Topics トピックス

所属アーティストのニュースを中心に、研音からオフィシャル情報をお届けします。

2017.01.28(土)

ⓒKEN-ON
山崎育三郎 Birthday Premium Live 2017 開催1月15日(日)に山崎育三郎が、『山崎育三郎 Birthday Premium Live 2017 〜ちょっと早いけど、いっくん祝っときますか?〜』を開催。

本公演は、6年半ぶり、一夜限りで開催された単独コンサートの後に行われました。

BGMに合わせて登場した山崎は、「盛り上がってますかー?さっきのコンサートも観たよって方?これから来たよって方は?本当にありがとうございます。皆さまのお陰で最高のコンサートができました。2回目は、“~ちょっと早いけど、いっくん祝っときますか?~”ということで、ちょっと雰囲気を変えまして、落ち着いた大人のいっくんでやっていきたいなと思っています。今日は寒い中、わざわざ足を運んで頂き本当にありがとうございます。楽しんでいって下さい。よろしくお願いします」と挨拶し、バイオリンとピアノの2名のバンドメンバーを紹介した後、ミュージカルプリシラの中から、山崎が1番好きな楽曲だという『True colors』をしっとりと歌い上げました。


このレポートの完全版は「山崎育三郎オフィシャルファンクラブ」をご覧ください。
より詳しいイベントの様子と大きな写真3点を掲載中!

■山崎育三郎オフィシャルファンクラブ
https://iku-fc.com/


2017.01.27(金)

ⓒKEN-ON
ⓒKEN-ON
反町隆史出演 映画『相棒Ⅳ-首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断』東京プレミアイベント&舞台挨拶

1月24日(火)に行われた、映画『相棒Ⅳ-首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断』の東京プレミアイベント&舞台挨拶に、反町隆史が出席しました。

 

本作は、水谷豊さん主演の超人気テレビシリーズ『相棒』の劇場版。

前作『相棒-劇場版Ⅲ-』の公開から約3年、テレビシリーズ放送時期の劇場公開としては『-劇場版Ⅱ-』以来となる本作は、『season14』から杉下右京(水谷豊さん)の“相棒”となった冠城亘(反町隆史)と共に、シリーズの新たなキーパーソンである社美彌子(仲間由紀恵さん)、虎視眈々と復権を狙う警察庁の甲斐峯秋(石坂浩二さん)、相変わらず特命係と強い絆でつながっている“元相棒”神戸尊(及川光博さん)、現在は警察学校で教官を務めている“元鑑識”米沢守(六角精児さん)ら人気キャラクターが総集結しています。

 

この日はまず、東京プレミアイベントが行われ、劇場前の階段に敷かれたピンクカーペットに相棒ファミリーが次々と登場し、水谷さんと共に最後に姿を現した反町は、会場外のギャラリーの声援に手を振って応えました。

 

イベントの冒頭に反町は、「今日は寒い中お集まりいただき、ありがとうございます。6~8月、真夏の暑い中で撮影をし、北九州のロケ等、スタッフ・キャスト一丸となって作った作品です。この作品に参加できたことを本当に心から嬉しく思っています。ありがとうございます」と挨拶。

 

次に、今の心境について訊かれると、「4代目相棒の僕のタイミングで映画化されなかったら恨んでました。次の5代目で映画化があったりしたらどうしようかと思いましたが、ホッとしています(笑)2代目相棒の及川さんや素晴らしいキャストの方々と映画を作ることができ、本当に嬉しく思っています」と冗談を交えながら回答。

 

さらに、水谷さんの印象について話が及ぶと、「僕は一昨年の『season14』から参加させていただいているんですが、現場で水谷さんがリードして下さっているのですごく助かっています。最初は緊張やプレッシャーがあったんですが、現場で和ませていただいたりもして、ここまで来られたと思っています」と話しました。

 

最後に、本作の魅力を問われ、「言えないところもあるんですが、北九州が舞台のメインの撮影は、皆さん一丸となって協力していただいたところなので、そこも楽しみにしていただきたいと思います」とコメントし、プレミアイベントは終了。

 

その後行われた舞台挨拶で、“劇中、縦横無尽に走り回っていらっしゃいましたが、いかがでしたか?”と訊かれ、「僕は普段から走ったりしてトレーニングをしているんですが、水谷さんは本当に足が速くて、置いていかれちゃうんですよ(笑)また北村さん(北村一輝さん)も速い速い!3人のアクションシーンもあるので、楽しんでいただきたいです」と撮影秘話を披露。

 

最後に、「撮影している時の現場はすごく過酷なんですが、一生懸命撮影をしていました。映画が公開されて世に出ていくのは、子どもを外に出すかのような、どこか少し寂しい気持ちもあります。どうか皆さん、『劇場版Ⅳ』を可愛がって下さい。映画を楽しんでいって下さい、お願いします。ありがとうございます」とメッセージを送りました。


2017.01.27(金)

ⓒKEN-ON
山崎育三郎 コンサート 〜1936 your songs〜 開催1月15日(日)に山崎育三郎が、『山崎育三郎 コンサート 〜1936 your songs〜』を開催しました。

本公演は、昨年の日本レコード大賞企画賞を受賞したカヴァーアルバム「1936 ~your songs~」を引っ提げて開催された、6年半ぶり、一夜限りの単独コンサートです。
暗転したステージに山崎が登場し、スポットライトで照らされた中、オープニング曲『青春の影』をしっとりと歌い上げ観客を惹きつけた後、 2曲目『君は薔薇より美しい』でダンサーも加わってお客様も立ち上がり、3曲目の『愛は勝つ』では合いの手も入るほど、序盤から大盛り上がりを見せました。
色が思い出されて、改めてミュージカルの楽曲は好きだなと思いました」と話しました。

 

3曲歌い終わると、「皆さん、盛り上がってますか?後ろの人は盛り上がってますか?前の人は?ダンサーも盛り上がってる?皆さま、本日は『山崎育三郎 コンサート 〜1936 your songs〜』にお越し頂きまして、誠にありがとうございます」と挨拶し、ダンサー兼コーラスの4名を紹介したのに続けて、「今日のセットリストは、カヴァーアルバムの楽曲の中から集めたものですが、ここからは僕はミュージカル俳優なので、ミュージカルの楽曲を演って行きたいと思います」と話し、『カフェソング』、『WHY GOD, WHY?』、『僕こそ音楽』、『最後のダンス』、『ミルク』、『影を逃がれて』を熱唱。
山崎の歌声でミュージカルの世界にいざなった後、「いかがでしたでしょうか?各作品の大曲が揃いすぎて、もう疲れた(笑)ミュージカルの楽曲は、その場面や景色が思い出されて、改めてミュージカルの楽曲は好きだなと思いました」と話しました。


このレポートの完全版は「山崎育三郎オフィシャルファンクラブ」をご覧ください。
より詳しいイベントの様子と大きな写真4点を掲載中!

■山崎育三郎オフィシャルファンクラブ
https://iku-fc.com/


2017.01.26(木)

ⓒKEN-ON
天海祐希ゲスト出演 ミュージカル『SINGIN’ IN THE RAIN 雨に唄えば』制作発表会
1月24日(火)に行われた、ミュージカル『SINGIN’ IN THE RAIN 雨に唄えば』の制作発表会に、天海祐希がゲスト出演しました。

2年半ぶりとなる本公演は、天海がファンだと公言するアダム・クーパー氏主演のミュージカルで、主要キャストにオリジナルメンバーが再結集し、他国では例のない特別公演となっています。

会見では、この作品の魅力を問われ、「観ていてワクワクし、観終わった後はとっても幸せな気持ちになれるんです。どなたも1度は聴かれたことのある曲がたくさん流れていて、自分が踊れるんじゃないかと思ってしまうような引き込まれるお話で、必ず観た方が幸せになれるストーリーです」とコメント。

また、主演のアダム・クーパー氏について訊かれると、「もちろん踊りの素晴らしさもさることながら、何より舞台姿が美しいです。踊りも歌も素敵ですし、力強くとても洗練されています。私はジーン・ケリーさんの力強く、観ている人でも踊れるんじゃないかと思えるような、楽しくなってしまう踊りが好きなんですが、そのジーン・ケリーさんの要素に更に洗練された要素が混ざっていて、アダム・クーパーさん最強です!本当に素敵でずっと観ていたいので、体力さえ続けば何時間でも踊っていただきたいぐらいです(笑)」と話し、最後に、「とにかく心の底から幸せになれるステージです。年々、熟練の味も加わって、ステージ姿の美しさもそのままに、本当に素敵な舞台を見せて下さいます。前回、お客様がカーテンコールの時に立ち上がって、一緒に歌いながら手拍子をする姿を見て、なんて素敵な景色なんだろうと、涙が出るほど感激しました。反対に、これだけのお客様をそれだけの気持ちにさせるステージにすごく嫉妬をしまして(笑)私もいつかこういう風な舞台が出来るようになりたいなと思ったのをとても憶えています。雨の日も笑って過ごせるような、本当に素晴らしい作品です。ぜひ、騙されたと思って劇場にいらして下さい。絶対に損はさせません!アダム・クーパーさんが(笑)」とメッセージを送りました。

Categories

Recent Entries

Archives

  • 研音公式オンラインショップ K-SHOP

Twitter

ページトップ
Created by Coosy inc.