Topics トピックス

所属アーティストのニュースを中心に、研音からオフィシャル情報をお届けします。

2016.02.29(月)

ⓒKEN-ON
ⓒKEN-ON
竹野内豊 4月クールテレビ朝日系連続ドラマ『グッドパートナー 無敵の弁護士』主演!

竹野内豊が、4月スタートのテレビ朝日系連続ドラマ『グッドパートナー 無敵の弁護士』(木曜21時)で主演を務めます!

 

本作は、企業法務を専門に扱う弁護士事務所を舞台に、日々企業から持ち込まれる案件に法律を駆使して立ち向かっていく弁護士軍団の活躍を描く物語で、『DOCTORS~最強の名医』『HERO』『海猿』などで知られる福田靖氏が脚本を手掛けるオリジナル作品です。スマートでブリリアントな弁護士たちが理不尽な悪と対峙し、ラストにはスカッと爽快な気分になれる最高にスタイリッシュで新しい弁護士ドラマとなります。

 

竹野内が演じるのは、舞台となる「神宮寺法律事務所」の弁護士・咲坂健人。
企業法務全般に長けており、企業間紛争に関する交渉や裁判に強いほか、力技が要求される分野や企業買収などのギリギリの交渉などでも能力を発揮します。大学を卒業後、別の一流法律事務所にいたが、神宮寺一彦(國村隼さん)にヘッドハンティングされ、今の事務所に移籍。エース格としてバリバリ働いています。
無類の負けず嫌いで、顧客・依頼人を守ることがビジネスロイヤーの使命と考えている一方で、人の道に反すると思うようなことはやりたくなく、法律は人と社会を守るために作られており、正しい使い方をしてこそ意味がある、と思っています。また、依頼人、訴訟の相手に対し、弁護士としてではなくひとりの人間として語りかける熱い一面も持っています。
神宮寺法律事務所の弁護士である夏目佳恵(松雪泰子さん)とは元夫婦で、昨年離婚し、現在は12歳になる娘とふたり暮らし。弁護士としてライバル同士でもある健人と佳恵は、依頼案件に関して理路整然と法律論を戦わせることもありますが、ひとたび話が脱線してしまうと、冷静さを失い、途端にお互いのことを「パパ」「ママ」と呼び合って、痴話ゲンカのような争いを始めてしまいます。

 

顧客からの依頼に真摯に向き合うクールな“法務ドラマ”的側面と、いがみ合い、仕事をしながらも痴話ゲンカをしてしまうようなコミカルな元夫婦が織り成す“ホームドラマ”的側面。一見相反するように見える二つの要素が絶妙に絡み合って描かれる世界観が見どころの一つとなります。

 

また本作には、神宮寺法律事務所のアソシエイト弁護士であり、佳恵のサポートをする赤星元役で山崎育三郎が出演します。佳恵からは「レッド!」と呼ばれ、彼女のムチャぶりに必死に付いていく役どころです。

 

<竹野内豊コメント>
今回、福田靖さんとご一緒させて頂ける事をとても光栄に思っております。
「グッドパートナー  無敵の弁護士」は、難しい法の話ではありますが、実際に様々な弁護士の方々と直接会って取材を重ねて来られた福田さんの何とも言えないユーモアを含んだ切り口で、非常に解りやすく世代を選ばず楽しめる物語になると思います。
映画に続き、2度目の共演となる松雪泰子さんは、色々な引き出しを持っていらっしゃる方なので、これからの3ヶ月間が楽しみです。
私自身、連続ドラマでの弁護士役は初めてですが、個性豊かな共演者の皆さんと力を合わせて良い作品にして行きたいと思っています。是非ご期待ください。


2016.02.27(土)

ⓒKEN-ON
福士蒼汰主演フジテレビ系スペシャルドラマ『モンタージュ 三億円事件奇譚』ヒロイン発表!

福士蒼汰が主演を務める、今夏放送のフジテレビ系スペシャルドラマ『モンタージュ 三億円事件奇譚』のヒロインが発表されました。

本作は、週刊ヤングマガジン(講談社)で連載された人気コミック「モンタージュ 三億円事件奇譚 SINCE 1968.12.10」を原作とした、20世紀最大の未解決事件“三億円事件”をテーマに描かれる物語です。

福士演じる鳴海大和より2歳年下で、大和とは家族ぐるみの付き合いがある幼なじみのヒロイン・小田切未来を演じるのは、芳根京子さん。高校1年の時に、当時高校3年の大和と共に、通学路の途中で瀕死の老人を発見し、老人が大和に告げた「お前の父親は、三億円事件の犯人だ。誰も信用するな」という言葉を聞いて以来、大和と共に遠い過去に起こった「三億円事件」に巻き込まれてしまいます。未来は、至って明るく、物おじしない性格で、両親を早くに亡くし部屋にこもりがちな大和に対して、年下ながら遠慮のない物言いで叱咤激励します。また、剣道の達人である父親の武雄(デビット伊東さん)の影響で幼い頃から剣道をたしなみ、なかなかの腕前。未来と大和は、やってもいない殺人の容疑者として警察から追われ、長崎から福岡、さらには東京へと逃亡することになりますが、その剣道の腕前で逃亡中に降りかかる危機を脱していきます。

<福士蒼汰コメント>
Q:初共演となった芳根京子さんの印象
A:「第一印象は、目が大きい(笑)。18歳という実年齢よりも、さらに若く見えますね。現場でも常に楽しそうでした。演じているキャラクターと、ご自身のキャラクターがあまりに違うので、“大丈夫かな?”と心配になったほどです(笑)。ですが、カメラの前に立つとナチュラルにお芝居に入っていき、集中力が高い女優さんだなと思いました。今回のような作品に出演するのは初めてで、“戸惑っている”と言っていたので、大和というキャラクターで彼女を引っ張っていくことは難しいですが、役者同士として何か伝えられることがあればいいなと思って撮影に挑んでいました」


2016.02.27(土)

ⓒKEN-ON
山本涼介 映画『仮面ライダー1号』完成披露舞台挨拶情報

山本涼介が出演する映画『仮面ライダー1号』の完成披露舞台挨拶が、3月15日(火)に新宿バルト9(東京都新宿区)にて行われます。

本作は、1971年に放送が開始され、平成の世も受け継がれている特撮テレビドラマ「仮面ライダー」シリーズの45周年を記念して作られた作品で、仮面ライダー1号を演じた「藤岡弘、」さんが45年ぶりに帰ってきます。

物語は、海外から日本に帰国した初代仮面ライダーが、宿敵ショッカーのみならず、新たなる敵であるノバショッカーたちと対峙する勇姿が描かれます。45年前、悪の秘密結社ショッカーの手によって改造人間にされた本郷猛(藤岡さん)はあの日以来、人間の自由を守るため戦い続けていました。長年にわたり海外で悪と戦ってきた猛は、ひとりの少女の危機を知り、急遽帰国。猛は、ショッカーが少女を狙う理由を探っていた仮面ライダーゴースト=天空寺タケル(西銘駿さん)や、その仲間たちと出会い、少女の危機、そして日本の最大の危機に立ち向かいます。

舞台挨拶は、17:50の回上映開始前、18:50の回上映開始前に行われ、山本のほか、藤岡弘、さん、西銘駿さん、岡本夏美さん、阿部力さん、長澤奈央さん、武田幸三さん、大沢ひかるさん、柳喬之さん、大杉漣さんが登壇予定です。
チケットは、2月27日(土)11:00~3月4日(金)11:00の期間に東映特撮ファンクラブ(TTFC)会員先行抽選販売が行われます。こちらの抽選販売の対象回は、17:50の回のみとなります。一般発売は、3月5日(土)10:00より先着で行われます。詳しくは下記のサイトをご覧ください。

■映画『仮面ライダー1号』完成披露舞台挨拶情報ページ
http://www.tv-asahi.co.jp/reading/superhero-movie/366/


2016.02.26(金)

ⓒKEN-ON
ⓒKEN-ON
速水もこみち主演 TBS系月曜ゴールデン『浅見光彦シリーズ35 風のなかの櫻香』3月28日(月)21時放送

速水もこみちが主演を務める、TBS系月曜ゴールデン『浅見光彦シリーズ35 風のなかの櫻香』が3月28日(月)21時から放送されます。

 

本作は、ベストセラー作家・内田康夫氏の原作をドラマ化した旅情ミステリー。
速水は2013年のシリーズ32作目から主人公・浅見光彦を演じ、今作が速水版「浅見光彦」の第4作目となります。
また本作には、櫻香役で志田未来も出演します。

 

産まれてすぐに捨てられ、5歳まで施設で育った櫻香は、奈良の尼寺の養女として迎えられ、素直で聡明な女性になっていきます。しかし、櫻香が中学生になると、彼女の周りで次々と不審な出来事が起こり始めます。櫻香の母代わりとして、尼寺で櫻香を大切に育ててきた安寿は、光彦の母・雪江(佐久間良子さん)を通して光彦に捜査を依頼。光彦は櫻香の出生に何らかの秘密が隠されていると考え、鳥羽へと向かいます。しかし、櫻香が何者かに誘拐されてしまい、身代金として1億円が要求されます。はたして犯人は何者なのか?そして櫻香の出生の秘密とは?


Categories

Recent Entries

Archives

  • 研音公式オンラインショップ K-SHOP

Twitter

ページトップ
Created by Coosy inc.