Topics トピックス

所属アーティストのニュースを中心に、研音からオフィシャル情報をお届けします。

2017.03.22(水)

ⓒKEN-ON
福原遥出演 映画『プリキュアドリームスターズ!』初日舞台挨拶

3月18日(土)に行われた、映画『プリキュアドリームスターズ!』の初日舞台挨拶に福原遥が出席した。

 

本作は、「魔法つかいプリキュア!」「GO!プリンセスプリキュア」「キラキラ☆プリキュアアラモード」の3世代、12人のプリキュアを中心にストーリーが展開され、美しいものを奪い去る鴉天狗に挑むプリキュアたちの戦いの行方と、その中で育まれる友情が描かれる。

 

ソメイヨシノが飾られたステージに和服姿で登壇した福原は、「“キュアラモード・デコレーション!プリン!知性と勇気を!レッツ・ラ・まぜまぜ!キュアカスタード!できあがり!”有栖川ひまり役、福原遥です。よろしくお願いします」 と自身の決め台詞を交えながら挨拶。

 

初日を迎えた感想を「たくさんの方に来ていただき、本当に嬉しく思います」と述べ、客席に「皆さんどうでしたかー?泣いた方はいますかー?」と問いかけると、たくさんの拍手が起こり、「皆さん心がきれいなんですね。私もアフレコをしている時から泣きそうになるくらい素敵な作品だと思いました」と笑顔を見せた。

 

また、この日高校を卒業したが卒業式に出られない福原へ、共演者が“ミラクルサクライト”(入場者プレゼントで配布されるケミカルライト)を点滅させて、サプライズで卒業式を開催してくれたエピソードを披露し、「本当に嬉しくて、大泣きしちゃいました。私も、新たな環境に進む方や、何かを頑張る方を応援したいと思います」と語った。


2017.03.21(火)

ⓒKEN-ON
山崎育三郎 NHK『SONGSスペシャル「ディズニーミュージカル名曲集(仮)』囲み取材会

3月15日(水)に行われた、NHK『SONGSスペシャル「ディズニーミュージカル名曲集(仮)』の囲み取材会に、山崎育三郎が出席した。

 

『SONGS』は、1960年代から現代に至るJ-POPの名曲を中心に、クオリティの高いサウンドと映像で歌を届ける大人の心を震わせる音楽番組。

 

今回のスペシャルでは、これまで声優としてディズニー作品に出演してきた井上芳雄さん、尾上松也さん、城田優さん、山崎育三郎の4名が、珠玉のディズニーナンバーを披露し、番組全体をナビゲートする。

 

会見で、初めて4人で『SONGS』に出演すると聞いた時の気持ちを問われた山崎は、ミュージカル『エリザベート』で井上さんと城田さんがトート役、尾上さんと山崎がルキーニ役をWキャストで演じていたことについて触れ、「この4人で揃ってステージで歌うことがなかったので、本当に嬉しく、楽しみにしていました。ミュージカル俳優の中でも、ディズニー好きな4人が集まりました」と笑顔を見せ、映画<実写版>『美女と野獣』でベル役の吹替えを担当する昆夏美さんとテーマ曲をデュエットしたことについて、「本当の映画の1シーンのような豪華なセットで歌わせていただき、光栄で楽しかったです」と感想を述べた。

 

また、初めて女性とデュエットした尾上さんに、見つめ合って歌う“プリンススマイル”を褒められた山崎は、「デュエットする時は、歌というよりはお芝居の中で歌うようなイメージで歌えばいいと思う」とアドバイスを送り、一番好きなディズニー作品について訊かれると、『美女と野獣』を挙げ、「今までは『アラジン』だったのですが、今回、吹替えを担当した野獣がすごく繊細に描かれていて、男性から見てもすごく魅力的なキャラクターに生まれ変わっていたので一番好きな作品になりました」とその理由を語った。

 

山崎は、Little Glee Monsterさんと映画『リトル・マーメイド』の「アンダー・ザ・シー」を、昆夏美さんと映画<実写版>『美女と野獣』の「美女と野獣」を披露し、出演者全員で映画『アナと雪の女王』の「Let It Go ~ありのままで~」を歌唱する。

 

NHK『SONGSスペシャル「ディズニーミュージカル名曲集(仮)』は、3月25日(土)午後10時30分よりNHK総合にて放送です。


2017.03.21(火)

ⓒKEN-ON
菅野美穂出演 TBS系スペシャルドラマ『LEADERS Ⅱ』制作発表

3月15日(水)に行われた、TBS系スペシャルドラマ『LEADERS Ⅱ』の制作発表に菅野美穂が出席した。

 

本作は、第2次世界大戦前後、初の国産自動車の開発に人生を賭けた男たちの生き様を描いた『LEADERS』の続編で、トヨタ自動車創業者である豊田喜一郎氏をモデルにしたオリジナル作品。

2014年に放送された前作は、国産自動車の“開発”を中心にストーリーが展開されたが、今作では“販売”をテーマに、人々の苦闘と情熱が描かれ、前作では明かされなかった真実にも焦点が当てられる。

 

会見冒頭、前作を見たと話した菅野は、「この作品の一員として参加させていただけたことを、本当に嬉しく、光栄に思っております」とコメントし、自身の役どころについて「熱意を持って働く男性たちに、おいなりさんを差し入れて応援する女性」と説明した。

この日は、役衣裳の着物姿で会見に臨み、「役に合うように時代を意識した衣裳を用意していただき、役作りの必要がないぐらいメイクや衣裳に助けていただきました」とスタッフへの感謝の気持ちを口にし、衣裳のポイントは“羽織の長さ”だと教えられたことを明かすと、「帯と着物の合わせ方などもあるようなので、まだまだ勉強中です」と笑顔を見せた。

撮影期間は短かったという菅野だが、「現場の熱量が高く、素晴らしい緊張感の中で皆さんとお芝居ができた刺激的な現場でした」と振り返り、「ある時代に生きた、これからの日本を夢見る男の人たちが人生を賭けて働いた姿。現代の30代~40代、働き盛りの我々の世代に足りないものが画面の中にあるような気がします」と見どころを語った。

 

スペシャルドラマ『LEADERS Ⅱ』は、3月26日(日)午後9時よりTBS系にて放送です。


2017.03.21(火)

ⓒKEN-ON
山崎育三郎 映画『美女と野獣』日本版デュエットソングお披露目イベント

3月13日(月)に行われた、映画『美女と野獣』日本版デュエットソングお披露目イベントに山崎育三郎が出席した。

 

本作は、清らかな心を持つ女性・ベルが、魔女の呪いで野獣となってしまった王子に献身的に接し、心の距離を縮めていく様を描いた不朽のディズニー・アニメーション『美女と野獣』をエマ・ワトソン主演で実写映画化したもので、山崎は、ダン・スティーヴンスが演じる・野獣の日本語プレミアム吹替版を務める。

 

常設された螺旋状の大階段から、ベル役の昆夏美さんをエスコートしながらステージに降り立った山崎は、日本版デュエットソング『美女と野獣』をダンスを交えながら情感たっぷりに歌い上げ、会見場は、まるで舞台を観ているかのような空気感に包まれた。

 

数々のミュージカルで共演経験のある昆さんとの歌唱について、「声優として画面の前で歌や芝居をすることもいいのですが、直接歌えてすごく楽しかったです」と振り返り、「ベルと野獣が心を通わせていくシーンで歌う楽曲だったので、王子と野獣の気持ちで芝居のように歌わせていただいたのですが、いかがでしたでしょうか?」と集まった観客に問いかけると、会場からは大きな拍手が起こった。

 

山崎にとってディズニー映画とは、「僕の人生のきっかけを与えてくれた映画」と明かし、幼少期に「サンタクロースに“野球のグローブを下さい”って手紙を書いたら、アラジンのDVDが置いてあったことから僕のディズニーは始まりました」というエピソードを披露。「お芝居から歌に入るという世界観を好きになったのはディズニー作品がきっかけです。そこからミュージカルの世界に入っていったと言っても過言ではなく、ディズニー作品に携わることが僕のひとつの夢だったので、オーディションに受かった時は夢が叶った瞬間でした」と笑顔を見せ、山崎がずっとファンだったという本作の作曲を手掛けたアラン・メンケンさんについて、「誰もが知っている名曲をたくさん作られたアラン・メンケンさんの楽曲は、演じるキャラクターを描いてくれているので、そのメロディーに言葉と心を乗せれば、作品の世界に連れて行ってくれます」と目を輝かせた。

 

また、ロンドンで本作を観た感想を、「実写版を遥かに超えた映画」と述べ、野獣の幼少期の話など今までになかった深い部分まで描かれていることや、この映画の為に新曲が書き下ろされたことも明かし、「新曲を歌うシーンは、自分でも涙が流れるほど感動してしまうぐらい素敵なシーンになっています。野獣とベルの繊細な心の変化を皆さんにも感じて観ていただけると嬉しいです」と見どころを語り、「子どもから大人まで、女性はもちろん、男性にも楽しんでいただける映画になっていますので、字幕版と吹替え版、2回は観ていただきたいです」とメッセージを送った。

 

タイトル:『美女と野獣』

公開:2017年4月21日(金)全国公開

配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

© 2017 Disney Enterprises,Inc. All Rights Reserved.


Categories

Recent Entries

Archives

  • 研音公式オンラインショップ K-SHOP

Twitter

ページトップ
Created by Coosy inc.