News 最新情報

2016.01.29(金)

沢村一樹 松本清張ドラマスペシャル「黒い樹海」出演!

沢村一樹が、松本清張ドラマスペシャル「黒い樹海」に出演することが発表された。

1960年に刊行された長編小説『黒い樹海』は数ある清張作品の中でも“旅情ミステリー”の傑作と評され、過去、映画を含め5回に渡って映像化され、テレビドラマはいずれも高視聴率を記録した作品。

著名な小児科医・西脇満太郎役の沢村は、主人公・笠原祥子の姉の死に関与した可能性がある“容疑者”のひとり。
妻がありながら女性たちと遊び歩き、祥子にも頻繁に誘いをかけるなど、文化人という表の顔からはうかがいしれない二面性のある男を演じる。

松本清張ドラマスペシャル「黒い樹海」は近日放送予定。



□沢村一樹 コメント 北川景子ちゃんとは今回が初共演となりますが、僕は特にバラエティー番組に出ている時の景子ちゃんがすごく好きで! その場にピッタリの言葉を見つける頭の回転の速さに、いつも驚かされていました。

今回はそんな景子ちゃんをはじめ、新しい時代の新しいキャストで松本清張作品を作っていくことに、面白さを感じています。清張作品はちょっとノスタルジックというか、昭和の匂いを感じさせる作品。僕自身は若い頃から「キミの顔は古いね。昔の若大将みたいな顔だよね」と言われてきたこともあって(笑)、何となく合うんだろうな、と肌で感じているんですよ。

清張作品には「この人とこの人はどうしてもっと早くに出会わず、この場所、このタイミングで出会ってしまったんだろう!?」というシチュエーションが多いんですけど、特に今回はその部分を感じながら、西脇を演じていきたいです。

実は、今回の『黒い樹海』は原作とは違う工夫がすごく施されていて、また新しい物語になっていますし、何回(脚本を)読んでもジーンとくるシーンがあるんですよ。なので、ただ推理を楽しむだけではなく、それぞれの登場人物が背負っている“運命”や“心の結びつき”を感じていただける作品にしたいです。
そのためにも、悪いヤツか否か、敵か味方か分からない感じで西脇を演じ、視聴者の方を振り回しながら、ドラマを盛り上げていきたいと思います。
ページトップ
Created by Coosy inc.