Topics トピックス

所属アーティストのニュースを中心に、研音からオフィシャル情報をお届けします。

2016.10.12(水)

ⓒKEN-ON
沢村一樹 『-ジュジュ苑スペシャル- スナックJUJU』ゲスト出演

10月10日(月・祝)に開催された、『-ジュジュ苑スペシャル- スナックJUJU』に、沢村一樹がゲスト出演しました。

 

10月9日(日)からスタートした、日本テレビ系連続ドラマ『レンタル救世主』で、沢村演じる明辺悠五とアーティストのJUJUさんが、主題歌『believe believe』をコラボしたことから今回の企画が実現し、この日、初披露されました。

 

本編が終わり、アンコールでJUJUさんから、今日一日沢村をレンタルしていた旨がお客さんに伝えられ、影アナウンスや本番中の進行アナウンスを沢村が務めていたことが明かされ、ステージに沢村が登場。

 

「こんばんは~!“レンタル救世主”としてやって参りました。昨日ドラマを観ていただいた方はどのくらいいらっしゃいますか?裏で出番まで待っている時間が長くて、もう唇と口の中がカピカピです!そのかわり、手のひらはベトベト(笑)こんなにたくさんのお客さんの前でライヴをするなんてすごいですね。スタッフから、ステージに立つと照明でお客さんは見えないと聞いていましたが、すごくよく見える…新曲を披露するということは、僕は今からここで歌わなきゃいけないんですよね?歌詞おぼえてるかな…(笑)今回、お客さんに見えるようにモニターに歌詞が出るじゃないですか?もし、違う歌詞を歌ったら、間違ったという事ですから!今日、僕はちゃんと歌いますから、今日ここにいる皆さんは、『レンタル救世主』をぜひご覧ください!」とトークがあり、JUJUさんがマイクスタンドの準備に取り掛かると、「もし、そのマイクスタンドにマイクがささらなかったら、歌は無しということでいいですか?(笑)」と、終始緊張して歌唱を躊躇う沢村の姿がありました。

 

無事、マイクも装着されたところで、沢村からお客さんへ『believe believe』の歌詞の中で、“ビリビリビリビリ~”という箇所の振り付けのレクチャーがあり、「明るい歌なので、ノリノリで行きましょう!」と自ら発破をかけて、本番へ。

 

自身のパートじゃないところでは、頭上で大きく手をたたいてお客さんを盛り上げたり、ステージ上手のアリーナからスタンドの方へ、マイクスタンドを持って移動しながら歌唱し、本番前の緊張が嘘のように振り付けも決まってノリノリのパフォーマンスを披露し、会場に集まった12,000人のファンを沸かせました。


Categories

Recent Entries

Archives

  • 研音公式オンラインショップ K-SHOP

Twitter

ページトップ
Created by Coosy inc.