News 最新情報

2014.03.27(木)

市川由衣 映画『海を感じる時』主演決定

市川由衣が、2014年9月13日(土)公開の映画『海を感じる時』で主演を務めることが発表された。

この作品は、不安定で多感な少女期の異性体験と母と娘の対立を、瑞々しく繊細な感性で鮮やかにとらえた青春文学として、1978年に「群像新人文学賞」を受賞した中沢けい氏の同名小説を映画化。

市川演じる愛を知らない女子高生・中沢恵美子が、関係を持った高校の先輩の男性を一途に思いながらも拒絶され、それでも必要とされたいと傷つき葛藤しながら、大人の女性へと成長していく姿や、それを知った母との対立が描かれていく。


映画『海を感じる時』
安藤尋監督
2014年9月13日(土)テアトル新宿他全国ロードショー
配給:ファントム・フィルム

□市川由衣 コメント 本作に出演することになり、安藤組の静かな熱をふつふつと感じながら、丁寧に恵美子に自分の心を重ねていきました。池松壮亮さんには本当に助けられ、生の感情をたくさんひきだしてもらいました。
本気にさせてくれるすごい役者さんで、洋が池松さんではなかったら私は恵美子でいれなかったとおもいます。
安藤監督は、すごく繊細で、私たち役者を信じてくれる人。私も監督を信じることができて、とても良い関係で作品をつくれたとおもいます。
台本を読んでみて、恵美子の女としてのどうしようもないもがき、痛さに、胸がしめつけられました。
覚悟がいる役でしたが、女として、役者として、挑戦したいとおもいました。
出来上がった作品をみて、私自身が自分の代表作だと胸をはっていえる作品になりました。
女優人生において転機となるような大事な作品なので、たくさんの人にみてもらいたいです。
ページトップ
Created by Coosy inc.