Topics トピックス

所属アーティストのニュースを中心に、研音からオフィシャル情報をお届けします。

2018.02.27(火)

山崎育三郎 映画『レオン』初日舞台挨拶

2月24日(土)に行われた、映画『レオン』の初日舞台挨拶に
山崎育三郎が出席した。

 

 

知英さん演じる小鳥遊玲音の恋心を弄ぶプレイボーイの税理士、
日下役を演じた山崎は
「今日はお越しくださりありがとうございます。
観終わった後に皆さんが僕の事を嫌いになっていないことを
祈っています(笑)」と挨拶。


また、思い出のシーンについては
「薔薇を常に持っている役柄なのですが
女性の方々の前で薔薇を振りまくというシーンがあって
ワンテイク(一発撮り)ですごく綺麗に出来たので
ご覧になった時に、ここは1回で撮影したんだなと
注目して観て頂きたいと思います。」とPRした。

 


2018.02.26(月)

家入レオ 5thアルバム『TIME』発売記念スペシャルフリーイベント

2月21日(水)に、家入レオが 5thアルバム『TIME』発売記念スペシャルフリーイベントを
ゲートシティ大崎で開催した。

 

 

黒のシックな衣装で登場した家入は
「皆さんこんばんは!家入レオです。
5枚目のアルバム『TIME』のリリース日を迎えることができて嬉しく思います。
皆さんとこの嬉しさを少しでも共有したいと思って今日はこうしてフリーイベントを
開催させて頂いているのですが、平日にもかかわらず沢山の方々が
足を運んでくださり、本当にありがとうございます。
これから歌う曲にこの気持ちを乗せて届けたいと思います。
恋をするワクワクとした気持ちを詰め込みました。」
と配信限定リリース 家入レオ×大原櫻子×藤原さくら『恋のはじまり』の
ソロ・リアレンジバージョンを初披露。

 

歓声が沸く中、「約1年7ヶ月ぶりとなるオリジナルアルバムの発売ですが
1人のアーティストとしても、人間としても色々なことを経て
曲を作ることができて、すごくバラエティに富んだアルバムになったのではと思います。
今日こうやって皆さんと一緒に同じ空間で過ごしていることは当たり前ではないなと思い
だからこそ、ちゃんと一緒にいる時に好きと伝えたり、
ありがとうと伝えることはすごく尊いなと感じて。
改めてですがこうやって出会えたことがすごく嬉しいです。ありがとう。」と感謝を述べ
今日この場にいる皆さんに届くように、この曲を最後に歌いたいと思います。
みんなというより、会場に来て下さった君であり、あなたに届けたいです。」と
日本テレビ系日曜ドラマ『愛してたって、秘密はある。』の主題歌『ずっと、ふたりで』
を観客1人1人を見渡しながら歌い上げ、会場を魅了した。

 

鳴り止まない拍手の中、
「デビュー6周年を迎えて7年目に入ったのですが、
本当に歌うことが大好きで、そういう気持ちを色々なミュージシャンやアーティスト、
プロデューサーの方々と共有して出来た1枚なので届いて欲しいです。
全国ツアーも決まったのでまた皆さんとの時間を過ごせることを楽しみにしています!」
と笑顔で話し、大盛況の内に幕を閉じた。

 


2018.02.24(土)

水谷果穂 映画『honey』完成披露舞台挨拶

2月21日(水)に行われた、映画『honey』の完成披露舞台挨拶に水谷果穂が出席した。

 

 

平祐奈さん演じる小暮奈緒の親友・矢代かよ役を演じる水谷は
自身の役柄について「クールな役柄なので、最初は撮影中以外も
“矢代かよ”でいようと思ったのですが
共演者の皆さんとだんだん仲良くなっていくうちに
気負わずに私らしくいることができました。」とコメント。

 

 

また、本作のキャッチコピーにちなみ
最近あった“鬼キュン”エピソードはという質問に
「妹と一緒にテレビ電話をしたとき
お互い眼鏡をかけてパジャマを着ている姿に
姉妹だなと思い、鬼キュンしました。」と答え、
会場を和ませた。

 

映画『honey』は3月31日(土)より全国にて公開。

 


2018.02.22(木)

上杉柊平 映画『リバーズ・エッジ』公開記念舞台挨拶

2月18日(日)に行われた、映画『リバーズ・エッジ』の公開記念舞台挨拶に
上杉柊平が出席した。

 


「観音崎役の頃に比べ、ばっさり髪を切りました。」と冒頭で
挨拶した上杉は、喜怒哀楽がはっきりした役柄で激しいシーンを多く撮影する中、
その熱量によって靴を壊してしまい
「スタイリストさんが舞台設定である90年代のものを用意してくださり
もともとダメージもあったのですが、撮影していると底が抜けてしまい、
ちょうど色違いを持っていたので代用させて頂きました。」
とエピソードを披露。

 
また、現在開催中の平昌冬季オリンピック、
フィギュアスケート男子で金メダルに輝いた羽生結弦選手について
移動するバスの中で特に熱弁していたという上杉は
「テレビで演技を観ていたのですが、最初から泣いてしまって。
ポーズも真似したりしました。すごく感動し、
素敵な瞬間を観ることができて嬉しかったです。」と笑顔を見せた。

 


Categories

Recent Entries

Archives

  • 研音公式オンラインショップ K-SHOP

Twitter

ページトップ
Created by Coosy inc.