Topics トピックス

所属アーティストのニュースを中心に、研音からオフィシャル情報をお届けします。

2018.01.23(火)

『山崎育三郎 LIVE TOUR 2018~keep in touch~』

1月14日(日)に約1年ぶりのワンマンライブ、そして自身初となるツアー
『山崎育三郎 LIVE TOUR 2018~keep in touch~』をスタートさせた。

 

 オープニング映像上映後、バックダンサーと共に登場した山崎は、
『Congratulations』『ずっと好きだった』『君は薔薇より美しい』をダンス交えて歌い上げ

「皆さんこんばんは!本日は『山崎育三郎 LIVE TOUR 2018~keep in touch~』に     
お越し頂きまして誠にありがとうございます。」と挨拶。

 

 

 

「盛り上がっていますか?」という掛け声にペンライトが揺れ、歓声が起きる中
「毎回、全力で手加減が出来ず昨日2回の公演が終わった後、
明日はライブができないかもというぐらい疲れてしまったのですが
今日は昨日を超えたいと思います!」と高らかに宣言し
「パーソナリティを務めるニッポン放送『I AM 1936』の
『育三郎くん、ちょっとこれ歌って!』というコーナーで、
リスナーの方から送って頂いたリクエストとエピソードに沿って様々な曲の弾き語り
を披露していますが今日は皆さんにも届けたいと思います。」と
『Forget-me-not』『366日』をピアノで弾き語りながらしっとりと歌い、
更に『また逢う日まで』『夏の終りのハーモニー』を続けて披露し観客を魅了した。

 

 

 

 

「去年は本当に色々経験させて頂き、あっという間の1年でした。
今年2018年は子役でミュージカルデビューをしてから20周年になります。
初めてミュージカルに出演した時練習ではダンスもまだまだで、
お芝居も相手の目を見て喋る事が出来なかったのですが、
本番が始まってカーテンコールで拍手を頂いた時に笑顔の皆さんの姿を見て
感動で涙がこぼれました。
その時に、表現することをずっと仕事にしたいと思い
20年たった今もこの仕事をさせて頂いて本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
自分が一生懸命仕事を行うと素晴らしいスタッフさんや仲間との
出逢いが日々あり、楽しいし幸せで、自分をすごく高めることができます。
また皆さんがいて自分がここに立っていることを改めて感じました。
これからも色々な山崎育三郎を楽しんで頂くために色々と計画中です。
2018年も頑張りますのでぜひ皆さんついてきてください!」と感謝の言葉を述べ
『生きてく強さ』『僕こそ音楽Ich Bin Ich Bin Musik』『ひそかな夢 EVERMORE』
『波乗りジョニー』『虹』を続けて披露し、ダンサーを紹介後『男の子女の子』
『女々しくて』『TOKIO』を歌い上げると会場のボルテージは最高潮に達した。

 

 

興奮冷めやらぬ山崎は「ありがとうございます。昨日を超えました!
1月17日にニューシングルが発売となります。
今回はより等身大のナチュラルな僕を見て頂けるのではないかと思います。」
と笑顔で話し『Beginning』を披露すると会場から温かい拍手が沸き起こった。

 

アンコールでは同じく新曲の『TOKYO』を歌い、会場全員で記念撮影後
「今回のライブ楽しんで頂けましたでしょうか?
歌手山崎育三郎としてここからがスタートです。
皆さんに喜んで頂くために頑張ります。最後はこの曲でお別れしましょう!」と
意気込みを語り『あいのデータ Happy ver.』を会場全体を見渡しながら歌い上げ
約2時間のライブは大盛況の内に幕を閉じた。

 

(1月15 日(月)の公演をレポート。回によって内容が異なります。)

 

撮影:川嶋謙吾(田中聖太郎写真事務所)

 


2018.01.23(火)

桜田ひより 映画『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』初日舞台挨拶

1月20日(土)に行われた映画『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』
の初日舞台挨拶に桜田ひよりが出席した。

 

 

主演・高鴨隠乃役を務めた桜田は
「無事に初日を迎えることができて、すごく嬉しい気持ちでいっぱいです。」
と笑顔で挨拶。
 
5年、10年たって振り返った時にどんな作品だったと言えますか?という質問に
「CD発売やMV撮影、ドラマ・映画の主演と初めてが詰まった作品なので、
いくつになっても初心に戻れる作品です。
またこのメンバーで一緒に仕事ができるように頑張ります。」と話し
「不安や緊張もあり分からないことが沢山あったのですが、
現場では温かく迎えてくださり、のびのびと演技をすることができました。
キャスト、監督、スタッフの皆さん、そして今観に来てくださってる
皆さんがいるからこそ、この作品が出来たんだと思います。
本当にありがとうございました。」と感謝の言葉を述べた後、
最後に公開を記念して実際に練習で使用し、さらにサインを入れた
麻雀牌を客席へ投げる一幕もあり大盛り上がりの舞台挨拶となった。

 


2018.01.19(金)

天海祐希 竜星涼 舞台 劇団☆新感線『修羅天魔〜髑髏城の七人 Season極』製作発表記者会見

1月18日(木)に行われた
舞台 劇団☆新感線『修羅天魔~髑髏城の七人 Season極』の
製作発表記者会見に天海祐希と竜星涼が出席した。
 
2017年から劇団☆新感線『髑髏城の七人』を“花・鳥・風・月”と
シーズンごとにキャストと脚本、演出を大胆に変更しながらロングラン上演を行い
最後を飾る“Season極”では“信長に愛されたスナイパー”という
新設定の極楽太夫を主人公に、古田新太さん演じる天魔王との愛憎劇が
繰り広げられる。


 

 

公演成功を願い鏡開きが行われた後の会見で天海は、極楽太夫役を務めることについて
「私は全て観させて頂いていますが、どの極楽太夫も美しく素敵で可愛らしくて、
その愛らしさは私にはないなと思いながら、違うものを醸し出せたらと思っています。
古田さんをはじめ、素晴らしいキャストの皆さんと『修羅天魔~髑髏城の七人 Season極』
を作り上げていくことを本当に楽しみにしています。
皆さんのお芝居と共に自分の役を掘り下げていけたらいいなと思います。」
とコメント。

 


続いて劇団☆新感線初参加となる竜星が、
「新キャラクター、夢三郎を素晴らしい環境の中で演じることを楽しみにしていますが
初めてづくしのことが多いので、嬉しいと同時に緊張でいっぱいです。
殺陣が初めてなので、間合いなど先輩の皆さんの背中を見て
色々なことを吸収したいと思います。」と意気込みを述べると
天海は「以前時代劇の作品で共演した際、所作を影でずっと
ひたむきに練習していた姿を見て、頑張り屋だなと感じ
今回更に成長した姿を見ることができるかなと思っています。」
と激励した。
 
舞台 劇団☆新感線『修羅天魔~髑髏城の七人 Season極』は
3月17日(土)よりIHIステージアラウンド東京にて上演。

 


2018.01.19(金)

テレビ朝日系土曜ナイトドラマ『明日の君がもっと好き』記者会見

1月18日(木)に行われたテレビ朝日系土曜ナイトドラマ『明日の君がもっと好き』
の記者会見に志田未来が出席した。

 

 
 
伊藤歩さん演じる里川茜の10歳年下の妹・黒田梓役を務める志田は
「一見穏やかな空気が流れているドラマなのかなと思いきや
一人一人が抱えている悩みや葛藤が大きい作品で、
その中でも“爆弾”のような存在の女の子になれたらと思い演じています。」と話し
3年前に姉の恋人を奪う“略奪婚”をしてしまう役柄について
「神経が太いなと感じ、空気をあえて読まないというか
なぜそこでそのような発言をしてしまうのだろうという
場面が多々あるので、演じる上では楽しいです。」とコメント。
 
恋愛に冷めた男女が“運命の出逢い”に翻弄されるストーリーにちなみ
実際に経験した運命の出逢いについて
「伊藤さんが作ってきてくださったカレーがものすごく美味しくて
運命的な出会いでした。」と笑顔で語った。
 
テレビ朝日系土曜ナイトドラマ『明日の君がもっと好き』は
1月20日(土)23時5分よりスタート。

 


Categories

Recent Entries

Archives

  • 研音公式オンラインショップ K-SHOP

Twitter

ページトップ
Created by Coosy inc.