Topics トピックス

所属アーティストのニュースを中心に、研音からオフィシャル情報をお届けします。

2019.01.29(火)

『MEN ON STYLE 2018 6+Special ONE ラッキーセブンっす‼』

2018年12月28日(金)、29日(土)に竜星涼、瀬戸利樹、山本涼介、市川知宏、
入江甚儀、上杉柊平、そして山崎育三郎によるイベント
『MEN ON STYLE 2018 6+Special ONE ラッキーセブンっす‼』を開催した。

 

 

 

本イベントは2012年より開催され今年で7回目となる
ダンスや歌、トークなどの様々なパフォーマンスを披露する年に1度の
スペシャルイベントでオープニング映像と共にブラックスーツを身にまとった
上杉、入江、市川、山本、瀬戸、竜星の6人が
1人ずつ登場し竜星による「みんな盛り上がっていこう!」という掛け声と共に
『We are』を披露すると会場は一気に盛り上がりを見せた。

 

 

「皆さんこんにちは市川知宏です。
 皆さん声出せますか?最後まで盛り上がっていきましょう!」

 

「こんにちは上杉柊平です。盛り上がる準備はできていますか?」

 

「瀬戸利樹です!こんにちは。今日はよろしくお願いします!」

 

「皆さんこんにちは入江甚儀です。今日は楽しんでいきましょう!」

 

「山本涼介です。皆さん今日は楽しむぞ!よろしくお願いします!」

 

「皆さんこんにちは、竜星涼です。よろしくお願いします!」と各自挨拶をし、
会場とのコール&レスポンスを楽しむ中、今回から市川に変わってリーダーを務める
山本が「『MEN ON STYLE』もありがたいことに今年で7回目になりました!
タイトルにもある通りラッキーセブンなのですが、
皆さん気づきましたか?この舞台には6人しかいません」と会場に呼びかけると
竜星より「今年はタイトルが『6+Special ONEラッキーセブンっす‼』ということで
スペシャルな方を呼んでいます。まずはこちらをご覧ください」と
竜星が山崎にイベントへの出演交渉をするというミニドラマ仕立ての映像が
映し出され、その掛け合いに笑いが起こる中、颯爽と山崎が登場し
『I LAND』を披露。「皆さんこんにちは。山崎育三郎です。
本日が最終日ですので、盛り上がっていきましょう!」と次に披露した
『バッチ濃い青春!』では7人息の合ったダンスで観客を魅了した。

 

 

山崎は「この後、ミュージカルのようなことをこのメンバーと共に演じますので
先に準備しますね!」と一旦舞台を後にし、続いてのコーナーでは
MCを担当する市川が「ここからは皆さんより事前に頂いた質問の中から
みんなで答えていきたいと思います」と説明し、質問コーナーがスタート。


「6人を動物に例えるならば」という質問に、意見を出し合いながら
上杉はきつね、入江は犬などそれぞれの雰囲気に合った動物を答え、
「年越しの過ごし方」については竜星が
「年越しはテレビを観ながら過ごし、朝はお雑煮を食べます」とコメント。
また「6人の中で一番よく食べる人」という質問には
最近6人で食事に行ったという話も交えながら結果は市川に。
テンポの良い会話に仲の良さがうかがえ、
次の『チーム対抗ゲーム大会』では、6人と観客を2つのチームに分けて
各メンバーのプライベートな情報をクイズ形式で出題。
最後まで残った人数が多いチームが優勝という○×カルトクイズが行われ、
チーム竜星(市川・竜星・上杉)とチーム瀬戸(入江・山本・瀬戸)がそれぞれ

 

市川:右の鎖骨にほくろがある⇒○
入江:僕の腹筋は8つに割れている⇒× 正解は6つ
上杉:俳優というお仕事を始めて一番最初に共演した若手俳優は竜星涼である⇒○
竜星が主演を務めた映画「シマウマ」で共演
山本:僕が初めて会った芸能人は市川くんである⇒○
竜星:上杉が一番よく頼むお寿司はサバ⇒× 正解はアジ
瀬戸:僕は生涯で水泳をやっていたことがあるか⇒○
と出題し、結果は竜星チームの勝利となった。

 

次のコーナーへ進む前に、
顔合わせから本番直前までのリハーサルメイキングVTRが流れ
それぞれの真剣な表情がうかがえる中、
続いては『さぶ子のシンデレラストーリー』と題し、
女性に扮した山崎が竜星演じる王子とハッピーエンドを
迎えるまでの物語を入江が義理母、山本と瀬戸が義理姉妹、
上杉が王子、市川がダンス講師といった個性豊かな役柄になりきった7人が
ミュージカルを上演。
コミカルな演技や真剣な表情に会場が惹きこまれ、
山崎がリリースしたカバーアルバムより
ダンスを交えながら歌声を披露したりと豪華な演出が続く中
終盤には山崎と竜星の貴重なデュエットとなる『美女と野獣』も披露し
会場から大きな拍手が沸き起こった。

 

 

暗転後、6人がお揃いのカラフルな色がちりばめられた衣装で登場し、
山本は「皆さんいかがでしたか?
僕達もこのようなミュージカルをするのは初めてでした」と話し、
竜星は「楽しかったですね。育三郎さんがいてくださったからこそ
このようなミュージカルを皆さんに届けることができました。
本当に感謝しています」と喜びを見せた。
上杉は「僕達、後輩のために山崎さんが参加してくださり
皆さんと一緒に盛り上がることができたことを
感謝しながらこれからも頑張っていこうと改めて思いました。
こんな楽しい時間ももう終わりになってしまいます。
それでは、聴いてください」とメッセージを送り、
最後の曲『君色パレット』を丁寧に歌い上げた。

 

 

会場の熱いアンコールと共に
それぞれのカラーTシャツに着替えた6人は
各扉から再び登場し、『Men on style』を笑顔で観客との
コミュニケーションを楽しみながら歌い山崎も再登場。
山崎によるソロステージを披露し、
その迫力のある歌声に会場から長い拍手が送られた。
山崎は「2018年は自分自身にとって、とても楽しい1年になりました。
こうやって応援してくださる皆さんがいるからこそ僕達は舞台に立てていますし、
このような感謝を伝える場があるというのは素晴らしいなと思いました。
これからもこの魅力的な6人をよろしくお願いします。
僕自身も2019年を頑張っていきたいと思います」と感謝を述べ、
「ここからは今日の記念に撮影タイムです!」と
撮影タイムが設けられ、全員が様々なポーズで撮影に応じた後
山本と瀬戸から「あっという間ですね。次の曲が本当に最後になってしまいます。
最後は皆さんと歌って踊りたいと思います!一緒に盛り上がっていきましょう!」と
呼びかけ『バッチ濃い青春!』を歌い上げると会場のボルテージは最高潮に達した。

 

興奮冷めやらぬ中、
上杉「皆さん今日はありがとうございました。
いつも最後にこの場所へ立たせて頂くと最高の気分だと感じます。
それは一緒に盛り上げてくださる皆さんのおかげで
こうして開催できていることも当たり前と思ってはいけないなと毎回思います。
今この6人で皆さんの前に立てていること、すごく幸せです。
来年も1日1日大切にまっすぐに過ごしていこうと思います。
応援してください。今日はありがとうございました」

 

入江「みんないい笑顔していますね。本当にありがとうございます。
皆さんの笑顔にいつも助けられています。
こうやって会場に足を運んで頂き、『今日何を着ようかな』と考えたり
うちわを作ったりと貴重な時間を僕達のために使ってくださる
その1つ1つが僕達の支えになっています。
いつもありがとうございます。来年も皆さんを楽しませていけるように
期待以上のことをしていきたいと思います。
楽しみにして頂けたらと思います。今日は本当にありがとうございました」

 

市川「今回7年目ということで
今回、リーダーから出世して終身名誉会長に出世しました。
無事に7年続けられたのも本当に皆さん1人1人の応援してくださる気持ちが
あったからこそだと思います。本当にありがとうございます。
応援してくださる気持ちに応えていけるよう
僕達ももっともっと色々なものを届けることができるように
頑張っていきますので応援して頂けたら嬉しいです。
沢山の声援、応援ありがとうございました」

 

山本「本日はお越し頂きありがとうございました。
楽しんでいただけましたか?このイベントも7周年ということで
僕も高校2年生の頃から全て参加させて頂いているのですが
こうやって毎年、参加できるということは当たり前ではないですし
皆さんの応援であったり事務所のスタッフさん達や家族の支えがあるから
こそだと思っています。
本当に皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。
2019年は年男なので、もっともっと皆さんの前に立てるよう頑張りますので
これからも応援をお願いします」

 

瀬戸「今日はお越し頂きありがとうございます。
皆さん今日はいかがでしたでしょうか?
僕は少しネガティブ思考なところがありまして
本当にこうやってイベントに来て頂く皆さんが温かくて
その声援が自信に繋がっています。ありがとうございます。
こうやって皆さんが来てくださることを当たり前に思わずに
ひとつひとつ噛みしめて心に沁み込ませながら最後の公演も
楽しみたいと思います。
この公演で終わりの方はまた来年ありましたらぜひ会いましょう!
本当にありがとうございました」

 

竜星「皆さん楽しんでいただけましたか?
こうして7回もイベントが開催できたことは本当に皆様のおかげです。
ありがとうございます。
このようなイベントがあるからこそ、6人が久々に顔を揃えることができ
皆さんにもお会いできて楽しんで1年を終えることができるので
なんて素敵なイベントなんだろうと思います。
今日は本当にありがとうございました」
と1人ずつ感謝の言葉を述べ、大盛況の内にイベントは幕を閉じた。

 

(12月29 日(土)12時30分の回をレポート。回によって内容が異なります。)

 


2019.01.26(土)

伊藤あさひ『伊藤あさひカレンダー2019.04-2020.03』発売記念イベント

伊藤あさひが1月19日(土)に『伊藤あさひカレンダー2019.04-2020.03』
の発売記念イベントを開催した。

 

 

 

現在放送中のスーパー戦隊シリーズ
「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」に
ルパンレッド/夜野魁利役で出演中の伊藤あさひが大好評発売中の
ファースト写真集に続いて、2019年のカレンダーも発売。
かわいらしい表情を捉えた白ニットのカットやスタイリッシュで
色気溢れるモノクロカットなど、等身大の表情から大人びた雰囲気まで、
このカレンダーのために撮り下ろされた写真も掲載。
ファースト写真集「ASAHI」の未収録フォトも収録しており、
伊藤あさひの多面的な魅力を存分に堪能できる1冊となっている。

 

 

 

この日、イベント前に行われた会見に登場した伊藤は、
完成した自身初のカレンダーについて
「ファースト写真集と同じスタッフさんと一緒に撮影ができて
すごくお洒落な作品になっています。
今回、表紙が白い甘めな伊藤あさひで、裏表紙が
クールな黒い(モノトーンの)伊藤あさひになっていてその対比が面白く、
また自分のふり幅を最大限に活かせたカレンダーになったのではと
思います」と自信をのぞかせ、
お気に入りは2月の白ニットで撮影をした写真とのことで
「どれもお気に入りだったのですが、2月は今しか出せない可愛さというか、
甘さが全部詰まっていて、スタッフさんからも好評でした。
白ニットを着て、王道のシチュエーションをしながらの撮影は
僕自身もすごく楽しかったので、選ばせて頂きました」
と撮影を振り返った。

 

またイベント当日に19歳の誕生日を迎え、
サプライズでバースデーケーキが登場し、喜びを見せた伊藤は
「深夜0時に普段なかなか連絡をとらない人からも連絡が
きて嬉しかったのですが、ルパパトの人から1人もきてなくて(笑)
それはちょっとおかしいと思うので、帰ったら自分から連絡しようと思います」
と笑いを誘う場面も。

 

今後の抱負を「18歳はルパンレッド/夜野魁利役として出演させて
頂いたことが自信に繋がり、成長を実感できた1年だったので19歳も
この自信と成長を活かして行動できる1年にしたいですし、
これからもドラマや映画に積極的に出演していきたいと思っています」と力強く語り、
次に挑戦してみたい役柄については「学園ものや朝ドラに出演してみたいです
でもどんな役でも一生懸命やりたいですし、
伊藤あさひでないとダメだと思って頂けるように演じたいです」とコメント。
会見の最後には、スーパー戦隊シリーズ
「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」が
まもなく最終回を迎えるにあたり、「ここからはハンカチが手放せないような
展開になっていくと思います。
集大成となるので、本当に見逃さずに僕達の成長を観て頂けたらと思います」
と視聴者にメッセージを送った。

 

 


2018.12.07(金)

『伊藤あさひファーストファンイベント2018』

11月23日(金・祝)に『伊藤あさひファーストファンイベント2018』を開催した。

 

 

オープニング映像後、会場後方の扉から登場し
観客とハイタッチなどしながら会場を練り歩いた伊藤は
「本日はお越し頂きありがとうございます。よろしくお願いします!」と元気良く
挨拶し『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』の舞台挨拶等で
いつもお世話になっていると話す司会の寺迫麿さんを迎えイベントがスタート。

 

まずは近況報告として現在絶賛放送中の
『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』の
話題になり、自身が演じるルパンレッド/夜野魁利の写真が
スクリーンに映し出されると「これは最初に撮影した写真なので1年ぐらい前になります。
周りの方にはこの撮影を通して顔が大人になったとよく言われます」と話し、
夏に公開された劇場版『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film』
が好評だったという寺迫さんの話しを受けて
「人気を絶やさない様に最後まで駆け抜けたいと思います」と意気込みを語った。
また8月に発売された1st写真集『ASAHI』についてオフショットを交えながら振り返り、
「グアムで撮影したのですが、スタッフの皆さんが
撮影しやすいように色々と声をかけてくださり
思わず笑って、笑顔になった写真が沢山掲載されています」とコメント。
髪をオールバックにし、スーツに身を包んで
夕日に照らされながら海でたたずんでいる写真について
「雨季に行ったのですが、撮影中は全て晴れて
綺麗な夕日の中でオールバックにも初挑戦し、僕が提案させて頂いたスーツ姿
で写真を撮りました。撮影はどれもすごく楽しかったのを覚えています」と語った。

 

続いて行われた『あさひくんの喋れま10』のコーナーでは会場で募集した質問の中から
“仕事やプライベートで今後やってみたいこと”について
「ルパンブルー/宵町透真役を務める濱正悟君から1部で
山に一緒に行こうとメッセージを頂いたので、ぜひ山登りをしたいですね」と話し、
“子供の頃はどんな小学生、中学生でしたか”という質問には
「小学生の頃は野球をやっていて、勉強はそこまで好きだとは思わなかったのですが
達成感を感じることは好きでした。
昔は人前に立つことが緊張して苦手だったんです。
中学生になると勉強ばかりしていて、高校受験を頑張ったら
もう勉強はしばらくしなくていいのではという
モチベーションで勉強していました(笑)」とコメントし
会場の笑いを誘い、さらにサプライズでルパンイエロー/早見初美花役を務める
工藤遥さんからメッセージが届いたりと共演者の仲の良さがうかがえた。

 

 

また、「ここからは皆さんに参加して頂きます」という寺迫さんからの説明のもと
『伊藤あさひ マニア王決定戦』と題した、座席に置かれた○×の紙を使用し
スクリーンに出る問題を当てていく参加型のコーナーでは
“好きな色は青である”という問題に「ルパンレッド/夜野魁利のテーマカラーが
赤なので、×です。赤が好きです!」と答え、
“Instagramとツイッターのアイコンは同じものである”
という問題には「正解は×で、どちらも違う画像です。
まだフォローしていない方はぜひフォローしてくださいね!」とコメント。
見事、問題に数多く正解した優勝者に伊藤より
賞状が読み上げられ、日付入りの優勝トロフィーも併せて贈られた。

 

盛り沢山の内容がテンポよく進み、『伊藤あさひとありがチュー』のコーナーでは
3つの箱にそれぞれ、“どこで”“だれと”“何をする”
とシチュエーションが書かれた紙が入っており、
抽選で選ばれた方と即興で、ドライブ中や、キャンパスの中で
バイト仲間や教育実習の先生といった設定でお芝居を行った。
小さな男の子が選ばれた際には“カラオケボックス”で“同級生”と
“喧嘩をした後に仲直りする”という設定に
「可愛くて喧嘩なんてできません(笑)難しいです」と話しつつ
笑顔で掛け合いを楽しんだ。

 

 

盛り上がりを見せる中、「いつかファンの皆さんにグアムへ行った時の
お土産を渡せる機会があればいいなと思って用意していました」と
ファンイベントの開催が決まる前から、
準備していたというプレゼントも含まれたジャンケン大会が行われ、
「このイベントを開催することができて、
プレゼントすることができて嬉しいです」と感慨深げに話し、
続けて「皆さん一緒に集合写真を撮りましょう!」という掛け声のもと
会場全員で記念撮影を行った後フォトタイムも設けられ、
客席に向けてプロップスを持った伊藤が会場を見渡しながら
丁寧に撮影に応じた。

 

 

一旦ステージを離れ、グアムでの映像が流れる中
再び登場した伊藤は「実は今日のためにピアノを練習しました。
来てくださった皆さんに、明日からまた頑張ろうと思ってほしくて
撮影の合間をぬって今日まで練習したので
ぜひ温かく見守って頂けたら嬉しいです」と話し、
真剣かつ慎重にピアノを弾く姿に会場が温かい拍手で包まれる中、ほっとした様子で
「緊張しましたが無事に弾くことができてよかったです。
何か伝わるものがあれば嬉しいです」と述べ、
最後に「すごく楽しい1日でした。
皆さんから沢山のパワーを頂いたので明日からも頑張れます。
本当にありがとうございました。
また次回イベントが出来るようにこれからも頑張ります」
と笑顔で感謝の言葉を送った。
さらに終演後は、1人1人しっかりと目を合わせコミュニケーションをとりながら
握手会を行い、イベントは大盛況のうちに幕を閉じた。

 

(第三部(18:30〜)の様子をレポート。回によって内容が異なります。)

 

 


2018.11.12(月)

古川雄大 オフィシャルファンクラブイベント

 10月12日(金)に古川雄大がオフィシャルファンクラブイベントを開催した。

 

 

 
カウントダウン映像が流れ、颯爽と登場する古川に歓声が沸く中、
「皆さんこんばんは。本日はお集まり頂きましてありがとうございます。
ファンクラブイベントの夜公演になります。
昼公演はありがたいことにとても盛り上がったので、
夜公演も負けないぐらい皆さんが楽しんで頂けたらと思います!」と挨拶し、
司会のYumiさんが迎えられイベントがスタート。
 
イベント開始前にストレッチをしていたという古川。
「ストレッチをして身体を温めていました。舞台の際も
発声、ストレッチを入念に行って本番に挑みます」と話し、
「本番前は緊張されますか?」と質問されると
「今日は皆さんとの距離が近く緊張しています(笑)
沢山の方を前にすると自然と肩に力が入るので、
緊張をほぐすために最近は呼吸法なども取り入れています」
と呼吸法を即座に行う古川の姿に会場は温かい笑いに包まれた。
 
まずは近況報告として主演のヴォルフガング役を務めた
ミュージカル『モーツァルト!』の話題になり、
古川が“才能の化身・アマデ”に背を向けながら笑顔を見せる写真が
画面に映し出されると、「これは本番前のゲネ写真で
本来は椅子に座らなければいけなかったのですが
うまく座れずに思わず笑顔になってしまった写真です。
ゲネでは少し力を抜いて大丈夫と言われたのですが
役柄的にどのようにして力を抜いていいのかが分からず、
全力でやったがためにこうなってしまいました(笑)ですが、
そのおかげでリラックスして本番に挑むことができました」と振り返り、
自身初の帝国劇場での主演について
「まさか自分が主演として帝国劇場に立つことができるとは思っていませんでしたが
あまり気負わずに自由に楽しみながら演じさせて頂きました」
と思いを語った。
 
またオフショットとしてパンケーキを前にした写真や手羽先を持った写真なども
公開され、さらに現在上演中のミュージカル『マリー・アントワネット』での
美しい衣装に身を包んだフェルセン伯爵姿に
「どのように演じたらマリー・アントワネットの救世主になれるのかを考えながら
役作りをしました。衣装はかなり力を入れてくださり
実は採寸を3回ほど行いました。動きやすさと美しく見えるかを重点的に
色々な方々の意見をもとに仕上がりました」と裏話も。
 
続いて『聞いてよ!古川くん』のコーナーでは観客が携帯を使用し、
その場で古川の持つタブレットに質問を送り、沢山の質問の中から
“自分がかっこいいと思える瞬間は”という質問に
「かっこいいと思える時期は過ぎました(笑)」と照れながらも
「舞台では120%の気合いでやっているので
自然と輝いていたらいいなと思います」と述べ、
“自炊していますか?”との質問に
「ちょうど一昨日、久しぶりに自炊をしました。
ホワイトシチューを作ったのですが前回ブロッコリーをそのまま入れてしまい
緑のシチューになってしまったので、今回は最後にトッピングとして入れました。
すごく美味しくできたので、僕のことを普段から心配している母親に
『シチューを作ったよ』とメールで報告したら
『生クリームを入れないと』というダメ出しがきてしまい(笑)
次回は生クリームを入れたシチューを作ってみたいと思っています」とエピソードを披露。
さらに、自ら選んだというプレゼントコーナーでは、
当選者の方がいる客席に古川が賞品を持って
祝福するなど、会場との掛け合いを楽しんだ。

 

 

 


イベントは後半に突入し、「ここからはスペシャルミニライブを
エレガントで豪華な編成でお届けしたいと思います」と
自身の楽曲『SUNDAY』『Burning Question』を披露し会場の熱気が増す中、
続けて、ミュージカル『モーツァルト!』より『僕こそ音楽』、
そして『アイヲステテ』を歌い上げると会場のボルテージも最高潮に。
古川は「前半はトークを中心に、そして後半はミニライブで
皆さんと共に楽しい時間を過ごせて幸せです」と喜びの表情を見せ、
最後の楽曲『日日草』では音楽に合わせて会場全体で手を左右に振り、
リズムに乗る中、その伸びやかな歌声に観客は魅了された。

 


 
イベントの最後に「今日という楽しい時間を過ごせたのも皆さんのおかげです。
現在出演させて頂いているミュージカル『マリー・アントワネット』では
フェルセン伯爵を全力で演じ、皆さんに最高の作品を届けるために
頑張っています。
12月25日には10周年のアニバーサリーライブ
Yuta Furukawa 10th Anniversary Live [ 2008 - 2018 ]を行います。
お越し頂いた方には絶対後悔させないという自信がありますので、
皆様ぜひ足をお運び頂けたら嬉しいです。
また、皆さんにお会いできる機会をもっともっと作っていきたい
と思っているので、お会いできるのを楽しみにしています。
この後お見送りがあるので
一人一人目を合わせて感謝の気持ちを伝えたいと思います。
本当にありがとうございました」と感謝の気持ちを伝え、
イベントは大盛況のうちに幕を閉じた。
 
(夜の部(18:00〜)の様子をレポート。回によって内容が異なります。)

 


Categories

Recent Entries

Archives

  • 研音公式オンラインショップ K-SHOP

Twitter

ページトップ
Created by Coosy inc.