Topics トピックス

所属アーティストのニュースを中心に、研音からオフィシャル情報をお届けします。

2018.09.14(金)

杉咲花 映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』完成披露プレミアイベント

9月4日(火)に行われた、
映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』の完成披露プレミアイベント
に杉咲花が出席した。

 

 

本作は講談社「kiss」で連載中の有賀リエ原作『パーフェクトワールド』を
実写映画化した作品で、インテリアコーディネーターとして働く川奈つぐみと
事故で車イス生活になっていた初恋の相手との純愛を描いたラブストーリー。
 
イベントでは主演・川奈つぐみ役を演じる杉咲が真っ白のドレスに
身を包んで会場2階より登場。
大歓声の中、集まった観客に手を振るなど笑顔を見せ、鮎川樹役の岩田剛典さんと共に
“パーフェクトカーペット”の上を歩いた後、バルーンシャワーの風船を
割りカラフルな風船が舞う中、階段を下りてステージに移動。
声援を受けた杉咲は「本日はお越し頂きありがとうございます」と感謝の言葉を述べ、
撮影を振り返り「監督と沢山話し合いをしながら撮影を進めていくことは
初めての経験だったのですが、すごく濃厚で贅沢な時間だったと思います。
その分役に対して悩むこともあったのですが、今映画を作っているんだという
感覚になって幸せな時間を過ごさせて頂きました」と語った。
 
続いて、試練を乗り越えていくストーリーにちなみ
困難を乗り越え、幸せなカップルが増えて欲しいという願いを込めて
撮影地である江の島の恋愛成就の名所・恋人の丘をモチーフに
真実の愛を固く結ぶと言われている“南京錠”を施錠。
さらには真実の愛が鳴り響く“幸福の鐘”を鳴らして
イベントを締めくくった。

 


その後行われた舞台挨拶では、
本作への出演について「ラブストーリーという新しい挑戦をさせて
頂ける嬉しさが大きかったのですが、
色々な形がある恋愛の中で、まだ体験したことのない部分だったりを
演じる難しさがあり最初は不安もありました」と思いを明かし、
社会人という役作りにおいては「最初、大人っぽくみせようと
本読みのときに声のトーンを低く、落ち着いた感じで台本を読んでいると
監督から『もっと天真爛漫なつぐみを演じてください』とおっしゃって頂き、
意識せずに演じることができました」とコメント。
 
また、試練を乗り越えていくストーリーにちなみ撮影中、
試練だったことはという質問に「まだ免許を持っていないのですが、
初めて車を運転するシーンでは操作が分からず、
何度もクラクションを鳴らしてしまい鳴らさないようにすることが試練でした」
と照れながら話す杉咲に会場が沸く中、
最後の挨拶では「完成した作品を観て、いつ何が起こるか分からないからこそ
『ありがとう』と伝えたり、好きな人には
『好き』と言ったりと今できることをしなくてはと感じました。
大切な人をより大事に思える作品だと思います。
ご覧頂いて大切な人を思うきっかけになると嬉しいです」とメッセージを送った。
 
映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』は10月5日(金)より全国にて公開。

 


Categories

Recent Entries

Archives

  • 研音公式オンラインショップ K-SHOP

Twitter

ページトップ
Created by Coosy inc.