Topics トピックス

所属アーティストのニュースを中心に、研音からオフィシャル情報をお届けします。

2016.09.30(金)

ⓒKEN-ON
ⓒKEN-ON
唐沢寿明主演、黒川智花出演 日本テレビ系土曜ドラマ『THE LAST COP/ラストコップ』第1話完成披露イベント

9月27日(火)に行われた、日本テレビ系土曜ドラマ『THE LAST COP/ラストコップ』第1話完成披露イベントに、主演を務める唐沢寿明と黒川智花が出席しました。

 

本作は、ドイツの人気海外ドラマが原作となっており、10月8日(土)から日本テレビ系で連続ドラマとして放送され、12月にはhuluでオリジナルのアナザーストーリーが配信されます。

この物語は、捜査中の事故で昏睡状態に陥り、30年間を経て目覚めた唐沢演じる熱血刑事の京極浩介と、窪田正孝さん演じる草食系の若手刑事・望月亮太がバディを組み、様々な事件に挑む様を描くアクションコメディー。

 

黒川は、唐沢演じる京極と同じ横浜中央署・刑事課に所属し、ベテランの風格すら漂う勝気な武闘派女刑事、巡査部長の柏木沙織を演じます。

 

完成披露イベントでは、京極が30年の昏睡から奇跡の復活を遂げたことにちなみ、出演者は30年前の1980年代に流行したファッションで登場。

 

唐沢は、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のマイケル・J・フォックスが劇中で愛用していた赤いダウンベストにスケボーという姿で、黒川は、80年代アイドルの松田聖子さんをイメージした髪型と衣裳で客席から登場し、お立ち台でポーズを決めてステージに登壇しました。

 

唐沢は冒頭の挨拶で、「(このファッションに関して)とにかく熱い(笑)!映画の主人公のままの衣裳です。実は、この時計までも映画の中で使われていたモデルと同じだということです。お客さんの中には(世代的に)分からない方もいらっしゃるかと思いますが、当時の最新のファッションです!」

黒川は、「皆さんこんにちは。柏木沙織役の黒川智花です。80年代ファッションということで、松田聖子さんになりきってみました。今日は楽しんでいって下さい。よろしくお願いします」と挨拶。

 

次に、『世代間ギャップ浮き彫りクイズ!80年代のそれなぁに?』と題し、クイズを行うことに。

 

まず、“現在は、スマホで撮影するカメラですが、昔は?”というお題に対し唐沢は、「これは、“写ルンです”俺、昔CMやってたんだもん。」と回答し、見事正解。

 

続いて、“現在は、彼氏彼女との連絡方法は携帯電話がありますが、昔は?”というお題に唐沢は、「家電(いえでん)です。中学の時に、女の子に告白しようとその子の家に電話をかけると、必ずお父さんが電話口に出たので、呼び出してもらわずに“間違えました…”って切っちゃってた(笑)」と実体験を交えて回答し、連続正解しました。

 

一方、司会の方から、“固定電話はご存知ですか?”と訊かれた黒川は、「黒の電話とか、使ったことはないですが知ってます」とコメント。

 

クイズが終わり質疑応答に移り、自身の役どころと見どころを問われ、唐沢は、「役どころは、ちょっとガサツな刑事で窪田くんを引っぱり回します。今回は、窪田くんがパワーアップして、反抗期の子どものように言う事を聞きません(笑)後は、新キャストのメンバーと寄りで芝居をしている時に、竹内くんと佐々木さんはずっと見てられるぐらい本当にいい顔をしてるっていうところかな!コメディもありながら、刑事ドラマらしく締まっていて、いいバランスで出来ています」

黒川は、「今日の可愛らしい格好とは違い、私はかっこいい女刑事という役柄です。唐沢さんのかっこいいアクションシーンをはじめ、窪田くんや私のアクションにも期待していただけたらと思います。老若男女皆さんが楽しめるドラマなので、ご家族や大切な方とご覧いただけたらと思います」と答えました。

 

質疑応答終了後、「2017年のGWに映画化が決定しました!!」と唐沢からビッグプロジェクトに関する発表が行われ、映画化されることについて問われると、「まだ連ドラも撮影が始まったばかりで、台本もないので寸劇状態になるかもしれない」と笑顔で回答。

 

最後に出演者を代表して唐沢が、「こんなにたくさんの方々にお集まりいただき、本当にありがとうございます。今日は1話(15分拡大で放送)を観ていただくのですが、15分手前のところで切ります(笑)冒頭からほんとに面白くて、最終的に犯人を捕まえることが本当に大事なことなのか?という刑事ドラマらしからぬ不思議な世界観があり、今まで観たことのないドラマに仕上がっています。今日いち早くご覧になる皆さんにはぜひ楽しんでいただいて、お友達にもインターネット等でも紹介して下さい。以上!」とメッセージを送り、舞台挨拶は終了しました。

 

イベント終了後に行われた囲み取材に出席した唐沢は、イベントの感想を問われ、「(イベントにお越しいただいた)若い世代の方々も、(80年代のことは知らないながらも)無条件に楽しんでくださった。柔軟性があっていいですね。お祭り騒ぎっぽい感じは、このドラマの世界観にふさわしいと思います」とコメント。

 

次に、映画化を初めて聞いた時の気持ちを訊かれると、「本当にやるの?と、不安でいっぱいでした」と明かし、映画化されるまでの支持を受けたことについては、「支持されているんですかね?僕の知り合いが観ていないだけかな?(笑)でも、これまでに経験したことがないぐらい、スタッフが楽しんで作っています。こちらが乗り遅れるぐらい作り手が楽しんでいるので、そこがいいのかなと思います」と話しました。

 

最後に、“映画の公開を考えると、スケジュールがタイトになるのでは?”という質問に対し、「このドラマは、勢いのあるうちに撮らないと身体が持たないので意外と早く撮れるんですよ(笑)アクションシーンも身体が覚えているので自分でできることも多いのですが、すべてを自分でやってしまうと芝居の時に疲れ切ってしまうので、 バランスを考えつつ、でも経験者として多少の見せ場は作りたいです」と意気込みを語りました。


2016.09.29(木)

ⓒKEN-ON
沢村一樹 平成29年度前期 NHK連続テレビ小説『ひよっこ』出演者発表記者会見

9月26日(月)に行われた、平成29年度前期 NHK連続テレビ小説『ひよっこ』出演者発表記者会見に沢村一樹が出席しました。

 

本作は、96作目の連続テレビ小説で、東京オリンピックが開催された1964年から始まる物語です。

茨城県北西部のある大家族の農家に生まれた、おっとり、のんびりした少女・谷田部みね子(有村架純さん)が、父(沢村一樹)が行方不明となったことをきっかけに集団就職で上京し、幸せな家族を取り戻す大冒険に乗り出し、成長していく波瀾万丈青春記となっています。

 

沢村は、連続テレビ小説初出演となり、主演の有村架純さん演じるヒロイン・谷田部みね子の父親・谷田部実を演じます。

1年のほとんどを出稼ぎ先の東京で過ごしていましたが、稲刈りで帰郷したのを最後に消息を絶つという役どころです。

 

会見冒頭、「NHKさんで色々な番組をやらせていただいていますが、朝ドラは初めてで、台詞をいただくのは“セクスィー部長”(サラリーマンNEO)以来です。世間では色々なあだ名を付けられているので、そのイメージを払拭したいですね。朝の番組なので、とにかく爽やかに、爽やかに、そして爽やかに演じられれば。万全の意気込みで臨みたいと思います」とユーモアを交え挨拶。

 

次に、娘役の有村さんの印象を問われ、「架純ちゃんが10代のころから目をつけていました。俳優に株があるなら、この子の株は買いだなと思いずっと応援していたので、こんなに早く父親役で共演させていただいてありがたいです。今日、最初にお会いした時も、テレビ画面で見るのと同じ笑顔を向けてくれて、みんなが安心して岡田さんの素敵な脚本の空気をそのまま忠実に再現できる家族を作れると確信しました」とコメントしました。

 

平成29年度前期 NHK連続テレビ小説『ひよっこ』は、2017年4月3日(月)~9月30日(土)まで全156回の放送を予定しています。


2016.09.28(水)

ⓒKEN-ON
ⓒKEN-ON
志田未来、竜星涼 W主演映画『泣き虫ピエロの結婚式』初日舞台挨拶

9月24日(土)に行われた、映画『泣き虫ピエロの結婚式』の初日舞台挨拶に、W主演を務めた志田未来と竜星涼が出席しました。

 

本作は、道化師の望月美由紀さんの実話をもとにつづった『第4回日本感動大賞』受賞作を映画化した作品です。

みんなを笑顔にすることを夢見る見習いピエロの佳奈美(志田未来)は、笑顔を忘れた透析患者の陽介(竜星涼)に恋をします。

次第に陽介は心を許していき、二人は結婚の約束をしますが、式の前日に陽介は倒れてしまい、佳奈美は陽介から別れを告げられます。

愛するがゆえ、別れを決意し再び笑顔を失った陽介に、佳奈美が贈ったものとは…。

 

舞台挨拶冒頭志田は、「今日はお越しいただき、ありがとうございました。志田未来です。去年の8月に撮影して、大事に大事に温めてきたものが今日、皆さんに観ていただけたことをすごく嬉しく思っています。今日は短い時間ですが、最後まで楽しんでいって下さい。宜しくお願いします」

竜星は、「竜星涼です。今日は朝早くから本当にありがとうございます。去年の夏から撮影して、やっと今日こうやって皆さんに観ていただけて本当に幸せに思っています。ありがとうございます。今日は最後まで楽しんでいって下さい」と挨拶。

 

質疑応答に移り、登壇した際に客席から温かい拍手をいただいた感想を問われた志田は、「すごく素直に嬉しいの一言です。私も観終わった後にすごく心が温かい気持ちになったので、今、皆さんも同じ気持ちでいるんじゃないかと思うと、作品に込めた想いが届いてよかったなと思います」とコメント。

 

一方、透析患者の陽介役を演じた竜星は、役作りについて訊かれ、「透析の病院に行って先生のお話を伺いました。実際の透析患者の方は、週に3回ほど透析を受ける為に通院する必要があるので、それを少しでも自分の身体で体感したかったので、一ヶ月間は週に3回決まった時間に病院に通っていました。実際の患者さんは、今日行きたくないなとか、嫌だなという気持ちになる日もあるかと思うのですが、僕のなかでは、やはり行かないと死んでしまうという気持ちがあったので、嫌だという気持ちでは済ませられないという、もどかしさを感じました」と明かしました。

 

次に、本作の主題歌を担当したWHITE JAMさんがステージに登場し、主題歌『咲かないで』を披露。

 

初めて主題歌を生で聴いた感想を求められた志田は、「自分が舞台挨拶に来たことを忘れるぐらい聴き入ってしまいました。最初にスタッフさんから映画の主題歌ということでCDを聴かせていただいた時をすごく思い出して、『泣き虫ピエロの結婚式』は、本当にWHITE JAMさんの『咲かないで』に支えられているなと改めて感じました」と答えました。

 

最後に出演者を代表して志田から、「皆さま、今日は本当にありがとうございました。『泣き虫ピエロの結婚式』は、今日公開して私たちの元から旅立って行ったばかりです。まだまだこれからも『泣き虫ピエロの結婚式』をどうぞ宜しくお願いいたします。本当にありがとうございました」とメッセージを送り、舞台挨拶は終了しました。


2016.09.20(火)

ⓒKEN-ON
永瀬匡 映画『CUTIE HONEY-TEARS-』スペシャルステージ&完成披露上映会

9月15日(木)に行われた、映画『CUTIE HONEY-TEARS-』スペシャルステージ&完成披露上映会に、永瀬匡が出席しました。

本作は、1973年に永井豪氏により秋田書店「週刊少年チャンピオン」で連載された漫画「キューティーハニー」が原作。

映画では、全世界で異常気象や未知のウイルスが蔓延した近未来を舞台に、人間の感情を持つアンドロイドのキューティーハニーの活躍を描きます。

永瀬は、わずかな富裕層が住む「上層階」と、多くの貧困層が暮らす「下層階」に分かれた世界において、下層階のレジスタンスのメンバーの一人である、木村龍太役を演じます。

完成披露上映会の前に、スペシャルステージが開催され、ロビーステージ上の大階段から登場した永瀬は、「皆さん、今日はお越しいただき、ありがとうございます。皆さんと会話を楽しみたいと思います。最後までよろしくお願いします」と挨拶。

次に、司会の方から作品を観た感想を問われると、「僕は、映画の中で下層階で暮らしている設定なのですが、そのせいか、撮影現場がすごく埃っぽかった印象があります(笑)実際に出来上がった作品を観ると、上層階はいい暮らしをしていて、下層階との違いが一視聴者としても楽しめました」と答えました。


スペシャルステージが終わり、完成披露上映会では舞台挨拶冒頭、「皆さん、ご来場いただきありがとうございます。木村龍太役を演じました、永瀬匡です。今回のCUTIE HONEYは、いい意味で身近に感じられる作品になっていると思います。楽しんで行ってください。宜しくお願いします」と挨拶。

続いて、司会の方から“お得意のアクションシーンもありましたか?”と質問を受け、「実は、打ち合わせの時に聞いたのは3枚目でもっと天真爛漫な役だったのですが、180度変わってしまい、根暗な役になってしまいました。皆さん、メガネで前髪が長くてキャップを被っているのが僕なので、気づいて下さい(笑)今回、僕はアクションというのは無くて、誰かが怪我をした時に肩を貸そうとして、でも貸したことがなくて自分が躓いちゃったりするという役どころでした。やっていて楽しかったです。皆さんと寒い中、一緒に暖を取りながら撮影をしていたので、その絆が映像の中からも伝わると思うので、楽しみにしていただきたいです」とコメントしました。


Categories

Recent Entries

Archives

  • 研音公式オンラインショップ K-SHOP

Twitter

ページトップ
Created by Coosy inc.