Topics トピックス

所属アーティストのニュースを中心に、研音からオフィシャル情報をお届けします。

2015.03.26(木)

ⓒKEN-ON
原菜乃華 演劇集団Z-Lion第5回公演『まっ透明なAsoべんきょ~』で舞台初主演!

Next Generationに所属する原菜乃華が、6月に公演する演劇集団Z-Lion第5回公演『まっ透明なAsoべんきょ~』で舞台初主演を務めます!

Z-Lionとは、粟島瑞丸さんが2012年12月に旗揚げした集団。Z-Lion第5回公演となる今作は、6月24日(水)~28日(日)の期間に中野・ザ・ポケット(東京都中野区)にて公演されます。

チケットは、4月11日(土)10:00~4月19日(日)23:59の期間に先行販売が、4月25日(土)10:00より一般販売が行われます。詳しくは下記のサイトをご覧ください。

現在「キラピチ」の専属モデルを務める原は、2014年10月クールに放送された読売テレビ・日本テレビ系連続ドラマ『ビンタ!~弁護士事務員ミノワが愛で解決します~』に出演し、主人公の弁護士事務員・箕輪文太(松本利夫さん)の異母兄妹のカナを演じました。
また、2月21日(土)に公開され、「第6回沖縄国際映画祭」「京都国際映画祭」にも出品された映画『ピラメキ子役恋ものがたり~子役に憧れるすべての親子のために~』では、超有名な子役スターのヒロイン・狭川由衣を演じました。

【『まっ透明なAsoべんきょ~』あらすじ】
世の中にはさまざまな世界があった。
夢の世界やら闇の世界やら華やかな想像の世界やら。
そんな世界の中に、まっ透明な世界という世界があった。
今回はそんな世界のお話。
まっ透明な世界の住民はみんな常識知らず。
服の着方が変だったり、名前がみんな食べ物の名前だったり、頭が悪かったり。
人間の目には見えない透明な世界でみんな幸せな暮らしを送っていた。
そんな透明人間達は、ある時期を迎えると人間の目にも見えるように姿を変えて、
1ヶ月間人間の世界に社会勉強しにくる事ができるという。
ある朝キノコとピータンは緊張しながらも1軒のカフェにやって来た。
そこは、リコとコージという元教師の夫婦が営むカフェだった。
「よしキノコ、私がいろんな事教えてあげる」
「うん」
キノコはそう返事をすると、人間達とのバカで間抜けな1ヶ月が始まったのだった。
今作も最強のスタッフとキャストが集まり、最高のヒューマンファンタジー
ハートフルコメディーを作り出す。
 いっつ・あ・しょうたいむ

■Next Generation 原菜乃華
http://www.ken-on.co.jp/next/hara

■演劇集団Z-Lionオフィシャルサイト
http://www.z-lion.net/


2015.03.26(木)

ⓒKEN-ON
ⓒKEN-ON
榮倉奈々・福士蒼汰 映画『図書館戦争-THE LAST MISSION-』公開日決定!

榮倉奈々、福士蒼汰が出演する映画『図書館戦争-THE LAST MISSION-』の公開日が10月10日(土)に決定しました!

本作は、人気作家・有川浩氏のベストセラー小説を映像化した作品で、不当な検閲から読書や表現の自由を守るため、厳しい訓練と戦いの中に身を置く自衛組織「図書隊」の物語。
2013年4月に公開された前作は、興行収入約17億2000万円のヒットを記録。恋愛要素とアクション要素がバランスよく描き出された内容に満足度も高く、続編を望む声が相次ぎました。
その声に応えるべく、昨年12月に同じキャスト・スタッフで再集結。北九州市立中央図書館、水戸市立西部図書館、十日町情報館(新潟県十日町市)、山梨県立図書館、宮城県図書館といった日本全国各地の図書館施設や、防衛省、陸上自衛隊、航空自衛隊の全面協力も得て、63日間にわたるオールロケでの撮影を敢行しました。

前作に引き続き、榮倉は図書隊のタスクフォース唯一の女性隊員・笠原郁を、福士は笠原の同期でタスクフォースに所属するエリート隊員・手塚光を演じます。

続編は、前作で描かれた図書防衛の戦闘“小田原・情報歴史図書館攻防戦”の一年半後が舞台。検閲によって公序良俗を乱す表現を取り締まろうとする「メディア良化委員会」と図書隊との抗争はより激しいものになって続いており、図書隊は過去最大の戦闘を開始する事態を迎えることになります。


2015.03.26(木)

ⓒKEN-ON
榮倉奈々 写真集『four seasons』発売記念握手会

榮倉奈々が3月21日(土・祝)、写真集『four seasons』の発売記念握手会を行いました。

3年半ぶりとなる今回の写真集は、本人自ら写真のセレクトや写真集のテーマ性を決定し、タイトルも自分で決める熱の入れようでした。写真集は四つのパートから成り、春を中村和孝氏、 夏をアンディ・チャオ氏、秋をTommy氏、冬を新津保建秀氏という豪華な顔ぶれがカメラマンとして参加。3年をかけた大作で、本人の成長や、こだわりが色濃く反映された一冊になっています。

今回の写真集について、
「今回は4組のスタッフさんにそれぞれ違う季節、違うシチュエーションで撮っていただきました。何か変わったことをしようということではなく、自分の変化を自然に撮ってもらえたらと思いました。4つのフィルターを通していろんな季節のいろんな時期の私が詰まっていて、贅沢な1冊ができたと思います。こういう企画はなかなかできないのでぜひたくさんの方々に見ていただきたいです」とコメント。

撮影は2012年の7月から2014年の10月まで約3年間かけて行われ、
「24歳から26歳にかけて撮影したのですが、当時撮影していた映画やドラマに影響された表情をしているんだなと写真を通して感じますね」と振り返りました。

お気に入りのカットは2012年7月に撮った2枚の写真をあげ、
「私服に着替えて帰るときに、カメラマンさんに『それで撮ろうよ』と言われて、そのままの姿を撮ってもらいました。素な感じがして好きですね」と語りました。

また、写真集のテーマにちなみ、四季のなかでどの季節が好きか聞かれると、
「夏に海で遊ぶのも好きですが、春の暖かい感じも好きです。今だんだんと春に向かってきているので嬉しいですね」と答えました。さらに、「最近アウトドア派になったので、春は乗馬したり、お花見もしてみたい。外で遊べることを探したいです。夏はバーベキューや海に潜ったりしたいです」と明かしました。

自身の今後については、
「30歳になるまでに記録に残してもらえる機会があれば嬉しいですし、記録に残したいと思われるような素敵な人でいたいです」と意欲を見せました。


2015.03.25(水)

ⓒKEN-ON
永瀬匡 映画『Mr.マックスマン』3月26日(木)公開

永瀬匡が出演する映画『Mr.マックスマン』が3月26日(木)に「島ぜんぶでおーきな祭 第7回沖縄国際映画祭」で公開されます。

2009年より沖縄県で開催されてきた「沖縄国際映画祭」は、7年目を迎える今年「島ぜんぶでおーきな祭 第7回沖縄国際映画祭」と名称を変え、他に類をみないエンタテインメントの祭典としてさらにスケールアップしました。3月25日(水)~29日(日)の開催期間にさまざまな映画の上映やイベントが行われます。

『Mr.マックスマン』は、3月26日(木)15:30より桜坂劇場ホールAで上映されます。
主人公は、ジャパンテレビ入社3年目で、朝の情報番組「フレッシュワイド」のサブMCを務める谷口正義(千葉雄大さん)。いつも失敗ばかりでうだつが上がらず、幼馴染で隣に住む、同じ職場の報道マン・祐子(山本美月さん)への片思いも空回り。そんなある日、取材先で拾ったガラスで作ったメガネをかけると超人的なパワーを宿ることに気づき、正義のヒーローとして立ち上がることを一念発起します。

永瀬は、谷口の後輩アナウンサー・西島文夫役で出演します。

■「島ぜんぶでおーきな祭 第7回沖縄国際映画祭」公式サイト
http://oimf.jp/program/tv_ex.php


Categories

Recent Entries

Archives

  • 研音公式オンラインショップ K-SHOP

Twitter

ページトップ
Created by Coosy inc.