Topics トピックス

所属アーティストのニュースを中心に、研音からオフィシャル情報をお届けします。

2017.03.21(火)

ⓒKEN-ON
山崎育三郎 映画『美女と野獣』日本版デュエットソングお披露目イベント

3月13日(月)に行われた、映画『美女と野獣』日本版デュエットソングお披露目イベントに山崎育三郎が出席した。

 

本作は、清らかな心を持つ女性・ベルが、魔女の呪いで野獣となってしまった王子に献身的に接し、心の距離を縮めていく様を描いた不朽のディズニー・アニメーション『美女と野獣』をエマ・ワトソン主演で実写映画化したもので、山崎は、ダン・スティーヴンスが演じる・野獣の日本語プレミアム吹替版を務める。

 

常設された螺旋状の大階段から、ベル役の昆夏美さんをエスコートしながらステージに降り立った山崎は、日本版デュエットソング『美女と野獣』をダンスを交えながら情感たっぷりに歌い上げ、会見場は、まるで舞台を観ているかのような空気感に包まれた。

 

数々のミュージカルで共演経験のある昆さんとの歌唱について、「声優として画面の前で歌や芝居をすることもいいのですが、直接歌えてすごく楽しかったです」と振り返り、「ベルと野獣が心を通わせていくシーンで歌う楽曲だったので、王子と野獣の気持ちで芝居のように歌わせていただいたのですが、いかがでしたでしょうか?」と集まった観客に問いかけると、会場からは大きな拍手が起こった。

 

山崎にとってディズニー映画とは、「僕の人生のきっかけを与えてくれた映画」と明かし、幼少期に「サンタクロースに“野球のグローブを下さい”って手紙を書いたら、アラジンのDVDが置いてあったことから僕のディズニーは始まりました」というエピソードを披露。「お芝居から歌に入るという世界観を好きになったのはディズニー作品がきっかけです。そこからミュージカルの世界に入っていったと言っても過言ではなく、ディズニー作品に携わることが僕のひとつの夢だったので、オーディションに受かった時は夢が叶った瞬間でした」と笑顔を見せ、山崎がずっとファンだったという本作の作曲を手掛けたアラン・メンケンさんについて、「誰もが知っている名曲をたくさん作られたアラン・メンケンさんの楽曲は、演じるキャラクターを描いてくれているので、そのメロディーに言葉と心を乗せれば、作品の世界に連れて行ってくれます」と目を輝かせた。

 

また、ロンドンで本作を観た感想を、「実写版を遥かに超えた映画」と述べ、野獣の幼少期の話など今までになかった深い部分まで描かれていることや、この映画の為に新曲が書き下ろされたことも明かし、「新曲を歌うシーンは、自分でも涙が流れるほど感動してしまうぐらい素敵なシーンになっています。野獣とベルの繊細な心の変化を皆さんにも感じて観ていただけると嬉しいです」と見どころを語り、「子どもから大人まで、女性はもちろん、男性にも楽しんでいただける映画になっていますので、字幕版と吹替え版、2回は観ていただきたいです」とメッセージを送った。

 

タイトル:『美女と野獣』

公開:2017年4月21日(金)全国公開

配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

© 2017 Disney Enterprises,Inc. All Rights Reserved.


Categories

Recent Entries

Archives

  • 研音公式オンラインショップ K-SHOP

Twitter

ページトップ
Created by Coosy inc.