2014年6月、菅野美穂が陸前高田を訪れました。

菅野は2011年の東日本大震災以来、毎年被災地を訪ねて支援活動を行っており、
今回は総合スポーツ施設「サンビレッジ高田」と「高田保育所」に向かいました。

サンビレッジ高田は、当時避難所に使用された体育館で、この日は「けんこうフェスティバル」という
地元の方々を招いたミニ運動会が行われていました。
会場ではミニボーリングやストラックアウト、吹矢などが行われており、
レクリエーションに励む皆さんの笑顔がとても印象的でした。

菅野は来場された皆さんにお弁当を差し入れし、一人ひとりとふれあいました。
また、仮設住宅で暮らす方々に色々な話をしていただきました。

続いて向かった高田保育所は、津波の被害に遭い、園舎などがすべて流されてしまいました。
現在は高台にある別の保育園を使用しています。

元気いっぱいの笑顔と拍手で迎えてくれた園児たちに、菅野は絵本をプレゼント。
またその場で読み聞かせも行いました。

その後園児たちは、
お礼に「かえるのうた」と「にじ」の合唱を聞かせてくれました。

最後に一人ひとりとハイタッチをしてお別れ。
「また来るね!」
と再会を約束していました。

今回菅野が訪れた場所では、津波の被害に遭った土地に巨大なベルトコンベアが作られ、
土を運んで海岸一帯を底上げする工事が行われていました。

着実に一歩ずつ進んでいく復興作業。
一方で、未だに仮設住宅に暮らす方々がいるという現実。

「私たちにできること」が何か、今一度見つめ直す契機となりました。