Topics トピックス

所属アーティストのニュースを中心に、研音からオフィシャル情報をお届けします。

2015.08.25(火)

ⓒKEN-ON
永瀬匡 映画『天空の蜂』完成披露プレミア試写会

8月20日(木)、映画『天空の蜂』の完成披露プレミア試写会が行われ、永瀬匡が出席しました。
 
本作は、東野圭吾氏が1995年に発表した同名小説を原作に、堤幸彦監督が手掛けるクライシス・サスペンス。
最新鋭にして日本最大の超巨大ヘリコプターを乗っ取り、原子力発電所の真上に静止させるという史上最悪の原発テロと、この究極の危機に立ち向かう人々を描いた作品です。原 発を題材にしたテーマ性やその物語のスケールの大きさから、映像化不可能と言われてきましたが、今回の映画化により公開前から早くも大きな話題を呼んでいます。

物語の舞台は、1995年。何者かの遠隔操作により原発上空で超巨大ヘリがホバリングするなか、電力会社、県庁、マスコミへ「現在稼働中、建設中の原発を全て使用不能にしなければヘリコプターを落とす。燃料がなくなる10時間が期限だ」と一斉にファックスが届きます。その後、ヘリの中に子どもが取り残されていることが判明し、事態はさらに悪化。果たして空中のヘリから子どもを救出し、さらに犯人を探し出すことはできるのか。

主人公は、錦重工業社員で奪われたヘリコプターの設計士・湯原(江口洋介さん)。また、狙われた原発の設計士・三島役を本木雅弘さんが演じ、姿なき敵との極限の心理戦に挑みます。
 
永瀬は、ヘリに取り残された子どもの救出に向かう航空自衛隊員・上条役で出演します。
完成披露プレミア試写会では、
「この作品は、僕たち一人ひとりが目を背けてはいけない問題をテーマとして扱っています。そういった問題に立ち向かおうと背中を押してくれる作品になっていると思います」とコメントしました。
 
映画『天空の蜂』は9月12日(土)公開です。
 
■映画『天空の蜂』公式サイト
http://tenkunohachi.jp/


2015.08.25(火)

ⓒKEN-ON
榮倉奈々・福士蒼汰 映画『図書館戦争』&ドラマスペシャル二夜連続テレビ放送決定!

2013年に公開され、榮倉奈々と福士蒼汰が出演した映画『図書館戦争』と、ドラマスペシャル『図書館戦争 BOOK OF MEMORIES』が10月4日(日)、5日(月)21時よりTBS系にてテレビ放送されることが決定しました!

本作は、人気作家・有川浩氏のベストセラー小説を映像化した作品で、不当な検閲から読書や表現の自由を守るため、厳しい訓練と戦いの中に身を置く自衛組織「図書隊」の物語。
映画『図書館戦争』は興行収入約17億2000万円のヒットを記録し、迫力のあるアクションはもちろん、主人公・堂上篤(岡田准一さん)と笠原郁(榮倉)の気になる恋の行方も話題を呼びました。

スペシャルドラマでは、関東図書基地で図書特殊部隊(通称・タスクフォース)に所属する郁のもとへ両親が訪れることにより、郁と堂上の関係性に変化が生じていきます。さらに、郁の親友で、図書隊業務部に所属する柴崎麻子(栗山千明さん)に、今回新たに登場する八王子歴史民俗博物館学芸員の朝比奈修二(中村蒼さん)が急接近。麻子のことが気になる手塚光(福士)との三角関係が描かれます。

10月10日(土)に公開される映画『図書館戦争 THE LAST MISSION』に先駆けて「図書館戦争」ワールドに触れられる二夜連続放送をお楽しみに!


2015.08.25(火)

ⓒKEN-ON
竹野内豊主演映画『at Home』初日舞台挨拶

8月22日(土)、映画『at Home』の初日舞台挨拶が行われ、主演の竹野内豊が出席しました。

竹野内演じる主人公・森山和彦の一家は、どこにでもある幸せそうなファミリー。しかし森山家に血のつながりは無く、和彦は泥棒、母の皐月(松雪泰子さん)は結婚詐欺師、長男の淳(坂口健太郎さん)は偽造職人で、長女の明日香(黒島結菜さん)と次男の隆史(池田優斗さん)も「犯罪で生計を立てていること」を知っていました。
なぜ5人は危ない橋を渡る歪な関係を選んだのか?真実が明かされた時、「他人同士で家族になること」を選んだ5人の絆に、思いもよらぬ感動が待ち受けています。

舞台挨拶では、
「血縁はないものの、一家の大黒柱としてこの家族を支えていかなければいけないという関係に、リアリティを持たせられたらと思い演じました。撮影はちょうど1年前で、毎日撮影が続くなかで、みんなとの距離感が縮まっていく様子がリアルに演技に反映できたんじゃないかと思います。もう少し一緒にいたいなというところで撮影が終わってしまったので、この繋がりのままどこかでまた一緒にできたらいいですね」
とコメント。

また、終盤に出てくる長男の淳と感情をぶつけ合う印象的なシーンについて
「心理的に難しい描写でしたが、坂口さんと一緒にお芝居をして思ったのが、彼の瞳の中に映る気持ちに真実が宿っていて、小手先ではない気迫をすごく感じることができて、僕も彼に引っ張ってもらったように感じました。すごく良いシーンになったと思います」と振り返りました。

舞台挨拶の最後には
「学生時代に、未来が見えなかったり、希望が見出せなかった時期がありまして、その度に映画に心を救われてきました。その時間は心の成長過程において大切な時間だったなと思っていて、この映画も皆さんの心に残るような映画になればいいなと思います」と語りました。

■映画『at Home』公式サイト
http://athome-movie.com/


2015.08.25(火)

ⓒKEN-ON
永瀬匡 映画『天空の蜂』初日舞台挨拶情報

永瀬匡が出演する映画『天空の蜂』の初日舞台挨拶が9月12日(土)丸の内ピカデリーにて行われます。

本作は、東野圭吾氏が1995年に発表した同名小説を原作に、堤幸彦監督が手掛けるクライシス・サスペンス。
物語は、全長34mの超巨大ヘリ「ビッグB」が遠隔操作で何者かにハイジャックされるところから始まります。ヘリは機内に一人の少年を乗せたまま、標的となった福井県の原子力発電所の上空で静止。“天空の蜂”と名乗る犯人は、「日本全土の原発破棄」を要求します。大量の爆発物とともにヘリ原子炉に墜落するまで、タイムリミットはあと8時間。日本国民全員を守るため、命をかけた攻防が繰り広げられます。

初日舞台挨拶は、9:45の回終了後に行われ、航空自衛隊員・上条役の永瀬のほか、「ビッグB」の設計士・湯原役の江口洋介さん、狙われた原発の設計士・三島役の本木雅弘さん、「ビッグB」を奪う謎の男・雑賀役の綾野剛さん、福井県警警備部長・今枝役の佐藤二朗さん、愛知県警捜査一課の刑事・野村役の松島花さん、そして本作のメガホンを取った堤監督が登壇予定です。

チケットは現在、ローソンチケットにて8月26日(水)23:59まで先行抽選販売受付が行われています。一般発売は、8月29日(土)10:00より先着で行われます。詳しくは下記のサイトをご覧ください。

■映画『天空の蜂』初日舞台挨拶情報ページ
http://news.tenkunohachi.jp/?p=243


Categories

Recent Entries

Archives

  • 研音公式オンラインショップ K-SHOP

Twitter

ページトップ
Created by Coosy inc.