Topics トピックス

所属アーティストのニュースを中心に、研音からオフィシャル情報をお届けします。

2016.11.13(日)

ⓒKEN-ON
ⓒKEN-ON
山本涼介 主演舞台「サバイバーズ・ギルト&シェイム」公開フォトコール&囲み取材

11月11日(金)に行われた、舞台「サバイバーズ・ギルト&シェイム」公開フォトコール&囲み取材に、主演を務める山本涼介が出席しました。

 

本作のタイトル、「サバイバーズ・ギルト&シェイム」とは、戦争や災害、事故でかろうじて生き残ってしまった人が亡くなってしまった人たちを思い、生きていることに感じる罪悪感と恥ずかしさを意味します。

本作では、自分は戦死したと思い込んでいる帰還兵・水島明宏を山本が演じ、成仏する為に映画作りに没頭する過程で、“生き延びてしまった罪と恥”と向き合い、格闘し、笑い飛ばす、爆笑悲劇が描かれます。

 

本編の一部がマスコミ公開された後、会見の場に登場した山本は、役どころと意気込みを問われ、「僕が演じる水島明宏は、自分が死んだと思い込んでいて、生きた証を残す為に映画を撮りたいと、天国に行かずに故郷に帰ってきた青年です。水島は、僕と同じ21歳で等身大の役なので、あまり役作りは意識せずに、掛け合いの中で生まれた感情を大切に演じるようにしています。今日が初日となりますが、鴻上さんはじめ、キャスト、関係者の皆さまのお力をお借りし、初日を迎えられたことに感謝しています。本番のステージでは、稽古でやってきたことに自信を持ち、しっかり演じて行きたいと思います」と語りました。

 

次に、初主演舞台のオファーを受けた時の心境を訊かれ、「とにかく驚きました。映像の仕事も含めて、主演は今回が初めてなので、責任の大きさを感じましたし、台詞も多く、きちんとできるかな?という不安も正直ありました」と明かしました。

 

また、“今年1年を振り返っていかがでしたか?”という問いには、「1年間『仮面ライダーゴースト』をやらせて頂き、そのスピンオフもつい先日まで撮影していました。素手のアクションに加え、ワイヤーを使った本格的なアクションも経験させてもらいました。そして今回、主演で素敵な共演者の皆さんとお芝居をやらせて頂けるとあって、21年の人生の中で、一番濃かった1年だったと感じます」と回答。

 

最後に、見どころとメッセージを求められ、「この歳でこういう格好をするの?!というような衝撃の展開があったり、少しうるっとくるような場面もあったり…抱腹絶倒の悲劇、その言葉の意味がきっとわかると思います。120分間テンポが良くて、歌や心に響く台詞もたくさん詰まっています。そして何より、『サバイバーズギルト&シェイム』という言葉を知らない方にも知って頂くきっかけとなればいいなと思いますし、またその悩みを抱えている方にとっても、一歩前に進むきっかけとなればと思います。『サバイバーズ・ギルト&シェイム』、ぜひ観に来て下さい!お願いします!」とメッセージを送りました。


2016.11.11(金)

ⓒKEN-ON
大友花恋 第95回全国高校サッカー選手権大会 12代目応援マネージャー決定

11月3日(木・祝)に行われた、第95回全国高校サッカー選手権大会 12代目応援マネージャー決定 囲み取材に、大友花恋が出席しました。

 

冬の風物詩となっている、全国高校サッカー選手権大会。

今年、第95回目となる大会の12代目応援マネージャーを、大友花恋が務めることが決定しました。

 

会見冒頭に大友は、「全国にたくさんいらっしゃるマネージャーさんの代表として、選手の皆さんに身近に感じていただけるようにたくさん応援して、テレビの前でご覧になっている方々に、選手の皆さんの熱いプレーをお届けしたいと思っています。頑張ります。よろしくお願いします」と挨拶。

 

まず、就任が決まった時の率直な気持ちを問われ、「すごくすごくびっくりしました。でも、選手の皆さんのプレーを間近で観られて、直接応援できることがとても楽しみで、ワクワクしました」と回答。

 

次に、“サッカーは好きですか?スポーツの経験はありますか?”という問いには、「弟がサッカーを習っていて、小さな頃から身近なスポーツで、一緒にサッカーをして遊んだりしました。選手の皆さんの応援ができることが嬉しいです」と話しました。

 

また、“選手の皆さんにどんな言葉を掛けたいですか?”と訊かれ、「たくさん練習してきたと思うので、緊張しないでプレーしてください!と伝えたいです」とコメント。

 

さらに、“好きなサッカー選手はいますか?”という質問には、「日本代表の選手で好きだったのが、岡崎慎司選手で、今回リーダーをされると知った時にすごく感動しました。岡崎選手のシュートを決める姿が、全身で情熱的にプレーされていると感じ、いつもテレビで応援しています」と答えました。

 

最後に、出場する高校生へメッセージを求められ、「皆さん、今まで練習してきた成果を120%出し切れるように、一生懸命応援します。一緒に熱い、熱い冬を過ごしましょう!頑張ってください!」とメッセージを送りました。


2016.11.10(木)

ⓒKEN-ON
『竜星涼カレンダー2017』発売記念イベント

11月5日(土)、竜星涼が『竜星涼カレンダー2017』の発売記念イベントを行いました。

 

今回のカレンダーは、パリコレにも挑むほどファッションが大好きな竜星が、ファッショナブルな衣装を身につけてモードな世界を表現した1冊で、写真1枚1枚をじっくり堪能できるようA3サイズで、ポスター要素を最大限にあしらったファッショナブルポスターカレンダーに仕上がっています。

 

会見では、出来上がったカレンダーの感想を問われ、「撮影時に現場のパソコンで見ているのとはまた違って、実際に出来上がったものを見て、このサイズ感でよかったなと思いました。12ヶ月分の12ポーズに、1ポーズを加えた計13ポーズを一日で撮影したのですが、通常とても一日でやる分量ではなく、皆の団結力があって、いいものが出来上がりました」と振り返りました。

 

次に、お気に入りのカットを訊かれ、「まず、最後のページですが、全部の月の総集編のような感じで、一枚のカレンダーというよりは、よりバラエティーに富んだ作品の詰め合わせとなっていて、見ていて一番自分らしいものが出せたんじゃないかと思います。裸で背中を向けている少し官能的なカットは、ただヌードというのではなく、なかなかアートになりづらかったりする男性でもアートになるというのを皆さんにお見せしたくて、写真としてほんとにいいものが出来たんじゃないかと思います」と回答し、“ご自身の意見が反映されていますか?”という問いには、「そうですね、今回わがまま言わせてもらって、なかなか普段のカレンダー撮影では取り組めないことにも、日本でできる中では精一杯の限界までやらせてもらいました」と話しました。

 

また、自宅で使用しているカレンダーについて話が及ぶと、「家ではごく普通のカレンダーを飾っています。今までは気恥ずかしくて自分のものは飾ってこなかったのですが、今回はアリかなと。これを機に自宅に飾ってみようかと思える、それだけの自信作です」と胸を張り、続けてカレンダーの見どころを問われ、「今までとはまた一味違った、なかなかカレンダーでは見られないショットがあり、とてもファッショナブルに仕上がっているので、ご自宅等でアートや絵として飾っていただければより効果を発揮する、新しい竜星涼のカレンダーをぜひ手に取って見てもらえたらなと思います」とメッセージを送りました。


2016.11.07(月)

ⓒKEN-ON
山崎育三郎出演 『日経BP社「日経トレンディ」が選ぶ「2016年ヒット商品ベスト30」』発表会

11月3日(木・祝) に行われた、『日経BP社「日経トレンディ」が選ぶ「2016年ヒット商品ベスト30」』発表会に、“今年のヒット人”に選ばれた山崎育三郎が出席しました。

発表会冒頭に、情報誌『日経トレンディ』の伊藤編集長から“今年のヒット人”に選ばれたポイントとして、「『下町ロケット』(TBS系)でのインパクトが大きく、『悪党たちは千里を走る』(TBS系)ではまたガラッと違う雰囲気を受けたこと。そして、ミュージカル、舞台でも活躍されていて、マルチな才能をお持ちだということで、“今年のヒット人”に選ばせていただきました」と説明がありました。

その説明を受けて山崎は、「本当に嬉しいです。子どもの頃にミュージカルの世界に入り、29歳まではほぼミュージカル一筋でやってきました。充希(もう一人の“今年のヒット人”に選ばれた高畑充希さん)とは、数年前にミュージカルで一緒に主演をやらせていただいたことがありまして、こういった形で一緒に並んでいることが不思議です。今年のミュージカルで地方公演に行くと、ドラマやバラエティ番組をきっかけにミュージカルに足を運んでくださった方が本当に多くて驚きました。自分にとって2016年は人生の中で一番短く、あっという間に過ぎて行きました」と話しました。

次に、2016年ヒット商品ベスト30が発表され、山崎は、20位の『新・生茶』に対して、「新しくなり、味が濃くなって、振って飲むと美味しさが増すと書かれていて、実際に振ってみると香りがふわっとしてとても美味しいです。パッケージも素敵で、CMに、『下町ロケット』でご一緒した吉川晃司さんが出演されていて、吉川さんが飲まれていると僕も飲みたくなります」とコメント。また、15位の『VR』を実際に体験し、「海の映像のVRを観たのですが、海底に下がっていくと色も変わって、本当に自分が海の中にいるような感覚になって、呼吸も浅くなり、汗も掻きました。VRをやっている人を見るのも面白いです」と感想を述べ、1位の「ポケモンGO」には、「ある撮影をしていたらすごく人が集まってきて、僕がテレビに出始めたので“こういうことになるんだな”と思っていたら、皆さん下を向いて『ポケモンGO』をされていて、僕じゃなかったんだ…(笑)ということがありました」とエピソードを語りました。

発表会後に行われた囲み取材では、“ヒット人に選ばれて改めていかがですか?”と心境を問われ、「ミュージカルや舞台が多かったのですが、映像の方にもチャレンジさせていただき、仕事場と家との往復で人に認知されている実感がなかったのですが、地方に行った時に、ミュージカルを観たことがないだろうなというような小学生からおじいちゃん、おばあちゃんまで声を掛けていただくことがあったので、映像の方も頑張ってよかったなと思いました」と回答。

最後に、「まだスタートラインだという気持ちがあるので、今年以上にまた来年は頑張って行きたいです」と抱負を語りました。


Categories

Recent Entries

Archives

  • 研音公式オンラインショップ K-SHOP

Twitter

ページトップ
Created by Coosy inc.