Topics トピックス

所属アーティストのニュースを中心に、研音からオフィシャル情報をお届けします。

2016.12.16(金)

ⓒKEN-ON
ⓒKEN-ON
山本涼介 瀬戸利樹出演 映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー』初日舞台挨拶

12月10日(土)に行われた、映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー』の初日舞台挨拶に、山本涼介と瀬戸利樹が出席しました。

 

本作は、テレビ朝日系にて10月から放送がスタートした「仮面ライダーエグゼイド」(平成仮面ライダーシリーズ18作目)と人気を博した前作のシリーズ「仮面ライダーゴースト」のタッグに加え、レジェンドライダーの仮面ライダードライブ、仮面ライダー鎧武、仮面ライダーウィザードも登場する豪華劇場版です。

 

山本は、仮面ライダースペクター/深海マコト役、瀬戸は、仮面ライダーブレイブ/鏡飛彩役を演じます。

 

会見冒頭司会の方から紹介を受けた山本は、「“命、燃やすぜ!” 髪色が変わってしまったので雰囲気が違いますが、深海マコトを演じました山本涼介です。短い時間ですが楽しんでいって下さい。よろしくお願いします」

瀬戸は、「“オペを開始する!”仮面ライダーブレイブ/鏡飛彩役の瀬戸利樹です。短い時間ですが、よろしくお願いします」と、山本は、仮面ライダーゴーストの決め台詞を引用し、瀬戸も同様に台詞を披露しながら挨拶しました。

 

「仮面ライダーエグゼイド」と「仮面ライダーゴースト」の新旧仮面ライダーが一堂に会し、豪華な挨拶が行われた後、質疑応答に移り、 司会の方から、“完成した映画をご覧になっていかがでしたか?”と問われた瀬戸は、「やはり、本編でも“仮面ライダーだな”と思いましたし、大画面で観て改めて“ヒーローだな!”と思いました」と回答。

 

一方、お気に入りのシーンについて訊かれた山本は、「アカリちゃんがタケルを助けに行こうとすると、病室の外にはアランとマコトが立っているというシーンがあり、そこが唯一ライダースを脱いだシーンなんです。あそこもまた、カッコイイなと(笑)あのシーンは、監督からもカメラリハーサルの段階から“面白いことやって!用意、スタート!”と言われ、色々やらされたので印象に残っています」と撮影秘話を交えながら答えました。

 

最後に、“ゴーストチームの背中を見て、エグゼイドチームの皆さんはこれから1年後、どのようになっていたいか目標はありますか?”という質問を受けた瀬戸は、「ゴーストチームが1年かけて築き上げられてきた姿を見て、すごく刺激を受けたので、鏡飛彩として、天才外科医として、もっともっとレベルアップしていかないといけないなと思いました」とコメントしました。


Categories

Recent Entries

Archives

  • 研音公式オンラインショップ K-SHOP

Twitter

ページトップ
Created by Coosy inc.