Topics トピックス

所属アーティストのニュースを中心に、研音からオフィシャル情報をお届けします。

2015.06.30(火)

ⓒKEN-ON
ⓒKEN-ON
速水もこみち・水谷果穂 日本テレビ系連続ドラマ『地獄先生ぬ~べ~』7月1日(水)Blu-ray&DVD BOX発売

昨年10月クールに放送され、速水もこみちと水谷果穂が出演した日本テレビ系連続ドラマ『地獄先生ぬ~べ~』のBlu-ray&DVD BOXが7月1日(水)に発売されます。

本作は、丸山隆平さん演じる霊能力教師・鵺野鳴介(通称ぬ~べ~)が、左手に封じた鬼の力や霊能力を駆使して、学校に巣くう悪霊や妖怪を退治していく物語。
童守高校に赴任してきたぬ~べ~は、生徒を思う気持ちは人一倍ありますが、いつもその熱意は空回りし、生徒からも馬鹿にされているダメ教師。
しかし、悪霊や妖怪に憑りつかれた生徒たちの身に危険が迫ると、命懸けで守ってくれる等身大のヒーローです。

速水は、ルックス、性格全てにおいて完璧で、生徒からも絶大な人気を誇る家庭科教師・玉藻京介を演じました。表の顔は高校教師でありながら、人間界を支配するためにやってきた齢400歳の狐の妖怪・妖狐という裏の顔も持っています。
水谷は、ぬ~べ~のクラスの生徒・中島法子役で出演。運動は苦手だが頭がよく、思いやりが深い女の子で、クラスメイトから“のろちゃん”の愛称で親しまれています。性格が温厚で内向的なので、一見地味だが、実は表裏が激しい一面があるという役どころです。

Blu-ray&DVD BOXには、未放送場面を収録したディレクターズカット版(2、4、8、10話のみ)が収録されているほか、ブックレットの封入特典付き。さらに、メイキング、「地獄先生ぬ~べ~の秘密を暴く!生徒が丸ちゃんに下剋上SP 特別編」、ミニドラマ「妖怪NAVI」、TVスポットの映像特典が付いています。

■『地獄先生ぬ~べ~』Blu-ray&DVD BOXリリース情報
発売日:7月1日(水)
価格:22,000円+税(Blu-ray BOX)、17,200円+税(DVD BOX)
構成:本編ディスク5枚、特典ディスク1枚
販売元:バップ


2015.06.30(火)

ⓒKEN-ON
ⓒKEN-ON
志田未来・水上剣星・柴本幸 映画『ST 赤と白の捜査ファイル』7月1日(水)DVD&Blu-ray発売

今年1月に公開され、志田未来、水上剣星、柴本幸が出演した映画『ST 赤と白の捜査ファイル』のDVD&Blu-rayが7月1日(水)に発売されます。

本作は、架空の特殊機関である警視庁科学捜査班・通称「ST」(Scientific Taskforce)を舞台に、リーダーの赤城左門(藤原竜也さん)やエリート警部の百合根友久(岡田将生さん)らSTメンバーが難事件に挑む物語です。
2013年4月にスペシャルドラマ『ST 警視庁科学捜査班』が放送され、2014年7月期に『ST 赤と白の捜査ファイル』として連続ドラマ化。映画では、囚人脱獄事件の犯人・鏑木徹(ユースケ・サンタマリアさん)を殺害した容疑者として赤城が逮捕されてしまい、仲間であるはずのSTメンバーが赤城を追跡することになり、赤城VS STの逃走劇が描かれます。

志田は、STメンバーの一人でプロファイリングのエキスパート・青山翔を演じました。アメリカの大学院を飛び級で卒業し博士号を得ており、文書鑑定も得意とします。女性だが少年のような外見で、自分のことを「僕」と呼び、真っ当なことや整頓された場所を嫌う秩序恐怖症でもあります。
柴本は、現場叩き上げで警視庁捜査一課に配属されたばかりの新人刑事・筒井桃子役で出演。堅実志向のため変わり者ぞろいのSTの言動が理解できず、常に苛立っているが、打たれ強く根気よくSTの暴走と付き合っていきます。
また水上は、警視庁捜査一課の捜査官・牧村真司を演じました。異動になった菊川五郎(田中哲司さん)の後任として筒井とコンビを組むことになり、熱血漢で行動的な彼女を支えていきます。

DVD&Blu-rayは、初回限定封入特典としてブックレットが付いているほか、メイキング、イベント集、公開記念特番、スポット集の映像特典が収録されています。

■映画『ST 赤と白の捜査ファイル』DVD&Blu-rayリリース情報
発売日:2015年7月1日(水)
価格:4,800円+税(DVD)、5,800円+税(Blu-ray)
構成:本編ディスク1 枚、特典ディスク1枚
販売元:バップ


2015.06.30(火)

ⓒKEN-ON
原沙知絵 テレビ朝日系連続ドラマ『警視庁捜査一課9係』7月1日(水)21時最終回放送

原沙知絵が出演する、テレビ朝日系連続ドラマ『警視庁捜査一課9係』の最終回が7月1日(水)21時から放送されます。
 
本作は、都内で起こる様々な殺人事件に対応すべく都内の所轄から精鋭の捜査員が集められたエリート集団「警視庁捜査一課9係」の物語。
「9係」係長・加納倫太郎(渡瀬恒彦さん)のもとに集まった個性豊かな刑事たちは、個性が強すぎるがゆえに捜査中に対立することは日常茶飯事、それでいてそれぞれが熱い正義感の持ち主であるため、最終的に難事件を一丸となって解決していきます。
 
原は、東京都監察医務院に勤務する監察医・早瀬川真澄を演じています。
事件遺体に関する臨床例を求めて大学の法医学研究室から転職した法医学者で、その動機は近親者の不審死にあるようですが、詳細は明かされていません。遺体に関する徹底的なプロフェッショナルで、度が過ぎて生身の人間より遺体とのコミュニケーションを大切にする変わり者という役どころです。
 
最終回で倫太郎らは、女子大生の奈津美(緑友利恵さん)が殺された事件を捜査します。
9係の面々は同居相手の亀井(内野謙太さん)やバイト先のコーヒーショップに聞き込みに行きますが、すでに所轄署の城壮輔(高橋光臣さん)が先回りをして、防犯カメラの映像などを押収した後でした。倫太郎は、城が1年前に茜という女子大生が失踪した事件の容疑者・川北悠真(松本実さん)の犯行だと確信し、証拠を探していることを知ります。今回殺害された奈津美は、茜と同じ大学に通い、しかも川北と同じ店でアルバイトをしていたという接点がありました。さらに、奈津美を尾行する川北の防犯カメラ映像が見つかり、家宅捜索の結果、奈津美殺害の証拠が発見されます。
しかし、9係の浅輪直樹(井ノ原快彦さん)はある疑念を持ちます。そして倫太郎もまた、その疑念に気付きます。果たして犯人は本当に川北なのか?直樹が抱える疑念とは何か?


2015.06.30(火)

ⓒKEN-ON
成海璃子 映画『ストレイヤーズ・クロニクル』初日舞台挨拶

6月27日(土)、映画『ストレイヤーズ・クロニクル』の初日舞台挨拶が行われ、成海璃子が出席しました。

本作は、幅広い世代から支持を得ている小説家・本多孝好氏の新感覚アクション小説を実写映画化したもので、生まれながらにして特殊能力を持つ若者らの抗争を描く物語。
視力・聴力・筋力などを異常発達させられた主人公・昴(岡田将生さん)のチームと、車いすで生活する学(染谷将太さん)がリーダーの「アゲハ」と呼ばれる同じく特殊能力を持った殺人集団の2組に分かれた若者たちが、あらゆる思惑に翻弄されながら闘い傷つけ合います。
映画『桐島、部活やめるってよ』で日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞した喜安浩平氏が脚本を手掛け、映画『へヴンズストーリー』や映画『アントキノイノチ』などを手掛けた瀬々敬久監督がメガホンを取りました。

成海は、1km先の虫の羽音まで聞き分ける特殊能力を持つ女子大生・沙耶を演じます。聴覚が異常に発達し、数km先の囁き声を聞き分け、位置も把握することができます。音楽大学に通っているが、その高感度すぎる聴力に悩みを抱えています。また、嘘のつけないまっすぐな性格で、口は悪いが昴のことを深く慕っている役どころです。

舞台挨拶では、
「この映画を気に入っていただけたら嬉しいです。今日は楽しんでください」とコメント。
また成海は、本作を手掛けた瀬々監督から
「完成した作品を観て、存在感があって素晴らしい人だと思いました」と評価されました。

さらにこの日は、本作の主演で、撮影現場から宣伝活動に至るまでリーダーとしてチームを引っ張ってきた岡田さんに、成海がメッセージを送る一幕もあり、
「岡田さんお疲れさまでした。現場ではいつも昴でいてくれてありがとう。焼肉もごちそうしてくれてありがとう。とても美味しかったです。また一緒に仕事しましょう!」と感謝の気持ちを伝えました。

■映画『ストレイヤーズ・クロニクル』公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/strayers-chronicle/


Categories

Recent Entries

Archives

  • 研音公式オンラインショップ K-SHOP

Twitter

ページトップ
Created by Coosy inc.