Topics トピックス

所属アーティストのニュースを中心に、研音からオフィシャル情報をお届けします。

2017.04.27(木)

ⓒKEN-ON
唐沢寿明『ラストコップ 』プロジェクト・ファイナル祭り

4月24日(月)に行われた『ラストコップ 』プロジェクト・
ファイナル祭りに唐沢寿明が出席した。

 

映画『ラストコップ THE MOVIE』の完成を
記念して生ドラマを上演。
マギーさん演じるムーンライト清美が覆面集団を
引き連れ、和久井映見さん演じる鈴木加奈子を人質にとり
「映画の出番を増やして欲しい」と訴えかける中
唐沢は舞台後方よりワイヤーアクションで登場し、
襲いかかる覆面集団を前に、見応えのある格闘シーンを披露し
会場を盛り上げた。

 

作品について唐沢は
「この作品は、冒頭はまたやっているなという、
くだらない事の連続ですがずっと観ているとシリアスな展開にはまり、
不覚にも最後は号泣してしまうという
展開なのでぜひ劇場に何度でも足を運んで頂きたいです。
今は言えませんが何度も運ぶ理由が実はあって、
その理由が分かると思います。」と語った。

 

『ラストコップ THE MOVIE』は5月3日(水・祝)より全国にて公開。


2017.04.27(木)

個人制作によるグッズの配布、販売についてアーティストのグッズ(ロゴやイラスト含む)や肖像など、著作者の著作物を無断で使用または模倣してグッズを制作し、配布・販売する行為は著作権侵害またはパブリシティ権の侵害にあたります。

【主な著作権侵害・パブリシティ権の侵害の例】
・グッズのロゴやイラストを使用、模倣したグッズを著作者に無断で制作し、配布・販売する行為
・アーティストの肖像を使用したグッズを著作者に無断で制作し、配布・販売する行為
・その他、著作者の著作物を使用、模倣したグッズを著作者に無断で制作し、配布・販売する行為
※上記はあくまで一例となります

著作権侵害またはパブリシティ権の侵害を確認できた場合は、法的措置をとらせていただく場合がございます。

お客様一人一人のご理解の程、宜しくお願いいたします。


株式会社研音




2017.04.25(火)

ⓒKEN-ON
ⓒKEN-ON
杉咲花 福士蒼汰 映画『無限の住人』ジャパンプレミア

4月19日(水)に行われた映画『無限の住人』
のジャパンプレミアに杉咲花と福士蒼汰が出席した。

 

江戸最強と謳われる“無天一流”を受け継ぐ
浅野道場の一人娘 浅野凛、そして木村拓哉さん演じる
万次の妹 町の二役を演じた杉咲は
「ラストの戦いのシーンは演じている感覚を忘れるぐらい
心がときめいたシーンでした。ぜひ楽しみにして頂けたらと思います。」と話し、
流儀や格式に囚われず、あらゆる武器・剣技を用いて
勝つことのみを目指す剣客集団、逸刀流の統主 天津影久役を演じる
福士は「今回の天津という役は、敵役として登場しますが、
悪としてではなく信念を貫いて生きている男だと思って演じました。
それぞれのキャラクターの心情や信念を持っているところなど
色々な角度から観て頂けると嬉しいです。」と役どころを語った。

 

初の悪役を演じた福士は自身の印象的なシーンについて
「監督は美しく暴力的に演じて欲しいとおっしゃっていたので
、特にそこを意識していたのですが、
木村さん演じる万次と最後の剣を交わすシーンでは
それを忘れるぐらい自分の強さや存在意義を万次に
引き出して頂いたという印象があります。」とコメント。

 

第70回カンヌ国際映画祭アウトオブコンペティション部門への
公式選出が決定し、本作が初の世界三大映画祭の参加作品となった
杉咲は「自分自身にとって大きな出会いとなった
作品で初めてカンヌに行けることが何よりも幸せで、より多くの方に
観て頂けるので本当に嬉しいです。行ってきます!」と喜びを語った。

 

(C)沙村広明/講談社(C)2017映画「無限の住人」製作委員会
配給:ワーナー・ブラザース映画


2017.04.24(月)

ⓒKEN-ON
ⓒKEN-ON
福原遥 第9回沖縄国際映画祭 映画『女々演』舞台挨拶&レッドカーペットイベント

4月23日(日)に島ぜんぶでおーきな祭
第9回沖縄国際映画祭で行われた映画『女々演』の
舞台挨拶に福原遥が出席した。


 
この映画で本庄沙彩役を演じ初主演を務める福原は
「この作品を早く皆さんに観て頂きたくずっと
楽しみにしていたので、この日を無事に迎える事が
できて嬉しく思います。
とても大切な作品なので、沢山の方に届いて欲しい
と思います。」とコメント。


 
また、脚本を読んだ時の感想を
「最初に読んだ時、自分自身が経験した事のない物語に
女の子って怖いなと思い、手に汗を握るぐらいハラハラして
最後まで一気に読みました。
思春期ならではの独特な感情が細かく描かれていて、
素敵な作品だなと思いました。」と話し、役柄については
「沙彩という役は、考え方がコンプレックスで
ひねくれてしまったりしていてどのように演じたらよいか、
自分にこの役が務まるか不安だったのですが
撮影に入る前リハーサルを何度もしていくうちに
だんだん沙彩を掴めてきた気がして撮影に入ってからは
不安がなくなり、役を楽しもうと思えました。」と語った。

 

 

最後に「皆さんがこの映画をご覧になった時、
女の子って怖いな、大変だなと思われるかも
しれませんが、その中にも女の子の面白さや
魅力的な部分などが詰まっているのでぜひ
楽しんで観て頂ければと思います。そして
ぜひ(作品を)広めてください!」とPRした福原は、
舞台挨拶後に行われたレッドカーペットイベントにも参加し、
ファンからの歓声を浴びながら練り歩いた。


Categories

Recent Entries

Archives

  • 研音公式オンラインショップ K-SHOP

Twitter

ページトップ
Created by Coosy inc.