Topics トピックス

所属アーティストのニュースを中心に、研音からオフィシャル情報をお届けします。

2017.05.11(木)

ⓒKEN-ON
福士蒼汰 映画『ちょっと今から仕事やめてくる』完成披露舞台挨拶

5月9日(火)に行われた映画『ちょっと今から仕事やめてくる』の
完成披露舞台挨拶に福士蒼汰が出席した。

 

アロハシャツを身にまとい、関西弁を話す謎の男・ヤマモトを演じた福士は
冒頭の挨拶で「今回の完成披露舞台挨拶が初めて皆さんに
観て頂く機会なので、とても緊張しています。
僕は関西弁を話す役だったので来て頂いた方々の中に関西出身の方が
いない事を願います(笑)」と周囲をうかがいつつ
「監督が良い映画が出来たので自信を持ってと言ってくださったので、
自信を持ちながら皆さんに届けたいと思います。」とコメント。

 

青山隆役の工藤阿須加さんと福士との関係性が
どんな演出よりも映画の力になったと話す監督の思いを受け
「嬉しいです。監督への感謝の言葉は伝えきれない程あり、例えるならば
僕が木だとすると、監督が役者としての根と色々な肥料をまいてその根を
伸ばす方法を教えてくださったので、それをベースにしてこれからも
どんどん作品に挑みたいですし、演じることをより楽しいと
感じることができました。
自身のターニングポイントになった作品だと思います。」と感謝を述べた。

 

また、タイトルにちなみ「ちょっと今からやめたいこと」
を発表することに。
福士は「ちょっと今から人見知りやめてくる」と答え「実は人見知りで、
現場によって自分から話しかけられない時があります。
今回演じたヤマモトのように人の心にすっと入れる人になりたいです。」
と話し、最後に「この映画は監督、キャスト・スタッフの皆さんが
全身全霊を込めてつくった映画です。
監督の熱い思いを受け、僕たちはスクリーンで生きています。
僕たちの思いが皆さんの心に届くよう願っています。
この映画を観て何か光というものを感じて頂けると嬉しいです」と語った。

 

映画『ちょっと今から仕事やめてくる』は 5月27日(土) より全国にて公開。


2017.05.10(水)

家入レオ「5th Anniversary Live at 日本武道館」レポート

4月30日(日)に、家入レオが初の日本武道館公演となる
「5th Anniversary Live at 日本武道館」を行った。

 

 


スクリーンに映し出された映像と光の空間の中、白いワンピースに
身を包んだ家入がスポットライトに照らされ登場すると、
『僕たちの未来』をアカペラから歌い、ライブがスタート。
立て続けにヒットナンバー『Shine』を披露。
「ようこそ!家入レオです。待ちに待った日だよ。みんなもそう?
まだまだこの日本武道館公演が先だと思っていたら今日までが一瞬でした。
今年、デビュー5周年の記念の年に、
デビュー前から憧れていた武道館でライブをする事が出来て
また皆さんが来てくださりすごく嬉しいです。
本当にありがとうございます。」と感謝を述べ、
「シングルだけでなく色々な曲を披露するので、デビュー当時から
応援してくださってる方やベストアルバムをきっかけに
観に来てくださった方も楽しんで頂けるセットリストになっていると思います。
歌も衣装も楽しんで頂けたらと思います。最後までよろしく!」と話すと、
月9主題歌にもなった『太陽の女神』や『miss you』、『君に届け』、
『Silly』と4曲続けて披露し観客を魅了した。


次にシングル曲『チョコレート』、『君がくれた夏』、『Message』を歌い上げ、
「この歌を武道館で歌いたかった。
みんなにとって大事な人を思い浮かべて聴いてください。」と
『Hello』を観客と共に大合唱し、「一緒に歌うと優しい気持ちになるね。」
と胸を熱くさせ、会場は温かい雰囲気に包まれた。

 

 


白いミニワンピースに衣装チェンジした家入は、13歳のときに初めて作詞作曲した
『I promise you』をアコースティックギターで弾き語り、ライブ初披露した。

 

 


さらに、パンツスタイルに赤いロングチェックシャツというスタイルに
衣装チェンジした家入は、「もっと大きな声を聞かせてくれる?」と叫び、
ロックチューン『純情』『Hello To The World』『Party Girl』で会場を盛り上げ、
歓声と手拍子が沸き起こった。


家入は「本当に幸せです。みんな大好き!ありがとう!
このライブを締めくくる曲は何が良いか、何回も考えてたどり着いたのは
家入レオが始まったこの曲でした。お互い、次のスタートをきるために
皆さんと一緒に歌えたらと思います。」と話し、
デビュー曲『サブリナ』を披露すると会場のボルテージは最高潮に達した。


アンコールでは、「これから10周年、15周年、20周年に向けて
皆さんと一緒に笑って泣いて楽しんでいきたいと思っています。
それぞれの未来へ、明日へ向かって一緒に歩いていこうね。」と話し、
高校サッカー選手権の応援歌となった『それぞれの明日へ』を、
客席を見渡しながら一人一人に微笑みかけるように歌い上げた。


最後に「私にとって大事な曲です。一人一人に届くように歌います。」と
『Last Song』をピアノの伴奏のみで披露。
曲の最後をアカペラで歌い上げ、アンコールを含め全21曲披露し、
約2時間半のライブは大盛況のうちに幕を閉じた。


さらに、9月には5周年記念「5th Anniversary Live at Zepp」の開催も発表された。


セットリスト
01. 僕たちの未来
02. Shine
03. 太陽の女神
04. miss you
05. 君に届け
06. Silly
07. チョコレート
08. 君がくれた夏
09. Message
10. Hello
11. I promise you
12. メドレー
Free~
Too many~
Lady Mary~
恍惚~
Bless You
13. For you
14. a boy
15. 純情
16. Party Girl
17. Hello To The World
18. サブリナ
アンコール
01. Linda
02. それぞれの明日へ
03. Last Song

 

家入レオ「5th Anniversary Live at Zepp」(全6公演)
<東京公演>
Zepp DiverCity Tokyo
2017年9月6日 (水)18:00 OPEN / 19:00 START
2017年9月7日 (木)18:00 OPEN / 19:00 START
問い合わせ:ディスクガレージ 050-5533-0888

 

<名古屋公演>
Zepp Nagoya
2017年9月12日(火)18:00 OPEN / 19:00 START
2017年9月13日(水)18:00 OPEN / 19:00 START
問い合わせ:サンデーフォークプロモーション 052-320-9100

 

<大阪公演>
Zepp Namba
2017年9月20日(水)18:00 OPEN / 19:00 START
2017年9月21日(木)18:00 OPEN / 19:00 START
問い合わせ:キョードーインフォメーション 0570-200-888

 


2017.05.08(月)

ⓒKEN-ON
ⓒKEN-ON
杉咲花 福士蒼汰 映画『無限の住人』初日舞台挨拶

4月29日(土)に行われた映画『無限の住人』
の初日舞台挨拶に杉咲花と福士蒼汰が出席した。

 

初日を迎え杉咲は「この日を迎えることが出来て本当に幸せです。
私はこの映画を沢山の方に観て頂きたく、
今日ご覧になって、良かったと思ってくださったら
ぜひ友達や大事な方に伝えて頂けると嬉しいです。」と話し、
福士は「今日、皆さんのもとにこの映画が届く事を非常に
嬉しく思っております。
僕自身、この映画で実力以上のものが出せたのではと思い、
それは監督、万次役の木村さん、そして素晴らしいキャストの方々に
支えて頂いたおかげだと思っております。」と語った。

 

また、映画の公式Twitterで募集した質問の中から
「無限の休みをもらえるとしたら何をしますか?」
という問いに杉咲は「ずっと寝たいです。」と話し
福士は「バックパッカーになって世界をまわりたいです。」
と回答し会場を沸かせた。

 

(C)沙村広明/講談社
(C)2017映画「無限の住人」製作委員会
配給:ワーナー・ブラザース映画


2017.05.01(月)

ⓒKEN-ON
山崎育三郎『美女と野獣』ライブ・オーケストラスペシャルアンコールイベント

4月29日(土)に行われた、『美女と野獣』ライブ・オーケストラ
スペシャルアンコールイベントに山崎育三郎が出席した。
スクリーンに映し出される映画の映像に合わせて
劇中の音楽を生演奏する映画上映形式「ライブ・オーケストラ」
の本編終了後、サプライズで登場した山崎は、
5000人の観客の前でプレミアム吹替版キャスト、ベル役の
昆さんと「愛の芽生え」「美女と野獣」、さらに山崎のソロで
今作のために作られた新曲「ひそかな夢」の3曲を披露した。

 

歌唱後山崎は、「色々な方から、実写版『美女と野獣』を観ましたと
いう声を頂き反響を実感しています。」と話し、
プレミアム吹替版の注目すべき点として「この『美女と野獣』は、
アニメーション、ミュージカルがありましたが、
今回実写版で素晴らしい作品に蘇りました。
吹替版は、日本語 の美しさを活かしていて、映像と共にダイレクトに
胸に突き刺さってくると思いますので、是非プレミアム吹替版も
ご覧頂きたいです。」と語った。

 

タイトル:『美女と野獣』
公開表記:全国公開中
配給クレジット:ウォルト・ディズニー・ジャパン
クレジット:©2017 Disney Enterprises,Inc.All Rights Reserved


Categories

Recent Entries

Archives

  • 研音公式オンラインショップ K-SHOP

Twitter

ページトップ
Created by Coosy inc.