Topics トピックス

所属アーティストのニュースを中心に、研音からオフィシャル情報をお届けします。

2019.02.28(木)

川口春奈 映画『九月の恋と出会うまで』号泣試写会

2月26日(火)に行われた映画『九月の恋と出会うまで』の号泣試写会
に川口春奈が出席した。

 

 

本作は“書店員が選んだもう一度読みたい恋愛小説”第1位に選ばれた
松尾由美による同名小説を映画化したもので、
時空を超える一途な思いと切ない嘘に涙する
大人のラブストーリーとなっている。


主演・北村志織役を演じる川口は
自身が選ぶ本作の“最も切ないシーン”について
場面写真がスクリーンに映し出されると、
「上映前なのであまり詳しく話せないのですが」と前置きをしつつ
「お互いのことを想い合っているからこその
嘘に繋がると思うのですが、演じていて切なくなりましたし、
最初、台本を読んだ時も胸がぎゅっとしました」と思いを語った。
 
また、本作で描かれている“大切な人のためについた切ない嘘”に関連し、
事前に募集した自身の切ない嘘エピソードや
“タイムリープ”という内容にちなみ、
公式SNSで実施している“未来からの声で想いをツイートしよう”
キャンペーンより、抜粋したコメントがいくつか紹介され、
川口自身も“時空を超えて過去の自分に伝えたいこと”を披露することに。
“10年前の自分にもっと勉強しろ”とやや強めの口調で綴ったフリップを掲げ、
「もっと勉強しておけばよかったと思うことが多々あるので、
私は学生時代の自分にもっと勉強しなさいと言いたいです」
とコメントした。


続いて劇中で実際に使用したキーケースを会場に集まった
お客様の中から1名に抽選でプレゼントする企画も行われ
盛り上がりを見せる中、
最後に「人が人を想う気持ちがまっすぐ描かれていて素敵だと思うので、
少しでも皆様に届いたら嬉しいです」と笑顔でメッセージを送った。

 

映画『九月の恋と出会うまで』は3月1日(金)より全国にて公開。

 


2019.02.28(木)

山本涼介 映画『JK☆ROCK』完成披露舞台挨拶

2月25日(月)に行われた映画『JK☆ROCK』の完成披露舞台挨拶
に山本涼介が出席した。

 

 

本作は2人の『JOE』を中心に絶大な人気を誇っていた
自身の所属するロックバンド「JoKers」の突然の解散をきっかけに
音楽を捨ててくすぶっている主人公・丈が、
初心者女子高生バンドを指導することになり、
彼女たちの真っ直ぐな姿を通して音楽への情熱を取り戻していく、
音楽へのひたむきな想いを抱く若者たちの姿を爽やかに
描き上げた物語となっている。
 
「JoKers」で(福山翔大さん演じる)丈と人気を二分し、
解散と共にアメリカデビューを果たした
もう一人の『JOE』・香月丞を演じる山本は
役柄について「ロックスターという設定だったので、
“自分はスターだ”と思いながら自信を持って演じることを
意識しましたし、演奏シーンでは監督より、
雅-MIYAVI-さんを意識して欲しいと
おっしゃって頂いたのでMVや演奏シーンを観ながら
演じるように心がけました」と話し、
劇中では派手なメイクを施し「今までの役柄ではしたことがなかったので
新鮮でした。見た目からも役に入り込めたと思います」とコメント。


また本作が4月6日という新しい環境の始まりとなる時期に
公開されるということで、
キャスト、監督が“これから踏み出す一歩”について発表することに。

山本は“一人暮らし”と書いたフリップを掲げ
「今は実家で暮らしているのですが、
家に帰るとご飯が用意してあって
洗濯もしてくれるという環境なので、そろそろ自立しなくてはいけないと
考えています。今生きることに対して飢えが足りないので
自分を追い込みたいという思いがあり
撮影中も役柄に併せて、食事制限をしたりと飢餓感を持って
演じていました」と思いを語った。

 

映画『JK☆ROCK』は4月6日(土)より全国にて公開。

 

 


2019.02.26(火)

竹野内豊『カルピス』ブランド100周年 新CM発表会

2月21日(木)に行われた『カルピス』ブランド100周年 新CM発表会
に竹野内豊が出席した。

 


 
100周年を迎える『カルピス』ブランドの新CMキャラクターに起用された
竹野内は、撮影を振り返って
「撮影当日は、李相日監督より共演する妻役と息子役のお2人と
まずはコミュニケーションをとって欲しいとおっしゃって頂き、
最初はボールで遊んだりしながら、だんだん慣れてきた頃に静かに
撮影を始めました。
息子役の子供にとってはいつ本番だったかも分からないくらい
自然な撮影だったので、本当に監督の演出が素晴らしいと感じました」
と語り、CMでは『ピースはここにある。』というスローガンのもと
カルピスのそばにある、当たり前だけど大切でかけがえのないひとときを
描いていることにちなみ、自身の大切にしていることについて
“家族との時間”と書いたフリップボードを掲げ、
「今の私があるのも、姉と母が昔、雑誌社に写真を送ったことが
きっかけで、時には2人から厳しいことを言われることもありますが
どれも良い思い出で、本当にありがたいと思っています」とコメント。

 

また、アサヒ飲料株式会社は記念日を盛り上げる活動として、
ひなまつりに白酒の色に似たカルピスで乾杯したら
きっと子供たちは喜んでくれるだろうというアイデアから、
全国の希望する保育園・幼稚園に園児、一人一杯分の
カルピスをプレゼントするという活動を1963年から50年以上続ける中
今回、100周年施策の一環として2月22日より全国9箇所で
“『カルピス』蛇口”を展開。

 

この日、会場に蛇口をひねるとカルピスが出てくる“『カルピス』蛇口”
が登場すると「こんな蛇口があったら最高ですよね」と喜びを見せ、
同じくCMキャラクターを務める長澤まさみさん、永野芽郁さんと共に
自身で注いだカルピスで乾杯し、最後に「長澤さんと永野さんと一緒に
精一杯盛り上げていきたいと思います」と笑顔でメッセージを送った。

 


2019.02.21(木)

中川大輔『AVEDA×SPUR』スペシャルトークイベント

2月16日(土)に行われた『AVEDA×SPUR』スペシャルトークイベント
に中川大輔が出席した。

 

 

本イベントはスイートフローラルの美しいアロマを楽しむことができる
AVEDAのヘアケア「チェリーアーモンドシリーズ」の発売を記念して行われ、
サクラをモチーフとした鮮やかなピンクに包まれた空間の中、
大勢の観客を前に中川は少し緊張の面持ちの様子で「今日は頑張ります!」
と意気込みを述べ、イベントがスタート。

まずは“香り”をテーマにトークが行われ、ときめく香りについて
「石鹸のような清潔感のある香りが好きです」と話し、
「少し変わった香りや、懐かしい香りも記憶に残りますね。
中学校時代の部活では、誰のタオルかが(洗剤の)香りで
分かったという思い出があります」と振り返った。

 

また、AVEDAの店舗ではヘアケア「チェリーアーモンドシリーズ」を使用した
「チェリーアーモンドスパ」を体験したそうで
「シャンプーがホイップクリームのような
柔らかさときめ細かさがあり、コンディショナーは
頭皮にも付けられるので、肌にも優しいと感じました」と語り、
続いて、事前に募集した女性が男性の仕草で“ときめく瞬間”を
実践するコーナーでは、“前髪をかきあげる仕草”や
“歩道を歩いている時さりげなく車から守る瞬間“
をシチュエーションを交えながら真剣に演じる姿に
会場からは歓声が起こった。

 

さらに抽選会ではヘアケアセットのプレゼントと共に写真撮影も行われ、
観客とのコミュニケーションを楽しむ中川は最後に
「“ときめく瞬間”を実践するのは緊張しましたが、
とても楽しかったです。ぜひヘアケアも試して頂きたいと思います。
本日は本当にありがとうございました!」と笑顔でメッセージを送り
イベントは幕を閉じた。

 

 

 


Categories

Recent Entries

Archives

  • 研音公式オンラインショップ K-SHOP

Twitter

ページトップ
Created by Coosy inc.