7月30日(火)、第3回ファン合同イベント「Message 2013」が渋谷公会堂で行われ、所属タレント32組35名が参加しました。

私たちにできること、それは「エンタテインメントの力で全国の皆様に笑顔と元気を届けること」を目標に、今年も引き続き東日本大震災で被災された方々に向けて、ファンの皆さまとともに「思い」を伝えたく開催された本イベント。

会場入り口には、所属タレントのそれぞれの思いが込められたメッセージボードや震災関連の写真が展示されました。

ロビーには募金箱が設置され、チャリティーグッズや、「いしのまきへい輪プロジェクト」として、今もなお石巻の仮設住宅に暮らす方々が作ったミサンガなどが販売されました。






お客さまの歓声を受け、一斉に登場する出演者たち。

最後に唐沢寿明が登場し、挨拶の第一声で突然歌を歌いだして早速会場を沸かせました。






第一部の司会は、速水もこみちさくら

最初の企画では、りょうによる朗読で、ある3人の方々の手紙が紹介されました。

あの未曾有の東日本大震災直後から、宮城県石巻市を中心に様々な支援活動をしてきたりょう。

今現在、被災された皆さんがどのような状況、どのような気持ちなのか、地元の3名の方から手紙をいただきました。

なかでも印象的だった言葉は、

「自分の周りにいる友人や家族を大切にしてください。いなくなってからじゃ遅いということを思い知らされました」

「なぜ私たち3人だけが生き残されたのか、何か意味があるはずです。泣いたり落ちこんだりしていては、生かされた意味がないと思い、笑顔で生きていこうと思います。新しく出会った人たちとの繋がりを大切に、生きる力に変えていくことです」

といった「メッセージ」でした。

続いては、宮城県気仙沼女子高等学校吹奏楽部の皆さんと、家入レオのコラボレーションによる演奏が行われました。

来年の3月で、長い歴史に終わりを告げようとしている気仙沼女子高。

家入は現地を訪ねて全校生徒18人と交流し、みなさんに「歩き出そう」と書かれたブレスレットをプレゼントしました。

吹奏楽部3人と家入が演奏を始めようとすると、気仙沼女子高の生徒のみなさんからの応援メッセージがスクリーンに流れるサプライズが。

「学校はなくなっても、私たちの大切な思い出は決してなくなることはありません。頑張ってください!」

という温かい言葉を受け、家入は

「今ここにいるのは4人ですが、19人の心をひとつにして会場の皆さんに曲を届けたいと思います」

と話し、「Message」を披露しました。

演奏後、吹奏楽部の皆さんは、

「緊張しましたが、家入さんと一緒に演奏できて楽しかったです」

と、最高の笑顔を見せてくれました。

第一部の最後は、菅野美穂SPYAIRのIKEが登場しました。

2人は、福島第一原子力発電所から10km圏内の双葉郡大熊町から、会津若松へ避難されている熊町小学校と大野小学校の皆さんのもとを訪ねました。

子どもたちは震災直後に避難したまま、故郷には帰ることができず、現在も会津の街で生活をされています。

今回2人は、ささやかなプレゼントとして、両校の合唱部の皆さんと一緒に合唱することを提案しました。

「子どもたちの生の声を聞いて、ものすごいエネルギーを感じました。それを会場の皆さんに届けられるのはものすごく意味があることだと思うので、精一杯歌いたいです」

と話すIKE。

ステージでは元気よく「ゆかいに歩けば」「花は咲く」を歌いました。

菅野は、

「感動しちゃったよ!いい笑顔をありがとう!私の方が元気をもらえました」

と子どもたちに感謝の気持ちを伝えました。