Topics トピックス

所属アーティストのニュースを中心に、研音からオフィシャル情報をお届けします。

2013.08.19(月)

ⓒKEN-ON
永瀬匡 ファースト写真集「匡(たすく)」発売記念イベント開催

8月11日(日)、永瀬匡がファースト写真集「匡(たすく)」の発売記念イベントを行い、握手会や記念写真を撮ってファンと交流しました。

 

今回の写真集の見どころは、“素”。地元である鳥取で撮影が行われ、故郷だからこそ出る素の表情が詰まっています。友達や家族に見せても、『普段と全然変わらないね』と言われたそうで、飾らない永瀬の良さがとても感じられる1冊に仕上がりました。

 

会見では、お気に入りのカットを聞かれ、シャチの浮き輪にライダーキックしている写真を見せると、

「今仮面ライダービーストを演じているからこそ出来るカットです。メイクさんがシャチを投げ、カメラマンさんがシャッターを押し、『自分一人ではできない写真』という部分が見えるので、思い入れがあります」

と話し、躍動感ある写真に自信を見せました。

 

撮影中の印象的なエピソードについては、

「一日目に鳥取砂丘で撮ったのですが、カメラマンさんに『衝動で動いて』と言われ、緊張した精神状況の中だったらどうすればいいのかなと思ってしまうけど、そういうことも全て受け入れてくれるスタッフさんだったので、だからこそ出た表情も撮れたと思います。

シャチにライダーキックしたのも、その場で思いついた衝動でした」

と話し、3日間の撮影にとても満足した様子でした。

 

握手会の後は、来てくださったお客さまから抽選で選んだ方たちを招待し、トークショーが行われることに。

 

前半は、写真集撮影のメイキングをスクリーンで見て、様々なエピソードを話しながら振り返りました。

 

初めに映し出されたのは鳥取砂丘で撮影をしている様子。

久しぶりに訪れた砂丘の光景を目の当たりにした時、『なんだこの異空間は?!』と改めて思ったそうです。

 

続いて、スタッフが仕掛けた寝起きドッキリの様子を見ました。意外にも寝起きがものすごく悪く、不機嫌になって二度寝する自分を振り返って、とても恥ずかしそうにしていました。

 

次の企画は、「みなまで言います!Q&Aコーナー」と題し、お客さまから質問を受けて答えることに。

 

「仮面ライダービースト/仁藤攻介を演じてきて、思い入れのある話は?」

との質問に、仁藤のおばあちゃんが登場する回を挙げました。

おばあちゃん子である永瀬は、仁藤もおばあちゃん子だったという設定にとても驚いたそうです。その回の台本を読んで思わず泣いてしまい、おばあちゃんの存在がどれだけ大きいかということに気付いて、特に思い入れのある回になったと話しました。

 

また、「ビーストでいちばん好きなセリフは?」との質問には、やはり「みなまで言うな!」だそうで、

「台本をもらった時、『みなまで言うな』という意味が分からなくて、どういう時に使うんだろうとネットで調べたりしました(笑)。まさか口にしたらみんな喜んでくれるようなセリフになるとは思わなくて、今ではとてもありがたいと思います」

と、思いを明かしました。

 

最後のコーナーは、プレゼント企画。写真集に使われたシャチの浮き輪やバット、キャップなどが出され、お客さま全員と永瀬でじゃんけん大会を行い、勝った方々にプレゼントされました。

 

ここでイベントは終了かと思いきや、最後にサプライズ演出が。永瀬の両親からビデオメッセージが流れたのです。

「匡」は、永瀬が生まれる前から決まっていたとても大切な名前だったようで、今回のファースト写真集のタイトルも「匡(たすく)」であることに、本当に嬉しく思っていると話しました。

初めは驚いて動揺を隠しきれなかった永瀬でしたが、両親のおそらく初めて明かされた様々な思いを聞くうちに、涙をこらえきれなくなっていました。

 

今までの「仮面ライダーウィザード」関連のイベントや舞台挨拶と違い、今回は、永瀬一人。本当にお客さまが来てくれるかとても不安を感じていました。

さらに、写真集の中でも、今回のイベントでも、背伸びをしたり良い人を演じるつもりはなくて、“素の自分”をどこまで受け入れてもらえるのかという不安が強くあったようです。しかし今回、本当にたくさんの方が会いに来てくださり、とても嬉しかったようで、何度も何度も感謝の気持ちを伝えていました。

 

これからも永瀬匡を、どうぞ宜しくお願いします!


Categories

Recent Entries

Archives

  • 研音公式オンラインショップ K-SHOP

Twitter

ページトップ
Created by Coosy inc.