Topics トピックス

所属アーティストのニュースを中心に、研音からオフィシャル情報をお届けします。

2017.05.25(木)

ⓒKEN-ON
福士蒼汰 映画『ちょっと今から仕事やめてくる』先行プレミアム上映会

5月21日(日)に行われた映画『ちょっと今から仕事やめてくる』
の先行プレミアム上映会に福士蒼汰が出席した。


映画上映終了後にコブクロの2人による主題歌『心』が
生披露され、会場がその歌声に魅了される中、福士と青山隆役を務める
工藤阿須加さんがサプライズで登場し、会場から大きな歓声が上がった。

 

福士は「個人的にもコブクロさんのファンで学生の頃から
よく聴いてました。好きな曲は色々あるのですが
特に『太陽』や『Million Films』が好きです。
主題歌の『心』はまさに心に響く曲で、
舞台袖で聴いていて、歌いたいと思うぐらい
素敵な曲でした。」と感慨深げに語った。

 

コブクロの2人と会話を楽しむ中、
小渕さんより「演技をしている自分と、日常の自分に境目はある?」
と質問を受け「(役柄の心情等)頭で考えたり台本に書き込んで、
リハーサルと本番のみ演技に集中し、終わると自分に戻るので日常に
演技が入り込む事はないです。」と話し
「監督より演技がOKと出ても自分の中であと一歩いけるのでは、
と思う時はある?」という問いに対し
「そう思う時は時々ありますが、それは
自分の主観でしかないので、OKと言われたらOKなんだと思い、
監督やスタッフの皆さんを信頼しているので任せてしまいます。」
と話した。

 

最後に「皆さん一人一人感じ方は違うと思いますが
映画をご覧になって感じたものをきっかけに、前に踏み出して
頂けたらいいなと思います。」とメッセージを送り、イベントを締めくくった。

 

映画『ちょっと今から仕事やめてくる』は5月27日(土)より全国にて公開。

 


2017.05.24(水)

ⓒKEN-ON
杉咲花 『第26回日本映画批評家大賞授賞式』

5月16日(火)に行われた
第26回日本映画批評家大賞授賞式に、
映画『湯を沸かすほどの熱い愛』で助演女優賞を
受賞した杉咲花が出席した。


日本映画批評家大賞は、映画界を励ます目的のもと
現役の映画批評家たちが選定する映画賞で、
映画『湯を沸かすほどの熱い愛』は
実写部門の作品賞、監督賞、主演女優賞、助演女優賞の4冠に輝いた。


トロフィーを授与された杉咲は
「素晴らしい賞を頂き光栄に思っております。
完成した映像を観た時に、自分の反省点がいくつもあったのですが
その時に自分のできる精一杯のものを出しきることが出来たのではと
思っていて、それはこの映画に携わっている全ての方々のおかげです。
監督より見せる演技ではなく、(リアルに)見える演技をしてほしい、
そして(母役の)宮沢りえさんと本当の親子にみえるようにと
指示を頂き、宮沢さんと毎日連絡を取り合ったり
ずっと現場で本当のお母ちゃんとして存在し、カメラがまわっていない
ところでもすごい熱量で受け止めてくださって本当に救って頂きました。
またキャスト、スタッフ全ての皆さんが撮影中お互いを思いやり、
愛し合う空間の中で、初めて生まれてくる感情を引き出してくださりました。
そんな現場に携わらせて頂いたことが何よりも幸せです。
この映画が大好きなので多くの方々に観て頂きたくて
今日をきっかけに観て下さる方がいらっしゃると嬉しいです。
ありがとうございました。」と感謝の言葉を述べた。

 

 


2017.05.19(金)

ⓒKEN-ON
ⓒKEN-ON
竜星涼 映画『22年目の告白ー私が殺人犯ですー』ジャパンプレミア

5月16日(火)に行われた
映画『22年目の告白ー私が殺人犯ですー』
のジャパンプレミアに竜星涼が出席した。


伊藤英明さん演じる牧村航の後輩刑事、
春日部信司役を務める竜星はレッドカーペットに登場し
声援に応えながら練り歩いた。
また、場所を移して行われた舞台挨拶では
「去年の暑い夏の中、熱い男を演じさせて頂きました。
スクリーンを通してキャストの皆さんの熱量を
今日ご覧頂き、持ち帰って頂けたら嬉しいです。」と話し
撮影について「伊藤さんとのシーンが多く、伊藤さんを乗せて
運転するシーンは一番緊張して、カメラの位置に合わせ
止まらなくてはいけないのに、
最初は手前で止まってしまいました。」と振り返った。


 
映画『22年目の告白ー私が殺人犯ですー』は6月10日(土)より全国にて公開。


2017.05.18(木)

ダンスイベント『永瀬匡~いっしょにおどらない会?~』

5月13日(土)にダンスイベント『永瀬匡~いっしょにおどらない会?~』
が開催された。

 

「皆さんこんにちは。このイベントでは皆さんとの距離をもっと近づけたいと思い
ステージもなく、同じ目線の高さで色々な事を共有したいと思いました。
いつものイベントはテーマに沿って行うことが多いのですが
このイベントは内容を固めていないので皆さんがしたいことを
募ってやっていきたいと思います。何がしたいかな?」と話す永瀬に
「話がしたい、永瀬自身のダンスが見たい」などの
意見があがり、永瀬が選曲した音楽が流れる中イベントがスタート。

 

 

会場全員が1人ずつ順番に自己紹介をし、緊張がほぐれた中
質問コーナーが行われ、「Tシャツに書かれたShowYourTUSKという意味は?」
という質問について「TUSKは象などの牙を表す言葉で、
あなたの牙を見せてという意味になるのですが、
牙を見せる時に歯を出さなければいけないのでみんなで歯を出して笑おうよ
という意味が含まれています。
みんながこのイベントを通してひとつになれたらいいなと思っています。」と回答した。

 

 

次に、4組が列になりそれぞれペアに分かれ
永瀬が見本となり、手拍子に合わせ左右にステップを踏み、
「みんなで右、左と声に出してステップしよう」という掛け声の
もと徐々に全員のステップが揃いだすと「完璧!次にいこう」と
ステップをしながら体の向きを変えるというダンスの練習に進んだ。
「難しい」という声が多くなる中
何度も練習を重ね、「大丈夫だから!」と永瀬が盛り上げ
全員のステップが揃うと自然と笑顔と歓声がこぼれた。

続いて、曲に合わせ輪になった参加者の中で
永瀬の即興ダンスが披露されると会場全体が温かい拍手に包まれた。

 

 

イベントの最後に永瀬は「音楽をかけてその時感じた思いをダンスにのせると色々な
感情表現ができるので、どんどん新しい自分を知って欲しいと思います。
僕のことを応援してくれる皆さんに感謝しているので、
応援してくれる皆さん同士で仲良くなって頂き、もっと笑顔になると
僕ももっとハッピーになります。
みんなで大きくなっていきたいと思います。
まず自分を好きになり、そして周りの人を大切にしてください。
今日はありがとうございました!」と話し
最後に全員で記念撮影が行われた。

 

(第一部(13:00~)の様子をレポート。回によって内容が異なります。)


Categories

Recent Entries

Archives

  • 研音公式オンラインショップ K-SHOP

Twitter

ページトップ
Created by Coosy inc.