News 最新情報

2013.09.24(火)

竹野内豊 テレビ朝日開局55周年記念ドラマスペシャル『オリンピックの身代金』主演

竹野内豊が、テレビ朝日開局55周年記念ドラマスペシャル『オリンピックの身代金』(今秋2夜連続放送、日時未定)で主演を務めることが発表された。

この作品は、直木賞作家の奥田英朗氏の同名小説をドラマ化。
1964年に開催された東京オリンピックを舞台に、オリンピックの妨害を狙った放火事件を追う刑事の姿と、高度経済成長の陰で苦しむ人々と国家の対決が壮大なスケールで描かれる。

竹野内が演じるのは、警視庁捜査一課の刑事・落合昌夫役。
緻密な捜査と大胆な行動力で、事件の真相に迫っていく。
また竹野内は、この作品で物語の語り手も務める。

テレビ朝日開局55周年記念ドラマスペシャル
『オリンピックの身代金』
主演 落合昌夫 役
今秋2夜連続放送
テレビ朝日系

□竹野内豊 コメント 2020年のオリンピックが東京で開催される事を聞き、自分も大変嬉しく思いました。
この作品は約50年前の東京オリンピックを舞台にした奥田英朗さんの小説をドラマ化したものですが、テーマは現代にも通じるものであり、今回の招致を期にオリンピックへの関心がより高まっている中、多くの視聴者の方々にこの作品を見て頂ければ、と思います。

落合は正義感の塊のような人で、常に日本の未来を見つめて考えています。
そんな落合が、全国民が「東京オリンピック開催に日本の希望と未来がある」と信じていた中で、島崎国男という男の心の叫びに触れ、何が本当の正義なのかよく分からなくなってくる。
その葛藤の中に、東京オリンピックという“光”の犠牲になってしまった地方の貧しい人々の心をどれだけ映し出すことができるか――そう考えたとき、「十分な覚悟をもって取り組まないといけない作品だ」と思いました。
実際、演じるたびに「落合の抱える葛藤とは何なのか」と考えては、自分自身も非常に悩みました。最後の最後まで、これほど悩んだ作品は久々です。

そんななか、大きな助けとなったのは島崎を演じる松山さんの存在でした。
松山さんの瞳の奥に言い知れぬ力が宿っていて、言葉にならない叫びをすごく静かに、かつ絶妙に演じられており、もう島崎にしか見えなかったんです。
特に、クライマックスのシーンで彼と対峙したときは、自分の心にもスッと落ちる何かがありましたし、本当に凄い俳優だと思いました。

そうやって自分自身、悩みながらも、多くの刺激を受けた『オリンピックの身代金』。
昭和39年の東京オリンピックという“光”の陰に置き去りにされてしまった一人の青年の叫びと、それに対峙する一人の刑事の葛藤を二夜にわたって、ぜひご覧いただきたいと思います。
ページトップ
Created by Coosy inc.