Topics トピックス

所属アーティストのニュースを中心に、研音からオフィシャル情報をお届けします。

2017.02.22(水)

ⓒKEN-ON
ⓒKEN-ON
杉咲花 福士蒼汰出演 映画『無限の住人』完成報告記者会見

2月15日(水)に行われた、映画『無限の住人』の完成報告記者会見に、杉咲花と福士蒼汰が出席しました。

 

沙村広明氏の同名マンガを実写化した本作は、無限の命を持つ男・万次の戦いを描く時代劇アクションエンタテインメント。

剣客集団・逸刀流(いっとうりゅう)に両親を殺され、万次を用心棒として雇う少女・浅野凜を杉咲が、主人公・万次(木村拓哉さん)を迎え撃つ剣客集団・逸刀流の統主・天津影久を福士が演じます。


会見の冒頭に杉咲は、「こんにちは、杉咲花です。今日はありがとうございます。素晴らしいスタッフ・キャストの皆さんが集まられたこの三池組に参加させていただけたことは、私にとって本当に貴重な経験になりました。ここで学ばせていただいたことがたくさんありました。この日を迎えることができて、すごく嬉しく思っています。今日はよろしくお願いします」
福士は、「天津影久を演じました、福士蒼汰です。この映画はキャッチコピーにもあるように、“ぶった斬りエンタ-テイメント”というのが合う、熱く心に残る映画になっていると思います。本日はよろしくお願いいたします」と挨拶。

 

最初に、“凛を演じたこと、そして木村さんと共演されていかがでしたか?”と訊かれた杉咲は、「凛はほとんどのシーンが万次さんと一緒でした。すごく感情豊かな女の子で、初めて台本を読んだ時に、集中して現場に臨まないといけないなと思い、“できるかな?”と思うシーンも多く、不安になることもあったんですが、現場に行くと木村さんがカメラに映っていない時でも私の目線にいらっしゃる時は、寒くてもコートを脱いでお芝居をして下さったんです。本当に大変なのに、怪我をされていてもアクションをして下さったりして。それが本当に有り難くて、そのお蔭で私は目の前で起きたことを自然と受け入れてお芝居をすることができました」と回答。

 

一方、“役作りで苦労した点”について問われた福士は、「作品の中ではポジション的に悪と語られていくのですが、天津にとっての善というものがあって、それが他の人から見ると悪になりうるかもしれないと思っていたので、悪を演じようとせずに、自分にとっての善を極めていこうとする極端なところが天津なのかなと思って演じていました。殺陣の面でも、刀ではなく鎌のような形になっている斧なので、なかなかその形の物で練習する機会もなく、一つの武器だけでも大変だなと感じていたのですが、木村さんがかなりの種類の武器を使われていたので、“すごいな”と思いました。原作にも面白いポイントとして出てくるので、そこも見どころだと思います」とコメントしました。


Categories

Recent Entries

Archives

  • 研音公式オンラインショップ K-SHOP

Twitter

ページトップ
Created by Coosy inc.