Topics トピックス

所属アーティストのニュースを中心に、研音からオフィシャル情報をお届けします。

2015.04.25(土)

ⓒKEN-ON
山崎育三郎 日本テレビ・Hulu共同制作ドラマ『THE LAST COP/ラストコップ』出演!

山崎育三郎が、初夏放送・配信予定の日本テレビと動画配信サービスHuluによる共同制作ドラマ『THE LAST COP/ラストコップ』に出演します!

本作は、ドイツで2010年から2013年まで放送され、高視聴率を獲得した人気海外ドラマ「DER LETZTE BULLE(英題:THE LAST COP)」のリメイク作。30年間昏睡状態で時代とズレてしまった規格外の刑事・京極浩介(唐沢寿明)と、バディを組む草食系の若手刑事・望月亮太(窪田正孝さん)のコミカルな掛け合いに派手なアクションを加えた極上のエンターテインメントです。

本作が民放ドラマ初出演となる山崎は、京極が復帰して最初に直面する無差別テロ事件の首謀者(通称シーサー」)安藤光輝役で出演。
企業や公共機関をジャックし、人々をパニックに陥れることを快楽とする凶悪犯。なかなかその正体は明らかにならないが、京極の30年前の昏睡の原因となった謎の犯罪組織「カグラ」と繋がっている?京極の昭和スタイルの捜査で徐々に追い詰められ、ラストに衝撃の事実が待ち受けています。

<山崎育三郎コメント>
①ドラマ出演について
■最初にこのドラマ出演を聞いた時の気持ちは?
新たな挑戦への喜びと同時に、緊張と不安もありました。子供の頃からミュージカルの世界が大好きで、ミュージカル俳優になって帝国劇場に立つのが夢でした。本格的にデビューした2007年ミュージカル「レ・ミゼラブル」マリウス役以来、これまでミュージカル一筋で活動してきました。今回、とにかく今自分が出来ることを全て出し切ろうと思いました。20代最後の年に、このような大きなチャンスを頂けたことに感謝しています。

■台本を読んだ感想は?
30年間の昏睡状態から目を覚ます京極浩介の、熱くて真っ直ぐなキャラクターに惹かれ、一気に読んでしまいました。30年という歳月の中で、余りにも変わってしまった周りの環境、そこで起こる人間ドラマをコミカルに描いて、激しいアクションシーンもたっぷり、とっても豪華なコメディー刑事ドラマだと思いました!
 
②役柄について
■今回の役柄設定を聞いた感想は?
これまで、ミュージカル作品の中で、「レ・ミゼラブル」マリウス役、「ロミオ&ジュリエット」ロミオ役など、正統派の爽やか王子(笑)のような役を演じる機会が多く、今回頂いた主人公を翻弄するテロリスト役には驚きました。初悪役、初挑戦尽くしのラストコップ、気合が入りました!

■どのような点に注意して演じられていますか?
何故、安藤光輝がテロリストになったのか、生い立ちや軸を明確にすることで、彼のドラマを感じて頂きたいと思い、役を深めてきました。あまり感情が表に出ない安藤が、熱血刑事京極の行動によって、感情が爆発するまでを丁寧に演じてきました。監督から「顔が優しい(笑)」というお話を頂き、ヘアメイクさんと相談しながら、クマをつくって頂いたり、アイラインで目に印象をつけたり、ピアスや指輪、細かい所まで繊細に安藤光輝を作っていきました。

■役を演じるにあたって、ミュージカルとドラマで違うと感じるところは?
観客、指揮者、オーケストラ、歌、芝居の幅、メイク、発声練習、全てが違います。カメラの前での芝居、周りに大勢のスタッフの皆さんがいて、一つ一つ全てが新鮮でした。

③共演する唐沢寿明について、一緒に演じた感想を教えてください。
初めてご一緒させて頂きましたが、芝居に対する真摯な姿勢を目の前で感じて、とても刺激的で勉強させて頂きました。そして、完璧にこなすアクションシーン、あれには圧巻でした!撮影以外の時間にも、ミュージカル出演されていた20代当時の話をして頂いたり、コミュニケーションを沢山とって頂いて、唐沢さんのお陰でリラックスして現場にいることが出来ました。

④撮影現場での印象的なエピソードはありますか?
ビルの屋上で芝居をするシーンがあったのですが、物凄い強風の中で、自分の声が聞こえない中叫び続けていたら、声がスカスカになりました(笑)。喉は強い方で、同じように声が出なくなったことは長いミュージカル人生の中で、1度しか経験がない中、初めてのドラマ出演でスカスカ(笑)。試練でした。

⑤今後の俳優活動について
ずっと夢だったミュージカルの世界で、20代は走り続けてきました。20代最後の年に、このような大きなチャレンジをさせて頂きました。30代に向かっていく中で、映像の世界で自分の表現の幅を広げていきたいです。

⑥最後にファンの方へメッセージを
今回、新しい分野にチャレンジさせていただき、とても緊張しましたが、この作品で安藤光輝という役と誠実に向き合うことが出来ました。完成が僕自身とっても楽しみです。今までにない新しい山崎育三郎を感じて頂けたら嬉しいです。今後とも応援よろしくお願い致します。


Categories

Recent Entries

Archives

  • 研音公式オンラインショップ K-SHOP

Twitter

ページトップ
Created by Coosy inc.