Topics トピックス

所属アーティストのニュースを中心に、研音からオフィシャル情報をお届けします。

2016.12.14(水)

ⓒKEN-ON
上杉柊平出演 映画『A.I. love you』(アイラヴユー)初日舞台挨拶

12月10日(土)に行われた、映画『A.I. love you』(アイラヴユー)の初日舞台挨拶に上杉柊平が出席しました。

 

本作は、全編スマートフォンにて撮影された、夢を追う主人公の女の子がエリートイケメンシェフとA.I.(人工知能)と前代未聞の三角関係!?を繰り広げる禁断のラブコメとなっています。

 

上杉は、森川葵さん演じる星野遥と、斎藤工さん演じるA.I.(人工知能)と三角関係に陥ってしまう、エリートシェフ・相田直斗役で出演します。

 

会見冒頭上杉は、「皆さん、おはようございます。これが第1回目の上映ですよね?皆さんにご覧いただいて、どう思われたかな?という不安もありますが、皆さんのお顔が見える距離で少しでもお話できたらなと思います。よろしくお願いします」と挨拶。

 

司会の方からの質疑応答に移り、最初に、“スマートフォンを使った撮影はいかがでしたか?”と訊かれ、「携帯のインカメラで撮影することもあって、自分が携帯を手に持って撮影するというのは今までに無かったことなので、新鮮な感覚でした」と答えました。

 

また、“エリートシェフという役柄同様に、料理はされますか?”という質問を受け、「これを機にというわけじゃないですが、撮影後から料理をする為の道具を買い始めて、やっていかないといけないなと思うんですがなかなか・・・。溜め込み料理みたいな、一週間ぐらいもつ料理とかそんなのばかりですね」と回答。
さらに、“撮影現場で覚えた料理はありましたか?”という問いには、「複雑な料理が多かったので・・・焼いて、煮て・・・というぐらいでした」とコメントしました。

 

次に、スマートフォンの形をしたパネルの裏から上杉と、石田明さん、そしてMCを務められた井上裕介さんが声を出して、顔が見えない状態で一番キュンとする声を女性キャストに選んでもらうことに。
上杉、石田さん、井上さんの順で劇中の台詞を披露し、森川葵さんは井上さんの声を、中村アンさんは石田さんの声を選びました。

 

映画『A.I. love you』(アイラヴユー)は、12月10日(土)より、新宿武蔵野館他全国順次ロードショーです。


2016.12.12(月)

ⓒKEN-ON
山崎育三郎主演 ミュージカル『プリシラ』初日囲み取材

12月8日(木)に行われた、ミュージカル『プリシラ』の初日囲み取材に、主演を務める山崎育三郎が出席しました。

 

本作は、オーストラリアを舞台に、3人のドラァグクィーンたちのドタバタ珍道中を描いたミュージカルで、主人公たちのド派手なファッションや全編に流れる70年代ディスコチューンの数々が印象的な作品となっています。

 

山崎は、主人公のティック(ミッチ)役で、初のドラァグクィーンに挑戦します。

 

会見に舞台衣装で現れた山崎は、司会の方から“もう仕上がっていますね?”と話を振られ、「自分が男性なのか女性なのか迷っている複雑な役柄なのですが、ドラァグクィーンの衣装を着た時は、みんなに負けないように華やかに演じさせて頂こうと、自然と気持ちがそうなります」と回答。

 

また、“踊りの方はいかがですか?”と問われ、「歌とダンスと芝居がそれぞれ同じ量あるので、何でもできないといけない作品です。踊りのシーンで、陣内(孝則)さんが真剣に踊られていると、男の陣内さんが出てくるので“笑って~!”と言ってます(笑)」とコメント。

 

さらに、“劇中で見逃さないで欲しいシーン”について訊かれると、「僕が好きな曲に『True Colors』という曲がありまして、田舎町で3人がひどい目に遭うシーンで歌うナンバーなんですが、そこがグッときますね」と答え、“お客様へのメッセージ”を求められると、「いよいよ、今日から日本初演のミュージカルの幕が上がるのですが、笑いあり、涙あり、振り幅の広いミュージカルで2016年を締め括るにふさわしい最高のエンターテイメントになっていますので、ぜひ皆さんに日生劇場で体感していただきたいと思っております。お待ちしています」とメッセージを送りました。

 

 


2016.12.10(土)

ⓒKEN-ON
片瀬那奈出演 『ディズニー・アート展覧会 いのちを吹き込む魔法』記者発表会
12月8日(木)に行われた、『ディズニー・アート展覧会 いのちを吹き込む魔法』の記者発表会に、スペシャルアンバサダーを務める片瀬那奈が出席しました。 

 

本展覧会は、ミッキーマウスの誕生作となった『蒸気船ウィリー』にはじまり、『白雪姫』から『アナと雪の女王』、最新作の『モアナと伝説の海』(2017年3月日本公開予定)に至るまで、約1世紀に渡るディズニー・アニメーションの歴史を紐解く原画やスケッチ、コンセプトアートなど約450点が勢揃いする大型企画展で、展示作品のほとんどが日本初公開となります。

 

 会見にドレス姿で登場した片瀬は、司会の方から“大変美しいですが、今日の衣装のテーマは?”と訊かれて、 「ありがとうございます。おこがましいのですが、姫をイメージしてやって来ました」と笑顔でコメント。

 

次に、“一番思い出に残っている作品とその理由”について問われ、「今回のディズニー・アート展覧会の中で一番好きなのは、『不思議の国のアリス』です。独特な色彩感や不思議な世界観、もちろんアリスのちょっと不思議な可愛らしさもそうですし、原画を描かれたメアリーの独特の色彩感覚と絵のタッチが、これまでのディズニー作品の中でも存分に発揮されているのがアリスだと思いますので、そういう歴史の意味でもすごく好きです。昨日もアリスを観たほど、身近にあるのがアリスですね」と答えました。

 

また、“改めて、ディズニー・アニメーションの魅力とは?”という質問に、「時代に合ったテーマや、その時代の最新の技術を肌で感じられるところがこの仕事をやっている身としても勉強になりますし、ディズニーのアニメーションを観ている時は、ディズニーの世界に瞬時に入ることができて、夢の世界にいられる感じが魅力のひとつだと思います」と回答し、“展覧会で楽しみにしていること”について話が及ぶと、「1937年、ディズニーが『白雪姫』の長編アニメーションを作り、1940年には『ファンタジア』で、実写とアニメーションが一緒になったというように、毎回すごく革命的な作品を生み出し続けているディズニーの約90年分の歴史が一気に観られることや、使われなかった原画の『美女と野獣』の野獣が実はヒヒであったとか、新しい発見があったり、このディズニー・アート展覧会を観ることによって今まで観てなかった作品やこれから劇場で公開される作品がより楽しくなると思うので、ご家族や友人、カップルなどでぜひじっくり観ていただきたいと思います。私自身、前回は東京で観られなくて、大阪に観に行ったぐらいなので、今回も本当に楽しみです」と話しました。

 

『ディズニー・アート展覧会 いのちを吹き込む魔法』は、2017年4月8日(土)~9月24日(日)の期間、東京・青海の日本科学未来館にて開催されます。

 

 ©Disney Enterprises,Inc.

2016.12.07(水)

山崎育三郎 『Act Against AIDS 2016「THE VARIETY 24」』ゲスト出演12月1日(木)に日本武道館で開催された、『Act Against AIDS 2016「THE VARIETY 24」』に山崎育三郎がゲスト出演しました。

12月8日(木)から日生劇場で開演するミュージカル『プリシラ』のVTRが会場に流れると、主役のティックを演じる山崎育三郎がドラァグクイーンのメイクと衣装で登場。
甘く力強い歌声で会場の注目を一気に引きつけたところで、プリシラキャストが勢揃いし、往年のヒットソングをメドレーで披露した。



ステージ上を豪華絢爛な衣装で歌って踊る山崎とプリシラキャストのド派手なパフォーマンスは、会場に集まった9,000人の来場者を沸かせました。

ミュージカル『プリシラ』は12月8日(木)より、日生劇場(東京)にて開演。


■ミュージカル『プリシラ』 演出:宮本亜門
主役 ティック(ミッチ)役:山崎育三郎
公演日程:12月8日(木)~ 29日(木)
チケット:発売中
公式HP:http://www.tohostage.com/priscilla/


◯山崎育三郎 オフィシャルサイト
http://www.ken-on.co.jp/1936/

◯山崎育三郎 オフィシャルファンクラブ
http://iku-fc.com/



Categories

Recent Entries

Archives

  • 研音公式オンラインショップ K-SHOP

Twitter

ページトップ
Created by Coosy inc.