Topics トピックス

所属アーティストのニュースを中心に、研音からオフィシャル情報をお届けします。

2015.08.25(火)

ⓒKEN-ON
竹野内豊主演映画『at Home』初日舞台挨拶

8月22日(土)、映画『at Home』の初日舞台挨拶が行われ、主演の竹野内豊が出席しました。

竹野内演じる主人公・森山和彦の一家は、どこにでもある幸せそうなファミリー。しかし森山家に血のつながりは無く、和彦は泥棒、母の皐月(松雪泰子さん)は結婚詐欺師、長男の淳(坂口健太郎さん)は偽造職人で、長女の明日香(黒島結菜さん)と次男の隆史(池田優斗さん)も「犯罪で生計を立てていること」を知っていました。
なぜ5人は危ない橋を渡る歪な関係を選んだのか?真実が明かされた時、「他人同士で家族になること」を選んだ5人の絆に、思いもよらぬ感動が待ち受けています。

舞台挨拶では、
「血縁はないものの、一家の大黒柱としてこの家族を支えていかなければいけないという関係に、リアリティを持たせられたらと思い演じました。撮影はちょうど1年前で、毎日撮影が続くなかで、みんなとの距離感が縮まっていく様子がリアルに演技に反映できたんじゃないかと思います。もう少し一緒にいたいなというところで撮影が終わってしまったので、この繋がりのままどこかでまた一緒にできたらいいですね」
とコメント。

また、終盤に出てくる長男の淳と感情をぶつけ合う印象的なシーンについて
「心理的に難しい描写でしたが、坂口さんと一緒にお芝居をして思ったのが、彼の瞳の中に映る気持ちに真実が宿っていて、小手先ではない気迫をすごく感じることができて、僕も彼に引っ張ってもらったように感じました。すごく良いシーンになったと思います」と振り返りました。

舞台挨拶の最後には
「学生時代に、未来が見えなかったり、希望が見出せなかった時期がありまして、その度に映画に心を救われてきました。その時間は心の成長過程において大切な時間だったなと思っていて、この映画も皆さんの心に残るような映画になればいいなと思います」と語りました。

■映画『at Home』公式サイト
http://athome-movie.com/


Categories

Recent Entries

Archives

  • 研音公式オンラインショップ K-SHOP

Twitter

ページトップ
Created by Coosy inc.