けたらと思います!」と挨拶し、
司会のYumiさんが迎えられイベントがスタート。
 
イベント開始前にストレッチをしていたという古川。
「ストレッチをして身体を温めていました。舞台の際も
発声、ストレッチを入念に行って本番に挑みます」と話し、
「本番前は緊張されますか?」と質問されると
「今日は皆さんとの距離が近く緊張しています(笑)
沢山の方を前にすると自然と肩に力が入るので、
緊張をほぐすために最近は呼吸法なども取り入れています」
と呼吸法を即座に行う古川の姿に会場は温かい笑いに包まれた。
 
まずは近況報告として主演のヴォルフガング役を務めた
ミュージカル『モーツァルト!』の話題になり、
古川が“才能の化身・アマデ”に背を向けながら笑顔を見せる写真が
画面に映し出されると、「これは本番前のゲネ写真で
本来は椅子に座らなければいけなかったのですが
うまく座れずに思わず笑顔になってしまった写真です。
ゲネでは少し力を抜いて大丈夫と言われたのですが
役柄的にどのようにして力を抜いていいのかが分からず、
全力でやったがためにこうなってしまいました(笑)ですが、
そのおかげでリラックスして本番に挑むことができました」と振り返り、
自身初の帝国劇場での主演について
「まさか自分が主演として帝国劇場に立つことができるとは思っていませんでしたが
あまり気負わずに自由に楽しみながら演じさせて頂きました」
と思いを語った。
 
またオフショットとしてパンケーキを前にした写真や手羽先を持った写真なども
公開され、さらに現在上演中のミュージカル『マリー・アントワネット』での
美しい衣装に身を包んだフェルセン伯爵姿に
「どのように演じたらマリー・アントワネットの救世主になれるのかを考えながら
役作りをしました。衣装はかなり力を入れてくださり
実は採寸を3回ほど行いました。動きやすさと美しく見えるかを重点的に
色々な方々の意見をもとに仕上がりました」と裏話も。
 
続いて『聞いてよ!古川くん』のコーナーでは観客が携帯を使用し、
その場で古川の持つタブレットに質問を送り、沢山の質問の中から
“自分がかっこいいと思える瞬間は”という質問に
「かっこいいと思える時期は過ぎました(笑)」と照れながらも
「舞台では120%の気合いでやっているので
自然と輝いていたらいいなと思います」と述べ、
“自炊していますか?”との質問に
「ちょうど一昨日、久しぶりに自炊をしました。
ホワイトシチューを作ったのですが前回ブロッコリーをそのまま入れてしまい
緑のシチューになってしまったので、今回は最後にトッピングとして入れました。
すごく美味しくできたので、僕のことを普段から心配している母親に
『シチューを作ったよ』とメールで報告したら
『生クリームを入れないと』というダメ出しがきてしまい(笑)
次回は生クリームを入れたシチューを作ってみたいと思っています」とエピソードを披露。
さらに、自ら選んだというプレゼントコーナーでは、
当選者の方がいる客席に古川が賞品を持って
祝福するなど、会場との掛け合いを楽しんだ。

 

 

 


イベントは後半に突入し、「ここからはスペシャルミニライブを
エレガントで豪華な編成でお届けしたいと思います」と
自身の楽曲『SUNDAY』『Burning Question』を披露し会場の熱気が増す中、
続けて、ミュージカル『モーツァルト!』より『僕こそ音楽』、
そして『アイヲステテ』を歌い上げると会場のボルテージも最高潮に。
古川は「前半はトークを中心に、そして後半はミニライブで
皆さんと共に楽しい時間を過ごせて幸せです」と喜びの表情を見せ、
最後の楽曲『日日草』では音楽に合わせて会場全体で手を左右に振り、
リズムに乗る中、その伸びやかな歌声に観客は魅了された。

 


 
イベントの最後に「今日という楽しい時間を過ごせたのも皆さんのおかげです。
現在出演させて頂いているミュージカル『マリー・アントワネット』では
フェルセン伯爵を全力で演じ、皆さんに最高の作品を届けるために
頑張っています。
12月25日には10周年のアニバーサリーライブ
Yuta Furukawa 10th Anniversary Live [ 2008 - 2018 ]を行います。
お越し頂いた方には絶対後悔させないという自信がありますので、
皆様ぜひ足をお運び頂けたら嬉しいです。
また、皆さんにお会いできる機会をもっともっと作っていきたい
と思っているので、お会いできるのを楽しみにしています。
この後お見送りがあるので
一人一人目を合わせて感謝の気持ちを伝えたいと思います。
本当にありがとうございました」と感謝の気持ちを伝え、
イベントは大盛況のうちに幕を閉じた。
 
(夜の部(18:00〜)の様子をレポート。回によって内容が異なります。)

 


2018.10.24(水)

『瀬戸利樹ファーストファンイベント2018』

10月8日(月・祝)に『瀬戸利樹ファーストファンイベント2018』を開催した。

 


「皆さん、こんばんは!」と1部、2部とは異なるカジュアルなファッションに
身を包んだ瀬戸が登場し、壇上から降りて観客とハイタッチなどしながら
会場を一周。ここで打合せではなかったという“天の声”と題したスタッフからの
「1、2回目と違った趣向で3部はやりたいと思い、色々と指示をしていきたいと思います」
という突然の呼びかけに驚く中、司会の石井元気さんが続けて登場すると
「不安だったのですが、安心しました!」
と安堵の表情を浮かべる瀬戸に会場が温かい笑いに包まれる中、イベントがスタート。

 

 

まず最初は、どうしてもやりたかったと話す目隠しをしながら
箱の中身を当てる『箱の中身は何ですか?』コーナー。
「何だろう、怖いですね」となかなか箱に手を入れられない瀬戸に
「頑張れ」と声援が送られる中、見事箱の中身の“かつら”を当て喜びの表情を見せた瀬戸。
続いての『瀬戸Famに聞きました』(瀬戸Fam=瀬戸を応援してくださるファンの方々)
のコーナーでは事前に集計したアンケート結果のベスト3を元にトークを進め、
“瀬戸の一番好きな所”というアンケートに
「皆さんが思う僕の好きな所は、目ではないでしょうか?」と予想。
第3位全部、第2位目、第1位顔、笑顔という思わぬ結果に照れながらも
「自分の笑顔があまり好きではなかったのですが、笑顔が好きと言ってくださったことが
嬉しいですし、少し自信を持とうと思いました」と笑顔を見せた。
 
また“瀬戸が似合いそうな色”というアンケートには「青ではないでしょうか?」
と自信をのぞかせ第3位水色、第2位ピンク、そして第1位が青と、見事1位を当てた瀬戸は
「これは出演させて頂いていた『仮面ライダーエグゼイド』鏡飛彩/仮面ライダーブレイブ役
のキャラクターカラーが青だったので、その印象があるのかなと思いました。
ピンクは普段着る機会がなかなかないのですが、もっと私服などに取り入れてみたいと
思います」とコメント。
 
『瀬戸とイケメンにらめっこ』企画では、抽選で選ばれた方を
檀上に招いて瀬戸が凛とした表情で相手を笑わすという対決に
「頑張ります!」と意気込むも結果は惨敗。
勝利した方に瀬戸からバックハグがプレゼントされ、さらには
“天の声”からのメッセージを添えてバックハグ、ものまねをしながらバックハグという
様々な指示にも真剣に応え、またその距離の近さに会場から歓声が沸いた。
盛り沢山の内容がテンポよく進み、
『質問コーナー』に続いて、『I’mとしき』コーナーでは
「大好きなコーナーのひとつです。普段、研音Messageというモバイルサイトで、
キュンキュンするような動画や
ファンの皆さんに感謝の気持ちを伝える企画を掲載させて頂いているのですが、
今日は皆さんと共にリアルタイムでやっていきたいと思います」と説明。
4つの箱にはそれぞれ、“どこで”“だれと”“どうして”“プラスワン”
とシチュエーションが書かれた紙が入っており、
抽選で選ばれた方と即興で横断歩道や通学中の電車内でのシチュエーションという設定で
お芝居を行った。

 


盛り上がりを見せる中、プレゼント抽選会では
「このイベントで生写真を発売したのですがその撮影の際に使用したキャップです!
ロゴが可愛いので僕も欲しいですね」と話すピンクのキャップ、
そして「心を込めて書いたので、ぜひ読んで欲しいです」と
直筆の手紙が贈られ、続いて「皆さん一緒に集合写真を撮りましょう!」
という掛け声のもと会場全員で記念撮影が行われた。さらにフォトタイムも設けられ、
客席に向けて様々なポーズをしながら撮影に応じ、観客からの要望にも丁寧に応えた
瀬戸が「ここからは僕にとって大事な歌を1曲披露させて頂きます。
ぜひ聴いてください」と話したところで、10月7日に23歳の誕生日を迎えた瀬戸に
サプライズで大きなバースデーケーキが登場。
会場全員からのバースデーソングのプレゼントに
「ありがとうございます。感無量です。
沢山の方にお祝いされて本当に嬉しいです」と感謝の言葉を述べ
会場が温かい雰囲気となる中、生歌を披露。
「もう1曲いいですか?」と急遽、2曲目が披露され、
1人1人の表情を見ながら、気持ちを込めて歌う姿に会場の熱気は最高潮に達した。


 


満面の笑顔を見せた瀬戸は最後に「もう終わってしまいますね。
あっという間に過ぎてしまう時間の中で
もっとちゃんと皆さんの顔をじっくり見たいと思いました。
こうやって来て頂けるのはありがたいですし、いつも頑張る糧になっています。
来年もまたこのようなイベントが出来たら嬉しいです。
本日は本当にありがとうございました!」とメッセージを送り、
さらに終演後は瀬戸自ら集まった観客の方々をお見送りし、
イベントは大盛況のうちに幕を閉じた。
 
(第三部(18:00〜)の様子をレポート。回によって内容が異なります。)

 


2018.10.03(水)

『福士蒼汰ファンイベント2018』

9月17日(月・祝)に『福士蒼汰ファンイベント2018』を開催した。

 


暗転しカウントダウン映像が流れる中、音楽と共に
颯爽と登場した福士が早速客席に降りて集まったファンの方々と
ハイタッチを交わすとたちまち大歓声が起こり
「お久しぶりです!ついにこの日がやってきました。
約1年半ぶりのイベントとなるのですが
皆さんと共にこのような時間を持つことができて嬉しく思います」と挨拶。
4回目の共演となる司会の古家正亨さんが迎えられ
リラックスムードの中、イベントはスタートした。
 
この日のイベントのテーマは“超参加型MAX”と題され
古家さんからの「これからのテーマひとつひとつ、ぜひ注目してくださいね」と
いう説明に盛り上がりを見せる中、
まずは近況報告として、この日発表となった5年ぶりとなる写真集発売の話題に。
福士が「今回ロサンゼルスで撮影しました。そこで生活をしているかのような
ナチュラルな姿や、少しセクシーな大人の表情など
25歳の今を見ることができるのではないかと思います」と見どころを語ると、
スクリーンには写真集の一部が紹介され、黄色いパンツ姿でたたずむ写真に
「写真集撮影のために衣装合わせを事前にしたのですが
その際にスタイリストさんが黄色いパンツを用意してくださって。
最初、このパンツを穿きこなすことができるのかなと不安もあったのですが、
ロサンゼルスの雰囲気にすごく合っていて
格好よく撮影して頂きました」と振り返り、
続いてオフショットが公開され、
目玉焼きをのせた皿を持っている姿に
古家さんから「なんだか目玉焼きがつぶれていませんか?」と突っ込みが入り
「そうなんです。目玉焼きを作ろうとしたのですが
卵をフライパンに落とす位置が分からず、
手を高く上げて落としたら、こうなってしまいました(笑)」と
苦笑いを浮かべると、会場は笑いに包まれた。

 

 

 

10月26日に公開となる映画『旅猫リポート』について
「僕自分が演じる宮脇悟と猫のナナとの物語なのですが、
本当におすすめしたい映画ですし、自分の出演作としては、この映画で初めて泣きました。
普段、自分が出演させて頂いている作品は客観的に
観れないことが多いのですが、この映画は自然と涙が出てきました。
ナナとの撮影も楽しかったですし、とにかく可愛かったです。癒やされました」と
撮影を振り返る中、続いて福士が客席を旅して会場の皆さんにインタビューし、
リポートする『リアル旅猫リポート』コーナーに。
福士は「どこからいらっしゃいましたか?」「どの作品が好きですか?」
と会話を楽しみながら1階から2階までゆっくりと会場を周り
「色々な作品をきっかけに、イベントに足を運んでくださったり、
このイベントで友達になる方々もいて嬉しいですね」と喜びの表情を見せた。
 
続いて行われた『LINEデート』コーナーでは
抽選で選ばれた1名と実際にLINEをし、その文章が画面に映し出されるという企画に
「緊張しますね!そしてこの近い距離でLINEをするのが
なんだか恥ずかしいです」と話す中、お気に入りの絵文字などを入れながらLINEを
するなど普段の姿を垣間見ることができ、
『蒼汰を探せ』コーナーでは、
写真集のメイキング映像上映後、抽選で選ばれた方が檀上に招かれ、
福士のお面をかぶる複数の男性陣と
猫とパンダの着ぐるみの中から福士を当てるという今までにない企画に会場が沸く中、
猫の着ぐるみ姿が福士だと言い当てられると
「最初、見つからないようにいかに動かないかを心がけていたのですが
なかなか気づかれないので自分から
色々と動いてしまいました(笑) 着ぐるみ楽しいですね」と満足げな様子。

 

 


盛り沢山の企画の中、サイン入りポスターをプレゼントする大抽選会が行われた後は
撮影タイムが設けられ、様々なポーズをしながら撮影に応じ
更には福士が自ら会場を周り観客の方々と撮影をし
「できるだけ皆さんと撮りたいです。まだ行っていない席にも
行くので待っていてくださいね。
あれ、(自分が)写ってない。難しいな」など
試行錯誤しながら交流を楽しんだ。

 

 

 

また、生歌も披露され会場の熱気も最高潮に達し、最後に
「今までのイベント以上に皆さんとの距離が近くて楽しかったです。
会場を周って写真を撮ったり、皆さんの声を直接聞いたりすることができて
とても新鮮でいい時間を過ごさせていただきました。
僕自分は今年25歳になり、今以上に成長したいという気持ちのもと
自分なりの姿を模索しています。
色々な形で皆さんにお届けできるように頑張っていきますので
これからもよろしくお願いします。今日は本当にありがとうございました!」
と笑顔で感謝の言葉を述べ、イベントは大盛況の内に幕を閉じた。
 
(第一部(13:30〜)の様子をレポート。回によって内容が異なります。)

 

 


Categories

Recent Entries

Archives

  • 研音公式オンラインショップ K-SHOP

Twitter

ページトップ
Created by Coosy inc.