News 最新情報

2015.06.11(木)

志田未来 2015年11月上演『オレアナ』で初舞台に挑戦

志田未来が、2015年11月上演の舞台『オレアナ』で初舞台に挑戦することが発表された。

この作品は、アメリカ演劇界の鬼才、デビッド・マメットが1992年に発表し、オフ・ブロードウェイのオーヒューム・シアタ―で一年以上のロングラン上演を記録した後、すぐさま全米四都市で上演され、アメリカ中を議論の渦に巻き込んだ問題作。

日本ではパルコ劇場にて、1994年酒井洋子訳、西川信廣演出、長塚京三×若村真由美の出演で上演、セクシャル・ハラスメントの問題定義もはらんだ問題作と評価され、その年の「読売演劇大賞・優秀作品賞」を受賞、1999年には、長塚京三×永作博美の出演で再演された。

パルコ劇場の翻訳作品群の中でもエポックメイキング的なこの名作を、2015年11月、栗山民也を演出に迎え、小田島恒志の新翻訳で装いも新たに16年ぶりに上演される。


<ストーリー>
昇進を目前に控え新居の購入も決まり、前途洋々、順風満帆の若き大学教授[ジョン]。彼の研究室を一人の女子学生[キャロル(志田未来)]が訪れる。教授の授業についていけない彼女は、パニックに陥り、どうか単位を取らせて欲しい、と涙を浮かべて懇願する。教授は、彼女の肩を抱いて慰め、紳士的な態度で相談に応じた。しかし後日、彼女が教授を“セクシャルハラスメント”を理由に大学当局に訴えたことにより、二人の立場は全く逆転する…。


<公演概要>
「オレアナ」
作:デビッド・マメット
翻訳:小田島恒志
演出:栗山民也
出演:田中哲司・志田未来

【東京公演】
2015年11月6日(金)~29日(日) PARCO劇場
(11/6プレビューオープニング、11/7初日)

【豊橋公演】12月2日(水) 穂の国とよはし芸術劇場PLAT主ホール
【北九州公演】12月5日(土)~6日(日) 北九州芸術劇場・中劇場
【広島公演】 12月8日(火) アステールプラザ大ホール
【大阪公演】 12月12日(土)~13日(日) 森ノ宮ピロティホール

<問い合わせ先>
パルコ劇場 03-3477-5858 http://www.parco-play.com

志田未来 ⓒKEN-ON


□志田未来 コメント 「オレアナ」で初舞台をやらせて頂くことになりました。

まだ稽古も始まっていませんが、この舞台で新しい自分を引き出せるのではないかとワクワクしています。

演出家の栗山民也さん、そして共演させて頂く田中哲司さんに必死に食らいついていきたいと思っています。

皆さま楽しみにしていてください。

ページトップ
Created by Coosy inc.